POSTED BY ノーヴィス編集部掲載日 FEB 21ST, 2022

【ワンピースを超えた1位は?】500人が選ぶ歴代ジャンプ漫画人気ランキング!

いつの時代も我々にワクワクと勇気、感動を与えてくれる「週刊少年ジャンプ」。数々の人気作品を輩出しており、アニメ化・実写化された作品も数多く存在しますよね。そんななか、Webマガジン「TVマガ」は男女500名を対象に「歴代ジャンプ漫画人気作品」調査を実施。連載中、完結したものも含めた歴代ジャンプ作品の中でもっとも人気となった作品TOP10が決定しましたよ。『 ONE PIECE』や『NARUTO -ナルト-』、『鬼滅の刃』を超えて見事1位を獲得したのは、あの作品!

目次

歴代ジャンプ漫画人気ランキングTOP10

日本最大級ドラマ口コミサイト「TVログ」内のドラマ情報Webマガジン「TVマガ」は、男女500名を対象に「歴代ジャンプ漫画人気作品」調査をWebで実施。その結果、歴代ジャンプ漫画人気作品ランキングベスト89が決定しました。今回はその結果から、上位10位をピックアップして見てみましょう!

【第9位】幽☆遊☆白書

第9位は、累計発行5000万部を突破した冨樫義博さんの超人気作品「幽☆遊☆白書」。不慮の事故から死んでしまった不良少年・浦飯幽助が、試練を乗り越えて復活。悪事を働く妖怪を倒す霊界探偵となり、仲間たちと戦いながら成長していく姿を描いたバトルマンガです。

【選んだ理由】
「連載当時ももちろん読んでいました。その時は単なる、王道のバトル漫画として。そのため、最終回に近づくにつれての、今までとの違う雰囲気に困惑していました。しかし、社会人になり、再度読み返すと、逆に、その雰囲気(バトル部分で見せるのではなく、重いストーリー展開)にのめりこみ、長年何度も読み返して楽しんでいます」(ZERORO)

【第9位】銀魂

同じく第9位には、発行部数5500万部突破した空知英秋さんの漫画「銀魂」もランクイン。宇宙人に支配され、価値観が変わってしまった江戸の地で万事屋を営む侍・坂田銀時と仲間たちの活躍を描くSF時代劇コメディとして人気ですよね。

【選んだ理由】
「ギャグもシリアスもずーっと全部面白い!ギャグが面白くてお腹がねじれるほど笑ったり、銀さんの真剣な表情と強い言葉に泣いてしまったり。銀さんにあこがれて修学旅行では木刀を買いそうになりました笑 とにかくセンスの高い漫画で連載が終わった今も何度も読み返しています!」(it)

【第7位】北斗の拳


第7位は「北斗の拳」。世紀末を舞台に、核戦争後の動乱のなか恋人ユリアをシンに奪われ、復讐のため生きる主人公・ケンシロウの壮絶な物語を描いたバトルアクション漫画です。累計発行部数は1億を超え、アニメも高い人気を博しましたよね。ケンシロウの暗殺拳法・北斗神拳は、誰しも一度は真似したはず!

【選んだ理由】
「まず、現実では有り得ない拳法の技、奥義が格好いいです。設定も大切な女性をライバルに強引に奪われてから、自分を強くし取り戻しに行くケンシロウが大好きです。旅を共にするリンにバット。一子相伝の北斗神拳の秘密。義兄弟との関係、多くのライバル達との闘い。そして、ユリアやリンの秘密が明かされていく過程が、とても面白くドキドキしてどんな展開になるのかドキドキして良かったです」(チー坊)

「最大の魅力は主人公であるケンシロウの強さと満ち溢れる愛です。たくさんの強敵と出会い、時には敗れることもありますが、一つ一つの試練を乗り越える度に強くなっていく。また、一度闘った強敵との間に友情が芽生えるという点が大好きです」(ヤッチオ)

【第7位】鬼滅の刃

同じく第7位は、先日TVアニメの遊郭編最終話が放送された『鬼滅の刃』。発行部数1億5,000万部を超えた、吾峠呼世晴さんの冒険ダークファンタジーです。家族を鬼に殺された主人公・竈門炭治郎が鬼になった妹・禰豆子を人間に戻すべく、仲間とともに鬼舞辻無惨を倒しに行くという壮絶なストーリーに、多くの人がハマっています。

選んだ理由
「主人公の炭治郎の優しさが本当に胸をしめつけるぐらい純粋で、読んでいると誰かに温かさを届けたくなります。たくさんの悲しみの中、それでも立ち向かっていく仲間たちとの絆が尊くて、敵である鬼たちの抱える過去にも涙が溢れて、ずっと感情移入してしまいます」(ゆらら)

「子供たちや周りのお友達から勧められて読んでいましたが、とにかく内容が飽きのこない設定で、ついついストーリーにどっぷり浸かってしまいます。毎回次回号が楽しみで仕方ありませんでした。年齢問わず大人の女性でも十分楽しめる内容だったので一番好きな漫画に選びました」(kuro.abi)

【第6位】NARUTO -ナルト-

そして第6位は、筆者が個人的に一番推している「NARUTO -ナルト-」がランクイン。全世界シリーズ累計発行部数2億5,000万部を超えた、岸本斉史さんの大人気忍者バトルアクション漫画です。木ノ葉の里の落ちこぼれ忍者だったうずまきナルトが、先代を越える火影になるべく仲間と共に成長していく物語は必見!

【選んだ理由】
「絵が綺麗なのと、内容が深い。何度も泣かされました。とくにイタチがサスケに対してずっと隠してきた思いを知った時は嗚咽号泣した程です。ジャンプマンガは長編になるものが、多いのですが、NARUTOは綺麗に最終回を迎えられたので、読み終わった時には爽快感がありました」(ぴょんた)

「長いストーリーですが、ナルトや仲間たちが任務や戦闘の中、成長していく様子がみどころだと思います。ストーリーが進む中、敵として戦っていた相手が敵ではなくなったり、関係性が変わってきて、悪とか善とかでは割り切れないところもおもしろく、深いです」(ak_xyz)

【第5位】こちら葛飾区亀有公園前派出所

第5位は、「こち亀」の愛称で親しまれる『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。40年以上週刊少年ジャンプで連載され、累計発行部数は1億5,650万部超え。コミックス発行巻数200巻で完結したことでも話題となった、秋本治さんの下町人情ギャグ漫画です。両さんこと両津勘吉や大原部長など、個性豊かなキャラ達が巻き起こすドタバタストーリーは、見ているだけで心が温かくなりますよね。

【選んだ理由】
「ドラゴンボールもさることながら、一押しはこち亀。破天荒なリョウさんが巻き起こす破天荒な数々のエピソード。おきて破り連発ながらなぜか憎めない。あり得ないような状況で次々まきおこる、現実離れしているようで実は私たちの心の中、生活のなかでおきているエピソード。長い長い連載を全て覚えているわけではないのですが、子供たちにも是非読んで欲しい作品だと私は思っています」(はな華)

「警官を主人公にした漫画はどちらかというと固い感じの作品が多いのに、こち亀はギャグ漫画というのが斬新で主人公の両津勘吉が型破りなキャラクターというのが魅力。しかし、型破りな中にも時折見せる人情がとても優しい感じ。派出所のメンバーも普段は厳格なのに時折羽目を外す大原部長、警官とは思えないぐらい美人な麗子、とにかくハンサムで金持ちな中川巡査、強面な戸塚、メガネ姿の真面目な巡査の寺井などみんな個性あふれる人物ばかりで見ていて飽きません」(まっちゃん)

【第4位】HUNTER×HUNTER

第4位は、2022年現在も週刊少年ジャンプにて連載中の「HUNTER×HUNTER」。累計発行部数7,800万部を突破した「幽★遊★白書」で知られる冨樫義博さんの大人気冒険漫画としても有名ですよね。父と同じ一流ハンターになるため、そして父に会うために冒険する少年・ゴンの成長と戦いを描いた本格バトルアクション!

【選んだ理由】
「休載を繰り返し、もう普通ならば打ち切りされてもおかしくないような作品なのだけれど、それでもこの作品が終わるまで読みたいと思わせるのは作者の先生が練りに練ったキャラクターとお話のおかげだと思います。この作品はそれくらい私は好きです」(にっこ)

「物語の設定が細かく、読めば読むほど伏線があって、その伏線の回収が予想の斜め上をいく面白さだからです。例えば、グリードアイランド編では、何十種類ものカードの設定が細かくされています。だかこそ、ボマーとの戦い方が頭脳戦になってくるし、そもそもグリードアイランド編の前から、伏線が散りばめられています。物語の緻密さにいつも驚かされています」(なな⭐︎)

【第3位】SLAM DUNK

第3位は、青春スポーツ漫画の王道『SLAM DUNK』! シリーズ累計発行部数1億2,000万部超える井上雄彦さんのバスケットボール漫画です。自称天才・桜木花道を筆頭に、流川や赤木など個性的なキャラクターも魅力ですよね。30年以上も前に連載されながら、今なお幅広い世代に親しまれる名作!

【選んだ理由】
「リアルタイムで読んでいて、登場人物達と同年代だったからです。いまでも読み返すと、登場人物と同じ青春を送ったような気分になり、一緒に読んだ友達やそのときのシチュエーションがよみがえります。主人公の桜木花道のようにそれまで中途半端に生きてきたのに好きなことに出会って夢中になる姿がとても感動的でした。自分の子供にもぜひ、読ませたいと思います」(てつつ)

「私たち世代では誰もがハマった漫画のひとつです。スポーツ漫画ですが入りがヤンキーというところが面白かったです。情熱ある主人公と周りの友人や部員たちとの熱い友情関係、恋愛の話も面白かったです。主人公だけではなく登場人物すべてに素敵なエピソードがありました」(マロン)

【第2位】ONE PIECE

そして第2位は、尾田栄一郎さんによる少年ジャンプの看板作品『ONE PIECEがランクイン! 1997年より連載中で、2022年2月現在コミックスは101巻まで販売中です。海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィが、仲間と一緒に「ひとつなぎの大秘宝」を巡る物語。週刊少年ジャンプ歴代作品の中では、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』に次ぐ長期連載の漫画なのだとか。

【選んだ理由】
「ルフィーが仲間を集めながら、旅を始める最初の頃のストーリーがとても好きで選びました。麦わらの一味は、メンバーそれぞれに物語があり、どんどん成長しながら、仲間との絆を深めながら、歩んでいくところが素敵です」(ことあ)

「下から上まで年齢層の幅が広く支持しているONEPIECE。現在テレビでもあっていてすごく親しみのある漫画だと思っています。泣けるシーンもたくさんあり、仲間を大切に思う絆なども十分に実感できて魅力的な作品だと思います」(もす)

【第1位】ドラゴンボール

そして栄えある第1位は、鳥山明さんのバトルアドベンチャー『ドラゴンボール』でした。累計発行部数は2億6,000万部超え。日本のみならず、世界で爆発的なヒットを記録した超人気作品です。7つ集めるとどんな願いも叶えてくれるという不思議な玉「ドラゴンボール」をめぐる、孫悟空たちの大冒険を描きます。

『選んだ理由』
「ドラゴンボールがジャンプで連載されている頃は小学生だったが、友達に土曜日にジャンプが発売しているというお店を紹介してもらい毎週予約をしてジャンプを購入して、真っ先にドラゴンボールを読んでいました。当時は単行本も購入していて、全巻持っていました。ドラゴンボールが好きになった理由は、主人公の孫悟空の人柄です。完全に悪人というキャラの強敵でも、自分が一回殺された相手でも、心から憎むということが少なく、心底孫悟空の人の良さと器の大きさを感じていました。あんな人間になりたいなとすら思ってました。今でもドラゴンボールシリーズは単行本を集めていて、子供にも勧めています」(すぎ)

「ドラゴンボールは、強敵と戦うバトルが面白かった。フリーザー、セル、ブウとどんどん倒しても強くなる敵に対して、悟空達がボロボロになりながら、最後は必殺技で勝つ!これほどカッコいいものはなかった。さらに全部のキャラクターに必殺技があり、個性的でよく真似をして遊んでた」(ぱぴこ)

ちなみに、11位~57位は下の通りです。

  • 11位:BLEACH
  • 11位:キン肉マン
  • 11位:るろうに剣心―明治剣客浪漫譚―
  • 11位:キャプテン翼
  • 15位:ろくでなしBLUES
  • 16位:ドラゴンボールZ
  • 16位:ハイキュー!!
  • 18位:DEATH NOTE
  • 18位:ジョジョの奇妙な冒険
  • 18位:僕のヒーローアカデミア
  • 21位:ヒカルの碁
  • 22位:Dr.スランプ
  • 22位:シティーハンター
  • 22位:家家庭教師ヒットマンREBORN!
  • 22位:呪術廻戦
  • 22位:世紀末リーダー伝たけし!
  • 27位:Dr.STONE
  • 27位:リングにかけろ
  • 27位:地獄先生ぬ〜べ〜
  • 27位:封神演義
  • 27位:魔人探偵脳噛ネウロ
  • 32位:アイシールド21
  • 32位:ウイングマン
  • 32位:サーキットの狼
  • 32位:ストップ!! ひばりくん!
  • 32位:テニスの王子様
  • 32位:ドラゴンクエストダイの大冒険
  • 32位:暗殺教室
  • 32位:魁!!男塾
  • 32位:黒子のバスケ
  • 32位:聖闘士聖矢
  • 42位:BOY
  • 42位:きまぐれオレンジ★ロード
  • 42位:シェイプアップ乱
  • 42位:シャーマンキング
  • 42位:ジョジョの奇妙な冒険 第2部
  • 42位:セクシーコマンドー外伝すごいよ!!マサルさん
  • 42位:トリコ
  • 42位:ど根性ガエル
  • 42位:まじかる☆タルるートくん
  • 42位:ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
  • 42位:レベルE
  • 42位:ワールドトリガー
  • 42位:花の慶次 ―雲のかなたに―
  • 42位:電影少女
  • 42位:約束のネバーランド
  • 57位:COBRA THE SPACE PIRATE
  • 57位:COSMOS
  • 57位:D.gray-man
  • 57位:I”s
  • 57位:PSYREN -サイレン-
  • 57位:SHADOW LADY
  • 57位:To LOVEる
  • 57位:アオのハコ
  • 57位:アクタージュ act-age
  • 57位:キャッツ・アイ
  • 57位:キャンディキャンディ
  • 57位:サバイビー
  • 57位:ジャングルの王者ターちゃん
  • 57位:チェンソーマン
  • 57位:とっても!ラッキーマン
  • 57位:ニセコイ
  • 57位:ピューと吹く!ジャガー
  • 57位:ブラックエンジェルズ
  • 57位:プレイボール
  • 57位:ボボボーボ・ボーボボ
  • 57位:ボンボン坂高校演劇部
  • 57位:ミタマセキュ霊ティ
  • 57位:めだかボックス
  • 57位:メタルK
  • 57位:逢魔ヶ刻動物園
  • 57位:磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜
  • 57位:気まぐれオレンジロード
  • 57位:男一匹ガキ大将
  • 57位:地獄楽
  • 57位:超機動暴発蹴球野郎 リベロの武田
  • 57位:幕張
  • 57位:遊☆戯☆王デュエルモンスターズ
  • 57位:神様はサウスポー
  • (全89作品)

ということで、500人が選ぶ歴代ジャンプ漫画人気ランキングを紹介しました。皆さんが好きな作品はありましたか? 既に読んだことがある作品も、まだ読んだことがないものも、この機会に手に取って読んでみてはいかがでしょうか。

※アンケートの調査方法:10~50代以上の男女(性別回答しないを含む)を対象に、公式Twitterアカウントや、他インターネットでリサーチしたアンケート結果を集計

関連するタグ

ノーヴィス編集部
編集者/ライター

noviceは「ニューノーマルと⾃由」をテーマにした情報メディア。何も知らない初⼼者の気持ちを忘れずに、この時代を「体験」しながら、モノやコトの新しい「選び⽅」や「使い⽅」を発信していきます。

著者のプロフィールを詳しく見る

RANKINGランキング

  1. MAY 5TH, 2022BY 北 秀昭

    ライフスタイル

    【2022年最新の電動バイクおすすめ8選】原付二種&自転車モード&GPS付きモデルも!

  2. APR 7TH, 2022BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【最新モデル】ワークマン「真空保冷ペットボトルホルダー」を検証レビュー

  3. MAY 1ST, 2022BY ノーヴィス編集部

    グルメ > おでかけグルメ

    【2022年5月最新】ガストの新作メニュー&キャンペーンまとめ

  4. APR 22ND, 2022BY Re ◡̈

    エンターテインメント

    【2022年4月〜8月に来日予定のK-POPアイドル】最新LIVE・ファンミ情報をチェック

  5. MAR 24TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    ワークマンの人気アイテム「マリンシューズ」徹底検証【購入レビュー】

  6. FEB 12TH, 2022BY ひつじ

    ライフスタイル

    【やり方解説】インスタで流行っている「バースデーカラー」とは?

  7. MAR 26TH, 2022BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【2022年版】ワークマン人気キャンプ用品25選!おすすめギアを徹底レビュー

  8. APR 28TH, 2022BY ターキー

    ファッション > ウエア

    【2022年版】ワークマンおすすめレインシューズ6選<着用レビュー付き>

  9. APR 14TH, 2022BY ノーヴィス編集部

    グルメ > おでかけグルメ

    【2022年最新】びっくりドンキーの新作メニュー&キャンペーンまとめ

  10. MAR 17TH, 2022BY Re ◡̈

    エンターテインメント

    【総勢31組】2022年注目の「第4世代」男性K-POPアイドル特集

関連するカテゴリー