POSTED BY 林 美由紀掲載日 JUN 20TH, 2021

コロナ禍でAirbnbホストへ転身した夫婦に学ぶ「新しいライフスタイル」の楽しみ方

新型コロナウイルスの世界的感染拡大から1年あまり。その間、社会、私たちの暮らし、仕事の仕方、そして、価値観や人生に大きな変化がもたらされました。もし、自分や大切な人がより自分らしく、より幸せに生きられる方法を模索しているのならば、コロナ禍の2020年に古民家を購入し、セルフリノベーション後に民泊のホストに転身した、「元ファッションブランド経営者のご夫婦のストーリー」が1つのヒントいになるかもしれません。

目次

長引く新型コロナウイルスのパンデミック。さまざまな生活様式や意識の変化とともに、働き方が変わったり、都会から地方に移住したりと、そのライフスタイルに変化を求めた人も多いかもしれません。今回ご紹介するのは、東京から兵庫県・淡路島に移住し、10万円の空き家をセルフリノベーションして民泊のホストに転身したご夫婦の物語。

日々の喧騒から逃れるためのデトックス旅で出会った場所

ファッションブランドを手がけていたオーストラリア出身のCherylさんは、もともとは夫のTomoyaさんと東京に住んでいました。そして、デトックス目的の全国旅行中に立ち寄った淡路島で、たまたま見つけた古民家を10万円で購入。ここから、民泊ホストになるという物語は始まります。

最初は、10年間空き家のまま傷みの激しい民家を宿に変えていくという計画に、ほとんどの人は懐疑的だったのだそう。

縁もゆかりもない場所でしたが、1カ月後には夫婦で淡路島に移住することを決心。ファッションブランドを続けながら、新たな生活を始めることに。

もともとものづくりが好きだったふたりは、マンション暮らしをしながら、あちこち傷んで大規模な改修が必要だった空き家のリノベーションを決めます。しかし、リフォーム会社に見積もりを取ると1000万円以上もかかることが判明・・・。そこで、セルフリノベーションに取り組むことにしたのです。さまざまなことを調べ、近所の大工さんにノウハウを教えてもらいながら、苦労の末、2020年3月にようやくリノベーションが完成したというわけです。

海が近い素敵なロケーションに、和と洋の両方を兼ね備えた、モダンでノスタルジックな雰囲気の一軒家が誕生しました。

「Airbnb」との出会い

古民家を自分たちでリノベーションしている間は、それぞれがアルバイトをしながら生活している状態で、来月の生活費もままならない状態だったといいます。

完成した民宿の活用法を模索していた時、Cherylさんのお父さんからホテル・旅館・民泊などを提供する人と、旅行やワーケーションなどで借りる人をつなぐサイト「Airbnb」の利用を提案され、始めてみることに。すると間もなく、2件の予約が入り、その後はコンスタントに予約が入っていき、2020年の10月まではほぼ満室状態が続いたのだそうです。

そして、今はAirbnbでの運営で生活ができる状態になったとCherylさん。

瀬戸内海のゆったりとした波の音がBGMのように絶えず聞こえるような海の近くの民宿は、梁の見えるベッドルームと小さな和室風の部屋で5人まで泊まれます。

ウッドデッキは塀で囲まれれていて、プライベートな空間でBBQを楽しんだり、夜、寝転がれば、静寂のなかで星を見ながら波の音に癒され、普段の生活から離れたリラックスした時間を体験できる、そんなお宿です。

誰も見向きもしない、傷んだ空き家を宝物に変えたい

このようなAirbnbでのホストが楽しいというふたりは、さらに、山の中にある別の空き家のセルフリノーベーションを考えていて、1年後にそこを民宿としてオープンさせる予定なのだとか。

最初は、人と接するのがとても苦手だったそうですが、「今はお客さんのために、何をどうしたらもっと喜ばれるか、という視点で考えるのが楽しい」といいます。

また、もともとファッションブランドを運営した時に持っていた「誰も見向きもしない、傷んだ空き家を宝物に変えたい」という思いは今も変わっていません。ロケーションに頼るのではなく、民宿という形で自分達の作品を作りながら、ずっと残るものを作っていきたいとTomoyaさん。

Cherylさんも「毎年、人生が変わっていく」と実感しているそう。新たなセルフリノベーションも始まり、自分達のライフスタイルに合った夢を叶えていくふたり。今後の活躍もたのしみですよね。

人生とは思いがけない方向に転がることがあるもの。
そして、それを楽しむことができたら、また世界は広がるのかもしれません。

次の人生を考えているのなら、CherylさんやTomoyaさんのように旅や人との出会いがきっとキーになる。
そこから、今までの自分にない新たな人生が広がるかもしれないのですから。

■時間を忘れて癒される。。古民家セルフレノベーション宿
5人まで宿泊可能
チェックイン時間:13時以降
チェックアウト:10:00
セルフチェックイン(キーパッド)
禁煙
パーティー&イベントお断り
ペットOK
住所:兵庫県淡路市
※住所等の詳細は予約後に連絡があります

>>>AirbnbのCherylさんとTomoyaさんの宿

取材協力:Airbnb

関連するタグ

林美由紀
ハヤシミユキ/ライター

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスライター。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、クモの巣、絵本、漫画、子どもなど。グッとくる雑貨、ハンドメイド作品、文具、生き物、可愛いものとヘンテコなものを日々探しています。いつか絵本作りに携わりたいです。

著者のプロフィールを詳しく見る

RANKINGランキング

  1. APR 22ND, 2022BY Re ◡̈

    エンターテインメント

    【2022年4月〜8月に来日予定のK-POPアイドル】最新LIVE・ファンミ情報をチェック

  2. APR 28TH, 2022BY ターキー

    ファッション > ウエア

    【2022年版】ワークマンおすすめレインシューズ6選<着用レビュー付き>

  3. MAY 5TH, 2022BY 北 秀昭

    ライフスタイル

    【2022年最新の電動バイクおすすめ8選】原付二種&自転車モード&GPS付きモデルも!

  4. MAY 1ST, 2022BY ノーヴィス編集部

    グルメ > おでかけグルメ

    【2022年5月最新】ガストの新作メニュー&キャンペーンまとめ

  5. MAY 2ND, 2022BY ノーヴィス編集部

    グルメ > おでかけグルメ

    【2022年5月最新版】はま寿司の新作メニュー&キャンペーン情報まとめ

  6. MAR 26TH, 2022BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【2022年版】ワークマン人気キャンプ用品25選!おすすめギアを徹底レビュー

  7. APR 21ST, 2022BY minacono

    グルメ > おでかけグルメ

    【2022年5月最新】くら寿司の新作メニュー&キャンペーンまとめ

  8. APR 7TH, 2022BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【最新モデル】ワークマン「真空保冷ペットボトルホルダー」を検証レビュー

  9. APR 25TH, 2022BY ノーヴィス編集部

    グルメ

    【2022年5月最新】スシローの新作メニュー&キャンペーンまとめ

  10. MAR 24TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    ワークマンの人気アイテム「マリンシューズ」徹底検証【購入レビュー】

関連するカテゴリー