POSTED BY 青山沙羅掲載日 DEC 26TH, 2021

【NYの年末イベントが続々休演…】広がるオミクロン株の脅威と主要イベントの開催状況を現地レポート

ニューヨーク市マンハッタン 2021年12月

華やかなホリデーシーズン真っ只中のニューヨークでは、新型コロナウイルスのオミクロン株感染者が拡大中。年末のイベントは軒並みキャンセルされ、ますますオミクロン株感染の脅威が増しています。そこで今回は、ニューヨーク市在住の筆者が、年末のホリデーイベントについての詳しい開催状況を現地レポート。不安が募るニューヨークのリアルな現状をお届けします。

目次

【1日あたり4万人近くが陽性】NYで猛威を振るうオミクロン株

ニューヨーク市マンハッタン タイムズスクエア 検査会場 2021年10月
ニューヨーク市マンハッタン タイムズスクエア 検査会場 2021年10月

オミクロン株が猛威を振るうニューヨークでは、連日感染者数の最高記録が更新されています。2021年12月22日には、ニューヨーク州で1日あたり38,835件もの陽性が確認されたというショッキングな報告が・・・。

街中で目につくのは、検査会場やワクチン接種会場近くにできる長蛇の列。筆者の周りにも感染者が増え、ホリデーシーズンのわくわく感は一気に吹き飛んでしまいました。

ラジオシティホールの「クリスマス・スペクタキュラー」は上演中止

ニューヨーク市マンハッタン ラジオシティホール
ニューヨーク市マンハッタン ラジオシティ・ミュージックホール

年末恒例となっているラジオシティ・ミュージックホールの「クリスマス・スペクタキュラー」は、2年ぶりに開催されたばかりですが、全公演中止へ。美人女性のラインダンスは、ニューヨークのホリデーシーズンを華やかに彩ってくれるものなので、残念・・・。

ロケッツ(ショーのダンサーたち)って何?と思った人は、下記の動画をチェックしてみて!

ブロードウェイ・ミュージカルもキャンセル続出

ニューヨーク市マンハッタン ミュージカル劇場街 2021年10月
ニューヨーク市マンハッタン ミュージカル劇場街 2021年10月

出演者の感染により、ミュージカルも続々キャンセルに。ブロードウェイ・ミュージカルはコロナ禍で2020年3月から休演しており、2021年9月に1年半ぶりとなる再開を果たしたばかりでした。

ニューヨーク市マンハッタン ミュージカル劇場街 2021年10月
ニューヨーク市マンハッタン ミュージカル劇場街 2021年10月

関係者の感染により休演となったのは、定番の「アラジン」や「ライオンキング」、人気の「ハミルトン」、コロナ禍での延期を経て2021年12月にプレビュー公演が始まったばかりの「MJ(マイケル・ジャクソン)」、原作のミュージカル化「ハリーポッター」、「ムーランルージュ」などなど。10数本のミュージカルが休演を余儀なくされています。

主なミュージカルの休演情報

ニューヨーク市マンハッタン タイムズスクエア 上演中のミュージカル 2021年10月
ニューヨーク市マンハッタン タイムズスクエア TKTS 2021年10月

かきいれ時のホリデーシーズンに休演は手痛いですが、再開が予定されているミュージカルはまだ良い方。休演からそのまま終了してしまうミュージカルもあります。

ニューヨーク市マンハッタン ミュージカル「アラジン」上演劇場 2021年10月
ニューヨーク市マンハッタン ミュージカル「アラジン」上演劇場 2021年10月

大きな観光収入であるミュージカルのキャンセルに、ニューヨーク市は大打撃。

ニューヨーク・タイムズの記事(2021年12月21日)によると、コロナ前の2019年におけるクリスマス前週の興行収入は4,010万ドルであったのに対し、2021年12月3週では約半分の2,250万ドルに減収しているそうです。

タイムズスクエアのカウントダウンはどうなる?

ニューヨークの年末行事とされるタイムズスクエアのカウントダウン。2年ぶりの開催(2020年は一般公開なし)が懸念された2021年度については、2021年12月23日、デブラシオNY市長より、規模を縮小して開催されることが発表されました。

2022年カウントダウン(2021年12月31日〜2022年1月1日)の概要
■一般公開あり
■観客は15,000人までに制限
■マスク着用要
■ワクチン接種証明の提示
■当日3pm前の入場不可

詳細はタイムズスクエアの公式サイトを確認
https://www.timessquarenyc.org/times-square-new-years-eve/nye-faq

2021年末に、数日で激変したニューヨーク。多くのニューヨーカーはしっかりダブルマスクで感染防止していますが、筆者の周りでも同僚や知人の感染があり、他人事ではありません。ロックダウンはないとNY市長は言っていますが、予断を許さない状況。収束に光が見えたかと思いきや、スッキリしない年末となりそうです・・・。

[Photos by Hideyuki Tatebayashi] Do not use images without permission.

参照記事
Governor Hochul Updates New Yorkers on State's Progress Combating COVID-19 NY Gov 2021年12月23日
Omicron News: NY sets another record with 38,835 COVID cases, new testing sites open ABC Eyewitness News 2021年12月23日
Broadway Grosses Drop 26 Percent as Many Shows Cancel Performances The New York Times 2021年12月21日

関連するタグ

青山沙羅
アオヤマサラ/ライター

はじめて訪れた瞬間から、NYにひと目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、2009年ついに上陸。 旅の重要ポイントは、その土地の安くておいしいものを食すこと。 特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、「やられたら、やり返せ」。 プロ・フォトグラファーの夫とNYでふたり暮らし。共同著書『いちばん美しい季節に行きたい 日本の絶景365日(PIE International、2020年3月)』。

著者のプロフィールを詳しく見る

RANKINGランキング

  1. APR 7TH, 2022BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【最新モデル】ワークマン「真空保冷ペットボトルホルダー」を検証レビュー

  2. MAY 1ST, 2022BY ノーヴィス編集部

    グルメ > おでかけグルメ

    【2022年5月最新】ガストの新作メニュー&キャンペーンまとめ

  3. MAY 5TH, 2022BY 北 秀昭

    ライフスタイル

    【2022年最新の電動バイクおすすめ8選】原付二種&自転車モード&GPS付きモデルも!

  4. APR 22ND, 2022BY Re ◡̈

    エンターテインメント

    【2022年4月〜8月に来日予定のK-POPアイドル】最新LIVE・ファンミ情報をチェック

  5. MAR 17TH, 2022BY Re ◡̈

    エンターテインメント

    【総勢31組】2022年注目の「第4世代」男性K-POPアイドル特集

  6. APR 28TH, 2022BY ターキー

    ファッション > ウエア

    【2022年版】ワークマンおすすめレインシューズ6選<着用レビュー付き>

  7. MAR 24TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    ワークマンの人気アイテム「マリンシューズ」徹底検証【購入レビュー】

  8. APR 14TH, 2022BY ノーヴィス編集部

    グルメ > おでかけグルメ

    【2022年最新】びっくりドンキーの新作メニュー&キャンペーンまとめ

  9. MAR 26TH, 2022BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【2022年版】ワークマン人気キャンプ用品25選!おすすめギアを徹底レビュー

  10. MAY 23RD, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション > ウエア

    ワークマン「水陸両用撥水パッカブルショートパンツ」徹底検証&ライバル比較

関連するカテゴリー