POSTED BY まいてっと掲載日 MAR 6TH, 2022

【スノーピーク好きが選ぶ】本当におすすめしたいキャンプ用品10選

スノーピークシェラカップとピッツ

デザイン性の高さや、優れた品質、性能で絶大な人気を誇るスノーピーク。こだわりの詰まった数々のキャンプギアがラインナップされるなかで、一体どのアイテムを選べば良いのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、スノーピーク好きが選ぶ本当におすすめしたい10アイテムを紹介ていきます! 

目次

【その1:エントリーパックTT】キャンプ初心者におすすめ!

  • 価格:57,200円(税込)
  • 重量:テント7.9kg、タープ7.9kg
  • 対応人数:3~4人

設営しやすいアーチフレーム型テント「ヴォールト」と、定番のヘキサ型タープがセットになった、初心者向けのエントリーモデル。スノーピークのテントの中でも比較的リーズナブルにGETできるので、初期コストを抑えたい人はもちろん、キャンプ頻度の少ない人にもおすすめのセットとなっています。

フレームは挿入するスリーブに合わせて色分けされており、ビギナーでもスムーズな設営が可能。加えて、UVカット加工や雨をはじくテフロン撥水加工強風にも耐える裁縫技術が施され、悪天候時でも安心して使えるスペックを備えています。テントはアウトフレーム構造なので、シェルターとしても活用でき、タープを使用しないミニマムスタイルやデイキャンプを楽しみたいときにも最適ですよ。

商品リンク:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

【その2:ローチェア30】キャンプでも自宅でも大活躍

  • 価格:18,700円(税込)
  • サイズ:58×65×86(h)cm
  • 重量:3.6kg

座り心地の良さを追求したスノーピークの大定番モデル! 座面高30cmのロースタイルのチェアです。まるでソファのような座り心地ながら、食事や作業もしやすい抜群の安定感を誇るロングセラーアイテム。ロースタイルのテーブルや焚き火シーンにも合わせやすい高さなので、ゆったりと身体を預けてリラックスしたひとときを過ごしたいですね。

収納時にはコンパクトにたためて、付属の専用ケースで持ち運びや保管も可能。アームレストに竹集成材を採用した美しいデザインも魅力的で、自宅で使用する人も多いアイテムです。

商品リンク:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

【その3:焚火台S~LL】焚き火には欠かせないロングセラー商品

  • 価格:S 9,900円/M 14,300円/L 17,600円/LL 36,300円
  • サイズ:S 285×285×205(h)mm/M 350×350×248(h)mm/L 455×455×315(h)mm/LL 633×633×440(h)mm
  • 重量:S 1.8kg/M 3.5kg/L 5.5 kg/LL 11kg

4枚のパネルでできた逆四角錐のシンプルな構造と高い熱量にも耐える剛健なスペックで、1996年のデビューから20年以上、「スノーピーク」の代表作として多くのファンに愛され続けているキャンプギア。組み立ての手間を省いた簡易的な開閉システムで、初心者でも使いやすい人気アイテムです。

厚さ1.5mmの頑強なステンレス素材が採用され、強い炎にも負けない高い耐熱性を実現。使えば使うほどに味が出る、キャンパーに長く寄り添ってくれる名品ですよね。サイズはS(1〜2人用)、M(2〜3人用)、L(3〜4人用)、2021年に新たに登場したLL(5人〜用)を加えた4種類。1人でも複数でも楽しめるよう作られた製品は、きっと素敵な焚火時間を演出してくれますよ。

商品リンク:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

【その4:ソリッドステーク】タフさ&打ち込みやすさ抜群

【使用頻度の高い「20」と「30」の商品情報を記載】
  • 価格:〔20〕 385円(税込)/〔30〕 495円(税込)
  • サイズ:
    〔20〕200mm(ヘッド部/φ12mm、打込み部/φ6mm)
    〔30〕300mm(ヘッド部/φ15mm、打込み部/φ8mm)
  • 重量: 〔20〕75g/〔30〕180g

「ペグは消耗品」という概念を変えた「最強ペグ」、通称「ソリステ」。スノーピークのギアと言えば、真っ先にこちらを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。燕三条に伝わる鍛造製法で作られた強靭さと打ち込みやすさが特徴で、硬い地面でも確実に打ち込めると圧倒的な支持を得る人気ギアです。

長さは、20cmから50cmまで10cm単位で4種類をラインナップ。ハンマーで叩くヘッド部分は打撃時に滑りにくい形状で、打撃力がしっかりとボディに伝わり、ストレスのない打ち込みを実現。万が一ペグが曲がってしまっても、石の上などで叩いて直せるところも良いポイントですよね。ヘッドが地面に食い込むとフックも刺さるため、ペグが回転してロープが抜けてしまう心配もありません。ペグ専用ハンマーの「ペグハンマーPro」を使えば、抜く作業までスムーズに行えますよ。

商品リンク:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

【その5:ペグハンマー PRO.C】安定した打ち込みを実現

  • 価格:7,040円
  • サイズ:φ35×120×290mm
  • 重量:670kg

「ペグ専用」に作られたプロ仕様のペグハンマー。適度な重さと握りやすい柄の形状で、しっかりと力を込めた打ち込みができると評判です。鍛造仕上げのヘッドの先に柔らかな銅素材を使用することで、打撃の衝撃を吸収し、石や砂利が混在する硬いフィールドでもブレにくく、安定して打ち込める仕様とされています。

ハンマー後部には、あらゆるタイプのペグを抜くことができるフックとホールを配備。「ソリッドステーク」はもちろん、フック状のペグの引き抜きにも使えるのはうれしいところですね。

ヘッドの銅部分が変形してきたら、交換が必要となります。また、柔らかなフィールドに適したペグハンマーPro.S も販売されているので、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね。

商品リンク:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

【その6:ヤエンストーブ ナギ】最大出力2800kcal!

  • 価格:14,300円(税込)
  • サイズ:φ213×100(h)mm、ゴトク径:φ190mm
  • 重量:バーナー/209g、風防ユニット/147g、ボトムシート/36g、イグナイタ/16g

風防が一体になったシンプルなストーブ。本体のゴトクを風防にセットするだけで、簡単に組み立てられる無駄のないデザインが印象的ですね。優れた耐風性能で、調理時にストレスとなる風の影響を軽減してくれる頼りになるアイテム。

ゴトクの高さは2段階で調節できるので、鍋やフライパンの形状に合わせて好みの高さに選択が可能。また、凸凹した場所でもガタつきが起こりにくい構造で、安定したセッティングができますよ。収納時はコンパクトに畳んで持ち運びも楽々。

商品リンク:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

【その7:シェラカップ】使い勝手良好な万能アイテム

  • 価格:ステンレス製1,320円(税込)/チタン製2,090円(税込)
  • サイズ:ステンレス製φ122×45mm/チタン製φ120×45mm
  • 重量:ステンレス製100g/チタン製37g
  • 容量:ステンレス製310ml/チタン製370ml

キャンプの大定番! さまざまな用途で使えるシェラカップ。重さ37gと超軽量のチタン製と、錆びにくくチタン製よりも低価格なステンレス製の2種類から選べます。

コップやお皿として使えるほか、目盛りがあるので計量カップとしても活躍してくれますよ。メーカー推奨の使用法ではありませんが、直火での調理に活用している人も多いのではないでしょうか。マルチに使用できる上、スタッキングも可能なので、少しでも荷物を減らしたいキャンプシーンでは重宝するアイテムですね。おしゃれな見た目でインテリアにも馴染むので、筆者は自宅でも頻繁に使用しています。

商品リンク:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

【その8:ピッツ】スタイリッシュなデザインも人気の理由

  • 価格:2,200円(税込)
  • サイズ:270mm
  • 重量:70g

焼肉専用のステンレス製トング。食材をつまみやすく、返しやすい先細設計で、箸のような使用感が特徴です。上下のないシンメトリーデザインで操作がしやすく、テーブルに直接置いても先端が触れない形状が衛生的。

ハンドルは程よい厚みで握りやすく、スリップしにくい加工が施されています。黒みを帯びたカラーと、シンプルでスタイリッシュなデザインもかっこいい! こちらも自宅での調理にも使いやすいアイテムですよ。

商品リンク:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

【その9:チタンシングルマグ】デイリーで使える定番商品

  • 価格:220ml 2,475円(税込)/300ml 2,585円(税込)/450ml 2,915円
  • サイズ:220ml φ67.2×H79mm/300ml φ76.2×H82mm/450ml φ86.2×91.5mm
  • 重量:220ml 45g/300ml 50g/450ml 70g

軽量かつ丈夫でアウトドアに最適なチタン製のマグカップ。軽さを追求したシングルウォールと、二重構造で保温保冷機能に優れたダブルウォールがありますが、今回は直火にも耐え得るシングルウォールを紹介します。サイズは、220ml、300ml、450mlの3種類で、ひとつひとつ職人の手で作られた、優しく飲みやすい口当たりが特徴です。

持ち手は折り畳み式でコンパクトに収納ができ、サイズ違いでのスタッキングも可能。チタン製なので錆びにくく、熱い物を入れても比較的口元が熱くなりにくいところもポイントです。コーヒーや紅茶などの飲み物はもちろん、スープやミニラーメンなどを入れてもOK。こちらもメーカー推奨ではありませんが、熱が加わることで色が変化していく焼き入れを楽しんでいるキャンパーも多いですよね。ちなみに、ダブルウォールは直火厳禁となっています。

商品リンク:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak

【その10:ヤエンレードル ツグ】取りわけ時の味方

  • 価格:1,210円(税込)
  • サイズ:165×70×30(h)mm
  • 重量:25g

ハンドルをたたんでコンパクトに収納できる軽量レードル。ナイロン素材なので、フッ素コーティングの調理器具も傷めることなく使用できます。お玉のようなすくいやすい形状で、調理はもちろん、スープ類などの取り分けにも便利。

畳んだ状態では持ち手部分が自立するように設計されているので、テーブルにちょこんと立てておけるのもポイントです。同シリーズのターナーもあるので、あわせてチェックしてみてくださいね。

商品リンク:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

今回は、人気ギアを豊富にそろえるスノーピークのアイテムのなかから、特におすすめの10商品をセレクトしました。キャンプシーンはもちろん、自宅でも使えるアイテムも多数あるので、ぜひ商品選びの参考にしてみてください!

合わせて読みたい
>>>【スノーピークの焚火台S・M・L・LLを比較検証】買うべき1台はコレ!

まいてっと
マイテット/ライター

建物にともる灯りを眺めるのが好きな元銀行員。銀行員時代の堅さが抜けないことが、近ごろの悩み。日々、子どもたちとどろんこになりながら、ライター活動をしています。

著者のプロフィールを詳しく見る

RANKINGランキング

  1. MAY 5TH, 2022BY 北 秀昭

    ライフスタイル

    【2022年最新の電動バイクおすすめ8選】原付二種&自転車モード&GPS付きモデルも!

  2. APR 7TH, 2022BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【最新モデル】ワークマン「真空保冷ペットボトルホルダー」を検証レビュー

  3. MAY 1ST, 2022BY ノーヴィス編集部

    グルメ > おでかけグルメ

    【2022年5月最新】ガストの新作メニュー&キャンペーンまとめ

  4. APR 22ND, 2022BY Re ◡̈

    エンターテインメント

    【2022年4月〜8月に来日予定のK-POPアイドル】最新LIVE・ファンミ情報をチェック

  5. MAR 24TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    ワークマンの人気アイテム「マリンシューズ」徹底検証【購入レビュー】

  6. FEB 12TH, 2022BY ひつじ

    ライフスタイル

    【やり方解説】インスタで流行っている「バースデーカラー」とは?

  7. MAR 26TH, 2022BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【2022年版】ワークマン人気キャンプ用品25選!おすすめギアを徹底レビュー

  8. APR 28TH, 2022BY ターキー

    ファッション > ウエア

    【2022年版】ワークマンおすすめレインシューズ6選<着用レビュー付き>

  9. APR 14TH, 2022BY ノーヴィス編集部

    グルメ > おでかけグルメ

    【2022年最新】びっくりドンキーの新作メニュー&キャンペーンまとめ

  10. MAR 17TH, 2022BY Re ◡̈

    エンターテインメント

    【総勢31組】2022年注目の「第4世代」男性K-POPアイドル特集

関連するカテゴリー