POSTED BY 石黒アツシ掲載日 JAN 22ND, 2022

【ダイソー】メスティンで男の簡単キャンプ飯|ポルトガル風タコ飯でビール

2022年に入ってもまだまだブームが続く「ソロキャンプ」。コロナ禍でソーシャルディスタンシングが求められる中、山の中に一人踏み込み、誰にも邪魔されないキャンプの形が注目されています。キャンプを構成するものと言えば、大自然、たき火、そして「飯」ですが、このシリーズではたった500円で手に入るダイソーのメスティンを使った「男の簡単キャンプ飯」を、誰でも作れる丁寧レシピでご紹介します。キャンプ先でも、自宅でも気軽に作れる簡単レシピです。世界の料理を食べ歩いてその食文化を発信する「旅行家・食事家・写真家」の石黒アツシがお届けします。

目次

タコは欧米でも食べられてます!

ポルトガル風タコ飯

誰が言ったのか言わなかったのか定かではありませんが、「欧米の人はタコ食べないんだって」みたいな発言を聞いたことがある人も少なくないでしょう。

はい、欧米人でもタコを食べます!やっぱり旨いものは食べちゃいますよね。でも、とある宗教では禁じられているそうなんです。詳細はこの記事の最後の「うんちく」のセクションにて! そんでもって今回はタコ飯、しかもポルトガル風です。

ポルトガルでは米もよく食べられていて、鍋で炊くというか煮込んだように作る米料理もいろいろ。タコはグリルにしたり、タコ飯にしたりして食べられているようです。

日本のタコ飯と違うのは、スパイスやハーブを使うところ。そこで今回は、クローブとローリエを使って一気に洋風に仕上げていきましょう。

タコに米、玉ねぎとニンニク、あとは調味料とスパイス・ハーブ!

材料はいたってシンプル。タコ飯なので、主役はタコと米です。

上の画像の真ん中にある、クリオネの胴体のようなものがクローブです。フトモモ科に属する植物で、そのつぼみを乾燥させるとこうなります。甘く濃厚な香りとしびれるような刺激が特徴です。

その手前がローリエですね。こちらはシチューなどによく使われるので、なじみがある人も多いと思います。

  • タコ(一口大に切る)    100g
  • オリーブオイル       大さじ1
  • 玉ねぎ(みじん切り)    1/4個
  • ニンニク(みじん切り)1かけ分
  • クローブ          2つ
  • ローリエ          2枚
  • 白ワイン          大さじ1
  • 米             3/4合
  • 水             適量
  • 塩             小さじ1/4
  • 黒コショウ         適量
  • イタリアンパセリ      適量
下準備

下準備は上の画像のように済ませておきます。

煮る、炊く!メスティン一つで作れます

「鍋一つ」ならぬ、「メスティン一つ」で完成までいけますよ。

【1】タコをゆでてやわらかくし、ゆで汁をとる

メスティンにタコ、ニンニク、ローリエ1枚、クローブを入れて、ひたひたになるまで水を注ぎます。

最初は中火、沸騰したら弱火にして、タコがやわらかくなるまで10分くらい煮てください。

煮終わったらタコを取り出し、ゆで汁は取っておきましょう。

【2】ゆで汁と白ワイン、水を加え、合計150mlに
【3】玉ねぎと米を炒める

メスティンを軽く洗って水気を取ったら、オリーブオイルを入れて温め、玉ねぎとニンニクを投入。弱火で香りを出したら、米を入れて色が透き通るまで炒めます。米は研がずにそのまま使うのがポイント。

【4】炊いてからタコを戻す

【2】の水加減しておいた水分を加え、ローリエ1枚、塩、黒コショウ少々を入れてかき混ぜたら、弱火で10分炊きます。

炊き上がったらすぐに蓋を取り、タコを布に包んで5分間蒸らします。

들하)4,다
【5】完成!

イタリアンパセリを飾って出来上がり。

スパイシーなタコ飯がビールによく合います! ほかにメインの料理があれば、少しずつ取り分けて前菜にしてもOK。

最後にタコ飯にまつわるうんちくを!

  • 欧米でもタコは食べられていると書きましたが、食べない人たちももちろんいます。ユダヤ教ではうろこがない魚以外は食べないことになっています。
  • クローブはあのマゼランも探し求めたとか。伝染病の予防に効くとも信じられていたそう。
  • ローリエは、ローレルとかベイリーブスともいわれますが、月桂樹の葉です。「月桂冠」、日本酒でなく月桂樹の冠は古代ギリシャから競技大会(古代オリンピック)の王者に与えられたそうですよ。

冬場のソロキャンプを楽しむ人も、春の訪れを待つあなたも、この旨いタコ飯をぜひ作ってみて下さいね!

クローブ/Clove|スパイス&ハーブ検索|S&B エスビー食品株式会社 (sbfoods.co.jp)

[All photos and recipe by Atsushi Ishiguro]

石黒アツシ
フォトグラファー/ライター/フードコーディネーター/コンテンツコンサルタント

写真家・食事家・旅行家として、「おいしいものをおいしく伝えたい」をテーマに、世界のローカルフードを食べ歩き、写真におさめて、日本で再現してみなさんと共有して、できれば一緒に食べたいというのが、私のライフワークです。

著者のプロフィールを詳しく見る

関連するカテゴリー