POSTED BY sweetsholic掲載日 AUG 26TH, 2021

フランスでラーメンを食す! ワイン産地ボルドーに佇む“ラーメン屋”を現地レポート

南フランスより、ボンジュール! 海外在住ライターのsweetsholicです。フランス人のテイストに合わせた“なんちゃって日本食”が人気を集める一方、日本の味を踏襲した本格的なラーメンも盛り上がりを見せています。今回は、南仏で暮らす日本人の間でおいしいと評判のラーメン屋「FUFU(ふふ)」を訪れてみました。

目次

フランス人はもちろん、在仏日本人にも人気のワケ

南仏ボルドーに2010年創業の、ラーメン屋「FUFU(ふふ)」。2021年8月現在はボルドー、トゥールーズ、バスク地方バイヨンヌの3都市に4軒ほど構えます。日本のラーメン屋の味を追求すべく、開店時にはフランス人オーナーが日本から職人を招き入れたそうです。

こちらにはアジア風の“なんちゃって”ラーメン屋も多いのですが、FUFUはフランス南西部で暮らす駐在員の間で「日本と変わらぬおいしさが楽しめる」と評判。筆者が訪れた日にも、現地在住と思われる日本人女性が2名ほどお店の前でメニューを眺めていました。

オープンキッチンから伝わる臨場感

昔ながらのラーメン屋を思わせる店内に足を踏み入れると、中華鍋を小気味よく振るシェフの姿が目に留まります。中華鍋にお玉が触れる心地よい音、その鍋から盛り付けられた湯気が立ち上るチャーハン。

臨場感溢れる調理場をカウンター席で眺めつつ食事が楽しめるスタイルは、日本のラーメン屋そのもの! フレンチのレストランにはない、ダイナミックな楽しさを感じました。

日本に訪れたことのないフランス人客にとっては新鮮に映り、日本に訪れたことのあるフランス人はお店の雰囲気を懐かしく感じるようです。

自家製スープに麺、気になる味は?

FUFUのお品書き

メニューはラーメンに坦々麺、冷やし中華など。焼きそばや餃子、揚げ物などもあります。コシのある太麺は自家製で、鶏ガラベースのラーメンスープはその日に仕込んでいるそう。

看板商品は「オーソドックスなラーメン」(店員談)とのことですが、厚みのあるやわらかな自家製チャーシューたっぷりのチャーシュー麺も人気の一品。筆者が訪れた時間帯はチャーシュー麺が品切れだったため、ラーメンと野菜ラーメンを注文しました。

あっさり上品な味わいのラーメン

シンプルながら味わい深い「RAMEN」

厚切りのチャーシュー2枚に半熟の味玉などがトッピングされた「RAMEN(ラーメン)」(9.5ユーロ/約1,250円)は、鶏ガラベースのあっさりとした上品な味。

箸で持ち上げるとホロリと崩れるほどやわらかい自家製チャーシューを始め、素材のおいしさが際立つ一品です。ただ、もやしが生の状態なのは、日本人としては少々不思議に感じるところ。

フランスらしさを感じる野菜ラーメン

続いての「YASAI RAMEN(野菜ラーメン)」(10.5ユーロ/約1,350円)は、とろりとした広東麺のようなスープにパプリカや赤玉ねぎなどカラフルな野菜炒めがたっぷり。

塩味のあっさりとしたタンメンを想像していたので、ビックリ! でも、醤油ベースのとろみある五目スープ麺が大好きな筆者は、大満足の味でした。

話はそれますが、こちらのラーメンの野菜炒めには、どういうわけかパプリカが使われることが多いんですよね。以前ご紹介した、冷食専門店ピカールのラーメンもパプリカが入っていました。

冷めてもコシのある太麺

麺はスープに絡みやすい太麺でコシが強く、食べ進めるうちにスープが多少冷めても、コシがある程度残っているところが印象的でした。ゆっくり時間をかけて食事をする習慣のある、フランス人客に合わせた配慮なのかも!

値段に関しては日本と比べると少々高く設定されていますが、ボルドー中心部という店の立地とフランスの物価から考えると、かなりリーズナブルだと思います。

自家製麺を使った、コクのあるしっかりとした味付けの焼きそばも絶品「EBI YAKISOBA」(11.5ユーロ/約1,500円)

筆者が食事に訪れたのは平日の22時過ぎだったこともあり、店内で飲食するお客さんは比較的少なかったのですが、宅配サービスや持ち帰り客の姿が目立ちました。

できたてのおいしさが身の上のラーメンをテイクアウトする人がこれほど多いとは・・・! 日本人の私にとっては、ちょっとしたカルチャーショックでした。

[restaurantfufu.com]
[All photos by sweetsholic]
Please do not use the images without permission.

関連するタグ

sweetsholic
ライター/パティシエ/ときどき通訳

海外を放浪しながら気ままな人生を謳歌しているフリーライター、パティシエ。現在の居住地は南フランス。海外のライフスタイルや、各国で学んだお料理などをみなさまと共有できればと思っています。 世界の文化とスイーツ、地中海料理、マレーシアが大好き。

著者のプロフィールを詳しく見る

RANKINGランキング

  1. SEP 17TH, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    【最速レビュー】『UNIQLO×Theory』のデザイン・サイズ感を試着検証

  2. SEP 15TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【ワークマン人気キャンプ用品12選】おすすめギアをエディターが厳選&徹底レビュー|9月15日更新

  3. [Photo by Hideyuki Tatebayashi] Do not use images without permission.

    SEP 7TH, 2021BY 青山沙羅

    ライフスタイル > ビジネス

    小室圭さんが卒業した全米24位の「フォーダム大学 ロースクール」とは?

  4. JUL 13TH, 2021BY minacono

    ライフスタイル

    【お米のおいしさそのまま糖質最大45%カット】「マクアケ」おすすめ品徹底紹介 | 炊飯器LOCABO(ロカボ)

  5. SEP 23RD, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    【ワークマンの革新アイテム】空気で温める「ポンプウェア」が9月下旬発売

  6. JUN 29TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    ワークマン「アルミテーブル」をキャンプで検証レビュー【キャプテンスタッグとの違いも徹底比較】

  7. SEP 11TH, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    ワークマン初!秋冬新作ダウン「高機能モンスターパーカー」を徹底検証

  8. MAR 8TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    ワークマン「真空ハイブリッドコンテナ」保冷力リアル検証【キャンプ好き編集者がレビュー】

  9. SEP 22ND, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    【ワークマンの秋新作】200万着売れた「レインスーツ」が進化&9月下旬発売

  10. JUN 25TH, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    【#ワークマン女子店舗一覧7選】場所・時間・駐車場情報を網羅!横浜や大阪店も

関連するカテゴリー