POSTED BY ひつじ掲載日 JUN 15TH, 2021

温故知新なアート体験!デジタル技術駆使で世界の有名作品に会える「注目展示会」潜入レポート

さまざまな常識が変化しているニューノーマル時代。アートの楽しみ方においても、これまでとは一味違った方法が生み出されています。今回訪れたのは、フランス国立図書館と大日本印刷株式会社が手を組み開催している、BnF × DNP ミュージアムラボ第2回展「これからの文化体験」。3Dビューアで作品の細部まで再現したり、VR技術を用いた広大な仮想空間を演出したりと、デジタル技術を駆使した最先端の展示会なのです。場所や人に制限されずに思う存分作品を鑑賞できる時代が、もうすぐそこまで来ていますよ。

目次

BnF × DNP ミュージアムラボ第2回展「これからの文化体験」について

現在、フランス国立図書館(以下、BnF)では、2022年のリニューアルオープンに向けて、同館の歴史的原点であるリシュリュー館を全館改修する「リシュリュー・ルネサンス・プロジェクト」が進められています。これまで研究者など一部の人に入場が制限されていた同館に新たなミュージアムを設置し、BnFの貴重なコレクションや資料などが広く公開される予定です。

そんなBnFの取り組みにDNPが賛同し、技術メセナパートナー企業としてアジアで唯一このプロジェクトに参画。コレクションや空間のデジタル化、そしてそれをフル活用した展示システムの開発などを担当しており、同プロジェクトの成果を公開する場として、BnF × DNP ミュージアムラボ第2回展「これからの文化体験」が開催されることとなりました。

本来は実物を展示する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響によりそれは叶わず。そこで、デジタルデータを活用した新しい鑑賞モデルの実現に挑戦したのです。

一体どこが新しいのか、気になりますよね? ということで、今回はnovice編集部のひつじがこの展示会に潜入してきました。その模様をとくとご覧あれ!

ニューノーマルな4つの鑑賞システム

BnF × DNP ミュージアムラボ第2回展「これからの文化体験」では、デジタルデータに落とし込んだリシュリュー館の作品を、4つの鑑賞システム「みどころシリーズ」で楽しめます。早速1つずつ見ていきましょう。

【みどころグラス】空っぽのショーケースに作品が?

こちらの展示室には、中身が空っぽのショーケースがいくつか存在します。肉眼では何も見えませんが、スマートグラスを装着してみると・・・。

この通り! 目の前に作品が浮かび上がってきました。本当にショーケースの中にあるみたい。

写真ではわかりづらいかもしれませんが、想像以上に立体的です。ちなみに、今鑑賞しているのは、『碧きアフリカ人の小像』です。

さらに、この作品は手で掴むことも可能! このようにカーソルを合わせてつまむと、上下左右、自由自在に操れるんです。なんだかゲームみたいで面白い!

こうして手元に引き寄せれば、より細かい部分まで確認することができます。「裏面はこうなっていたんだ」、「こんな表情をしていたんだ」など、作品をより深く眺められますね。これは新しい!

こちらの大きなショーケースにも仕掛けが。ここからでは何も見えませんが・・・。

スマートグラスをかけるとこの通り! 中央の『トロイア戦争のオイノコエ』など3つの作品が浮かび上がり、さらに背後には作品の詳しい解説も表示されましたよ。

これまでは作品とその説明を交互に見るのが一般的でしたが、このように1画面で同時に楽しめるのはデジタル技術が使われた展示ならでは。

しょっぱなから心を鷲掴みにされ、一気に興味が湧いて来ました! ワクワク。

【みどころビューア】細部まで見える!詳しく知れる!

館内の所々には、作品のデジタルデータを搭載したディスプレイも設置されています。

こちらの『トロイア戦争のオイノコエ』のように、画面には3D化された作品とその基本情報、作品についての見どころが記載。さらに8K出力にも対応しており、このように指でズームしても高い解像度で表示されるんです! 先ほど手元に作品を引き寄せたように、ここでも360度細かく鑑賞することができます。

こちらは象牙の作品『ユースフ・アル・バーヒラー』を3D映像で楽しめるもの。絶妙な色味や独特な風合いなどが、きめ細やかに再現されています。

拡大してもこの画質! 手にとって見ているような感覚で、自由に鑑賞できました。指1本で自在に操れるのも楽しいですね。

横には作品が作られた当時の様子や豆知識なども記載され、歴史好きの心をくすぐる魅力的なコンテンツとなっていましたよ。

教科書で見た覚えのある作品も、こうしてみるとまた違って見えるかも。

【みどころウォーク】VR体験で旅行気分!

ここでは最先端の技術を使い、あたかも別空間にいるような不思議な体験ができるのこと。特殊な装置を装着し、手すりをたどりながら進みます。

側から見ると、ただ手すりを掴んで歩いているように見えますが、実際はというと・・・?

ジャン! 何と、こんなに華やかで広大な空間が広がっているんです。

立体感や上に登った時の高さなどがものすごくリアルで、はじめのうちはなかなかの怖さでした(笑)。

階段も、本当に1段1段登っているかのような感覚。上がるたびに視点も高くなるので、地上との距離感がリアルに伝わってくるのです。

ちなみに階段を登っている時はこんな感じ(笑)。現実世界とのギャップがすごい。

最上階まで行くと、BnFの歴史的空間である「マザラン・ギャラリー」の天井画がお目見え。天井画をこの距離で眺められるのは、ここだけかもしれません。圧倒的な美しさは、ぜひご自身の目で体感してみてください。

【みどころキューブ】作品同士の関係性もわかる!

最後は、キューブ状のインタフェースを用い、平面では表現しきれない「視点」を3D空間上で可視化した「みどころキューブ」。ここまでは1つひとつの作品を深堀りした体験でしたが、ここでは作品同士の関連性について理解することができます。

作品を年代やエリアごとに分布し、立体的に表示。文章だけでは表しきれない作品の要素が細かく表現されているんです。

年表などで古い順から見ることはあっても、こういった形で作品を眺めることなんでまずないですよね。作品を「立体的に鑑賞する」という行為自体が新鮮で楽しい! 頭のなかでもイメージがしやすいです。

またDNP独自の技術により、1つの作品をタップすると、それと関連性の深い作品がセレクトされるという面白い機能も。例えば、「裸像」を1つ選ぶと、ほかの裸像もピックアップされるというように、関連するキーワードごとに鑑賞することもできるんです。

繋がりを知ることで、新たな興味が湧いてくる。歴史や芸術にはそういった楽しみ方もあるんですね。こんな技術が学校の勉強に取り入れられたら、ますます歴史が好きになりそう。

ニューノーマルな文化体験を

帰り際にパシャリ

いや〜、どこを切り取っても見どころ満載な、新感覚の展示会でしたね。個人的に「みどころウォーク」の衝撃は印象的でした。平地を歩いているだけなのに地上3階の高さまで登ったような感覚でしたから(ちょっと怖かった)、VRのすごさをあらためて体感した瞬間でした。

この展示会で使われているシステムは、今後いろいろな場面での活用も想定されています。デジタルの無限の可能性にも期待したいですね。

noviceはこれからも、ニューノーマルにふさわしい情報をどんどんお届けしていきますよ。それではまた〜!

BnF × DNP ミュージアムラボ第2回展「これからの文化体験」
会期:2021年4月15日(木)~7月11日(日)、一般向けは6月5日 (土)~7月11日 (日)
開館時間:
【法人】月~金 10:00~12:00/13:00〜17:30 
【一般】土・日 10:00~18:00
会場:DNP五反田ビル1階(東京都品川区西五反田3-5-20)
観覧無料・予約制
申込み・問合せはこちらのWebサイトをご利用ください。観覧(無料)には予約が必要です。
法人:https://www.dnp.co.jp/biz/theme/cultural_property/bnf/10159378_3530.html 
一般:https://www.museumlab.jp/bnfRichelieu 

6/5 (土)~7/11 (日)
開館時間:

ひつじ
ヒツジ/ライター

韓国ドラマにハマったことがきっかけで、韓国文化全般に興味津々。推しドラマは「太陽の末裔」、「星からきたあなた」。絶賛おすすめ募集中です。あと、ほどよく辛くておいしいものが好きです。

著者のプロフィールを詳しく見る

RANKINGランキング

  1. APR 22ND, 2022BY Re ◡̈

    エンターテインメント

    【2022年4月〜8月に来日予定のK-POPアイドル】最新LIVE・ファンミ情報をチェック

  2. APR 28TH, 2022BY ターキー

    ファッション > ウエア

    【2022年版】ワークマンおすすめレインシューズ6選<着用レビュー付き>

  3. MAY 2ND, 2022BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    【#ワークマン女子店舗一覧18選】場所・時間・駐車場情報を網羅!横浜や大阪店も

  4. MAY 5TH, 2022BY 北 秀昭

    ライフスタイル

    【2022年最新の電動バイクおすすめ8選】原付二種&自転車モード&GPS付きモデルも!

  5. MAR 26TH, 2022BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【2022年版】ワークマン人気キャンプ用品25選!おすすめギアを徹底レビュー

  6. MAY 1ST, 2022BY ノーヴィス編集部

    グルメ > おでかけグルメ

    【2022年5月最新】ガストの新作メニュー&キャンペーンまとめ

  7. APR 21ST, 2022BY minacono

    グルメ > おでかけグルメ

    【2022年5月最新】くら寿司の新作メニュー&キャンペーンまとめ

  8. MAY 2ND, 2022BY ノーヴィス編集部

    グルメ > おでかけグルメ

    【2022年5月最新版】はま寿司の新作メニュー&キャンペーン情報まとめ

  9. APR 7TH, 2022BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【最新モデル】ワークマン「真空保冷ペットボトルホルダー」を検証レビュー

  10. MAR 24TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    ワークマンの人気アイテム「マリンシューズ」徹底検証【購入レビュー】

関連するカテゴリー