POSTED BY 熊本 沙織掲載日 NOV 3RD, 2021

【Z世代は何を想う】急成長企業「ワークマン」に見る働き方と生き方とは?

1990年代中盤以降に生まれた「Z世代」。この企画では、これからの会社や日本の発展を担うZ世代に焦点を当て、novice編集部のZ世代・山崎がインタビューを敢行。彼らならではの考え方や将来のビジョンなどを探り、その生き方を紹介していきます。今回は、株式会社「ワークマン」に2021年に入社した勢登和志さんにお話を伺いました。

目次

【インタビューのお相手】

  • 氏名:勢登和志(せと・かずし)さん
  • 生年月日:1998年6月2日
  • 出身地:神奈川県相模原市
  • 出身校:中央大学文学部
  • 趣味:登山と創作活動(小説の執筆)

【ワークマン入社の理由】転勤の多いライフスタイルへの抵抗はあった?

お客さんに気持ちよく買い物を楽しんてもらうため、店内清掃は欠かさない
(注:撮影のため一時的にマスクを外しています。)

― 勢登さんは、どのような経緯でワークマンを選んだのでしょうか?

勢登さん:自分は小学6年生から登山を始めて、高校では登山部に所属、社会人になってもずっと登山を続けています。そんなアウトドアなライフスタイルを楽しんできたこともあって、ワークマンのウェアは中学生のころから馴染みがあったんです。

そんなワークマンを就職先に選んだのは、業務内容に流動性があり、いろいろな地域でさまざまな役職を、短いスパンで経験していけるからです。ワークマンでは入社後、初めの1〜2年間は数カ月ずつ全国各地の直営店の店長として現場を経験し、その後はスーパーバイザーとして地域の加盟店さんのアドバイザー役を務めます。スーパーバイザーになってからも、数年ごとに地域や部署をジョブローテーションできます。こうした働き方によって各地域の特性を知ることができますし、いろいろな人と関わることもできるので、自分自身が成長できそうだなと感じました。

― 転勤の多い生活に抵抗を感じませんでしたか?

勢登さん:抵抗はありませんでした。おそらく、強制的にいろいろな環境に身を置かされるのが好きなんだと思います。自分の想像の範囲を超える経験ができるのは、第三者が用意してくれた環境だったりしますから。自分にとっては、よい刺激になっています。

【就職活動について】教員にならなかったわけ

就職活動と教育実習を並行して行っていたため、当時はかなり忙しかったのだとか

― ワークマンのほかにはどのような企業の採用活動に応募しましたか?

勢登さん:スポーツオーソリティや石井スポーツ、モンベルなど、アウトドアの用品店やメーカーを受けていました。また、子どもが好きなので、おもちゃやゲームの業界も受けましたね。

英語の教員免許も持っていて、教師になろうかと考えたこともあります。ただ、自分自身の学校生活を振り返ると、「いい先生」って民間企業での仕事を経験している人だったなと思ったんです。それを経ることで人としての厚みが持てているのかなと。そんな考えもあって、教員ではなく企業への就職を選びました。

― 就職活動をした感想は?

勢登さん:自分たち2021年卒は、新型コロナウイルス感染症の影響で採用内定率が低下したと言われた最初の世代だと思います。ほかの年に就職活動をしていないので比較はできませんが、就職活動は大変だったなという印象です。周りを見ても、しっかり取り組んでいる人と、そうでない人とでは結果に大きく差が出ているようでした。

【現在の業務内容】入社半年で3店舗を経験

売り上げにも直結する「商品マッサージ」(陳列アイテムの整理)も、勢登さんの欠かせない業務

― 現在の業務内容を教えてください。

勢登さん:#ワークマン女子南柏店で店長として勤務しています。品出しやマネキンのコーディネート、売り場の整理(商品のたたみ直しなど)、清掃、レジ打ち、バックルームの整理などが主な業務です。

#ワークマン女子南柏店に赴任する前は、函館と愛知でそれぞれ直営店に勤務していました。地域ごとに人気の商品の傾向が異なり、店舗を異動する度に学びがあります。

【入社早々やっちゃいました】仕事での失敗は?

レジ業務はお客さんへの感謝の気持ちを直接伝えられる仕事のひとつ

― 入社して早々やってしまった失敗談があったら教えてください。

勢登さん:不良品の対応でクレームをいただいたことがあります。あるお客さまが、空調ウェア(付属のファンで内側に外気を送る服)が故障してしまったということで、交換をご希望で来店されました。

お客さまのお話をうかがって、不良品ではなく使っているうちに故障したと判断し、一週間ほど時間をいただいて修理をするために商品をお預かりしたのですが、その日の夜に同じお客さまから電話をいただいて。「あの対応はやっぱりおかしい」とのことで、お叱りを受けました。もう一度よくお話を伺ったところ、故障したのではなく、不良品だったことがわかり、そこでようやく商品を交換させていただきました。

不良品ではなく故障だと思い込んでしまい、お客さまのお話をきちんと聞けていなかった、と反省する出来事でした。お客さまが思っていらっしゃることと、自分が思っていることに齟齬が生じていないか、慎重にすり合わせをすることが大切だと学びました。

【入社早々やっちゃいました】うまくいった仕事は?

店舗でのさまざまな業務のなかでも、特に接客を大事にしているという勢登さん

― 反対に、これはうまくいったな・・・!と感じる経験はありますか?

勢登さん:あるとき、「こんな靴がほしい」というメモを持ったご高齢のお客さまが来店なさったんです。その日は人員も多かったので、一時間半くらいかけて、お客さまに合う靴をご提案させていただきました。

ご購入の際もお礼を言ってくださったのですが、後日「あの時はありがとう」と再度お礼の言葉を伝えにきてくださいました。お客さまに寄り添う接客ができたのかなと感じ、うれしかったですね。

【社会人を始めてみて】入社半年の感想

趣味の創作活動が仕事以外の「軸」に

― 勢登さんはいま、入社して半年ほどですよね。ライフスタイルのなかに「働くこと」はどのようなポジションにありますか?

勢登さん:心身のバランスをとるために、仕事と趣味など、生活の軸を複数持っておくことが大切なことだと感じています。趣味など、仕事以外でも誰かに認めてもらえる場所があるといいのかなと。ワークマンはきちんと仕事をしていれば、こうしたスタンスを受け入れてくれるのでありがたいですね。

もし趣味がなくても、「今日帰ったら、ちょっと高い入浴剤を使おう」というような感じで、仕事以外の小さな楽しみを作るといいと思います。生活が仕事だけにならないほうが、働きやすいと思うんです。あとは、休日に何をするか具体的に決めておくと、休日を有意義に過ごせますし、仕事もより頑張れます!

【ワークマンについて】どんな会社? どんな人が向いている?

勢登さんが勤務する「#ワークマン女子南柏店」。#ワークマン女子の路面店第1号として2021年6月に開店し、地域の人々に愛される店舗となっている

― ワークマンとは、どのような会社でしょうか?

勢登さん:業務成果が正当に評価される会社」だと思います。ワークマンは企業規模に対して従業員数が少ないと言われることがあるのですが、それもあって、役職がかなり上の人にも自分のことを認知してもらえている実感があります。

自分の失敗も成功も上の人にまで届くので、きちんと仕事していれば評価される、と感じます。別の店舗にいる同期の活躍ぶりも耳に入るので、同期に負けないようにしないとな、とも思いますね。

― 就職活動をしている人に向けて教えてください。ワークマンは、どんな人に合いそうですか?

勢登さん:「素直に人を頼れる人」、でしょうか。ワークマンは製品開発部や、地区を統括する役員でも、直接電話できるくらいの距離感の会社です。何か疑問や相談ごとがあった際に臆せずコンタクトをとれる人であれば社内のコミュニケーションも活発になりますし、自分自身も成長できると思います。

【会社と社会を引っ張る未来】1年後・5年後・10年後の自分

売り場作りや生地や素材のことなど、「学ぶべきことはまだまだある」と語る勢登さん

― 1年後の目標を教えてください。

勢登さん:売り場作りを函館の店舗で学んで、愛知の店舗でそれを生かして、自信がついてきたと思っていたんですが、認知バイアスであるダニング=クルーガー効果でいうところの「自信に満ちあふれている」時期を過ぎてしまったようです(笑)。今は「自分は全然まだまだだ」と思っています。

売り場作りは感覚やセンスだけではなく、VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)などの理論の上に成り立っているということを先輩に教えていただいたので、これからはそれを学んでいく予定です。

また、後輩が入社してくるはずなので、やらなければいけないことをきっちりこなせるようになって、それを後輩にわかりやすく教えられるようになっていたいですね。

― 5年後はいかがでしょうか?

勢登さん: 5年後というと、直営店の店長を離れ、スーパーバイザーとして活躍できているころかと思います。加盟店さんと気持ちよく同じ方向を向いて仕事ができるように、説得力のあるデータを引っ張ってきたり、会話を通して納得してもらったりといったことができるようになっていたいですね。そのためには、直営店で店長として勤務している今の経験がとても大切だと思っています。

― 10年後についても教えてください。

勢登さん:スーパーバイザーをやっていないと仮定すると、本社勤務をしてみたいです。商品を開発するような部署にいるか、もしくは、そういった部署に行くための努力ができていたらいいなと思います。

開発の部署へ行くためには、商品の生地の機能や質感、加工なども研究しておかなければいけません。今は、社内のセミナーなどで勉強しています。自分の長所を伸ばしつつ、これからの世代として、ワークマンを引っ張っていけるようになりたいですね。

【Z世代の特徴をふまえて】インターネットとの付き合い方・情報源・金銭感覚

高校時代の教諭の言葉が情報収集の指針となっているそう

― 「Z世代」は、「ネットリテラシーが高い」「情報源はインターネット」「節約家」といった特徴があるとも言われていますが、勢登さんは、ネットリテラシーは高い方でしょうか?

勢登さん:高い方なのかなと思います。新しい情報を見たら、必ず情報源をたどるようにしていますね。高校生の時に授業で聞いた「インターネットやSNSは玉石混淆のメディアだ」という言葉をずっと覚えていて。信憑性を確かめてから、情報を咀嚼するべきだなと思っています。

― 情報取得にはどのようなツールを利用しているのでしょうか?

勢登さん:インターネットです。自分の場合は、特にYouTubeとTwitterですね。 YouTubeは動画ということもあってわかりやすく、コメント欄からも生の声が聞きやすいので重宝します。あと、YouTubeではVtuberのチャンネルもよく見ています。

Twitterも生の声が拾いやすいという点で共通していますが、noteなど別のサービスへのリンクが貼られていることもあり、そこでより詳しく情報が得られるというのも良い点だと思います。

― 金銭感覚はどうですか?浪費型?節約型?

勢登さん:同期ともお金の話をするのですが、皆と比べると浪費型だなと思います。登山用品やVtuberのグッズなど、自分の好きなことにはリミットを定めずに使う傾向がありますね・・・(笑)。

ただ、浪費型という自覚はあるので、給与が振り込まれたら一部を積み立て用の口座に移し、投資信託などの積み立てをしています。

【将来のこと】どんな人間になっていたい?

ずっと新しいもの好きでいたい、と話す勢登さん

― 将来、どのような人になっていたいですか?

勢登さん:新しいことを、抵抗なく受け入れられる人間でいたいと思います。年をとると今まであったものや、今まで通りのやり方を好む傾向にあると思うのですが、ずっと新しいもの好きな人であり続けたいです。それが仕事にもプライベートにも生きてくると思っています。

【Z世代を代表して一言】どんな世代でありたいですか?

― 最後に、Z世代を代表して一言お願いします!

勢登さん:Z世代として、今までの社会にしばられない、新しい社会のしくみのなかで頑張っていきたいです。悪いことは悪い、それは古いでしょ、非効率的でしょ、と言えるような世代でありたいし、そうあれるよう頑張る世代として社会をリードしていけたら、と思います。

インタビュアー山崎の「Z世代の想いに触れて」

今回は、novice編集部のZ世代・山崎(右)が、同年代のワークマン入社1年目の勢登さん(左)に想いや考えをお伺いしました

勢登さんは、仕事とプライベートのバランス、そして将来を意識しながら、1日1日を大切に過ごしているのが印象的でした。そして、「1年目から成長できる環境が整っている」、「自分の業務に取り組む姿勢がそのまま結果や評価に繋がりやすい」といった特徴を持つワークマンは、そんな生き方を実現しやすい企業でもあるのかなと。社会人1年生にもかかわらず、多くの事を経験して確固たる軸を持っているのは、充実した日々を過ごせている証ではないでしょうか。

「新しいことを、抵抗なく受け入れられる人間になりたい」という点も、今の時代に合った考え方ですよね。私自身も大切にしていきたいです。

取材協力:株式会社ワークマン

[All photos by 渡辺昌彦]

関連するタグ

熊本沙織
編集者/ライター

編集プロダクションと出版社での勤務を経てフリーの編集者・ライターに。ウェブメディア・書籍・雑誌・広報誌などで幅広く活動中。隙あらば航空券をウェブ検索し、旅のプランを練っている旅行好き。自宅に3台のたこ焼き機を所有する関西人。

著者のプロフィールを詳しく見る

RANKINGランキング

  1. APR 28TH, 2022BY ターキー

    ファッション > ウエア

    【2022年版】ワークマンおすすめレインシューズ6選<着用レビュー付き>

  2. MAY 5TH, 2022BY 北 秀昭

    ライフスタイル

    【2022年最新の電動バイクおすすめ8選】原付二種&自転車モード&GPS付きモデルも!

  3. MAR 17TH, 2022BY Re ◡̈

    エンターテインメント

    【総勢31組】2022年注目の「第4世代」男性K-POPアイドル特集

  4. FEB 5TH, 2022BY ひつじ

    ファッション > コーディネート

    【ワークマン女子おすすめ靴・ブーツ9選】レディースサイズを徹底検証!

  5. SEP 11TH, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    ワークマン初!秋冬新作ダウン「高機能モンスターパーカー」を徹底検証

  6. DEC 15TH, 2021BY ひつじ

    エンターテインメント

    【ASMRおすすめYouTuber】登録者数が多いランキングTOP5!

  7. MAY 1ST, 2022BY ノーヴィス編集部

    グルメ > おでかけグルメ

    【2022年5月最新】ガストの新作メニュー&キャンペーンまとめ

  8. MAR 19TH, 2022BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    【サイズ検証】ワークマンの2022年最新スーツ「SOLOTEXⓇリバーシブルワークスーツ」を徹底レビュー

  9. MAR 26TH, 2022BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【2022年版】ワークマン人気キャンプ用品25選!おすすめギアを徹底レビュー

  10. DEC 8TH, 2021BY ひつじ

    エンターテインメント

    「モッパン」おすすめYouTuber5選【丸山礼・カノックスターも】

関連するカテゴリー