POSTED BY 金子愛掲載日 MAY 30TH, 2021

【世界のニューノーマル最前線・AUS】eスクーターで地元観光が大人気

次世代モビリティとして、日本でも普及が進む電動キックボードこと「eスクーター」。コロナ禍の中、「密を避けられる移動手段」ということで、気になっている人も多いのではないでしょうか?筆者の暮らすオーストラリア・クイーンズランド州では、「eスクーターで観光を楽しむ、地元民が急増加」。現地から最新事情をお届けします!

目次

日本と違う?オーストラリアのeスクーター規制

Marlon Trottmann / Shutterstock.com

オーストラリアの交通ルールは州やテリトリー毎に定められているため、eスクーターの導入状況は地域によってまちまち。今回は、筆者の暮らすクイーンズランド州のルールをお伝えします。

まず第一に、eスクーターは車道ではなく「歩道でのみ走行可能」。ここが一番日本と大きく異なる点ではないでしょうか?また下記の通り細かなルールがあり、違反すると少なくとも$133(約1万1300円)の罰金が課せられます。

【QLD州内での主なルール】

●16歳以上であること。ただし大人の監視下であれば12歳以上から使用可

●時速25キロ以下での走行

●規定のヘルメットを着用

●1人で乗ること

●スマホなど、モバイル機器の使用禁止(音楽機器も同様)

●飲酒運転禁止

●夜間や危険な状況下では、ヘッドライト・テールライト・反射板を使用すること

更に細かなルールは州政府の公式サイトで確認できます。

eスクーターの街「ブリスベン」

Marlon Trottmann / Shutterstock.com

オーストラリアで最もeスクーターの利用が盛んな街といえば、「ブリスベン」。2018年、国内初のシェアリングサービス「Lime」が導入されたのもこちら。

当時筆者はブリスベン在住だったので、その時のことは今でも鮮明に覚えています。「何この近未来的乗物は!?」と、沸き立つような高揚感に包まれたものです。しかも乗っている人たち全員、大の大人が満面の笑み。物凄く楽しそう・・・。あまりにも利用者が多いので、何かのイベントかと思ったほどです。

コロナ禍の影響により利用率が低下した時期もありましたが、2021年3月にはコロナ禍以前と同じまでに回復。1日5,000回もの利用があると、地元メディア(ABC Radio Brisbane)は報じています。

マイ・スクーター派多し!「ゴールドコースト」

一方ブリスベンの隣町「ゴールドコースト」では、同じ州にも関わらずシェアリングサービスはありません(2021年5月現在)。過去、一時的に導入されたこともありましたが、安全面の懸念から現時点では利用できるサービスはなし。

では、まったくeスクーターを見かけないのかというと、そんなことはありません。マイ・スクーター保有者が俄然多いんです。購入となると安価なもので$200(約1万7千円)、上は$4,000(約33万円)以上する高額なものまでとさまざま。移動手段として日常的に使う場合、乗り心地などを踏まえると$1,800(約15万円)程度のものがおすすめのようです(ecorides.com.au 調べ)。

レンタル会社でNEWモデルを先取り

マイスクーターを楽しむ人が多いゴールドコーストですが、実はeスクーターを貸し出すレンタル会社も充実しています。例えば「RENT & RIDE」では、三輪など珍しいタイプが利用可能。クールなデザイン、抜群の安定性、子どもと一緒に楽しめるとありファミリー層から大人気。他にもさまざまなタイプがあるので、乗り比べするのも楽しそう。

環境に優しいeスクーターで、地元観光がニューノーマル

海外旅行はおろか、他州への旅行も難しい状況が続くなか、地元観光への注目が高まるオーストラリア。筆者の周りでも「サーファーズ・パラダイス」「サウスポート」「バーレーヘッズ」など・・・、ド定番の観光スポットを、eスクーターでめぐる地元民の姿をよく目にします。「今一度、地元の良さを見つけに行こう」「コロナ禍の影響を受けたローカルビジネスを少しでも救いたい」そんな思いを持つ人も少なくありません。また環境に配慮した暮らしを心がけるこの国の人々にとって、二酸化炭素を排出しないeスクーターは、サスティナブルな移動手段としても理想的。その需要は今後更に拡大していきそうです。

【参照】

What’s the Future of Micromobility in Australia?

E-scooters sales boom in Brisbane as shared e-scooter patronage returns to pre-COVID levels

[Photos by Shutterstock.com] 

関連するタグ

金子愛
カネコアイ/ライター

2006年渡豪。役者として映画やミュージックPVなどに出演した後、撮影コーディネーターに。日本ではTV番組制作や旅メディア運営を経験。現在「暮らすように旅して、旅するように暮らす」をモットーに、”暮らし旅ライター”として活動中。紹介記事:https://kenokoto.jp/50354

著者のプロフィールを詳しく見る

RANKINGランキング

  1. JUN 18TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション > ウエア

    【着用レビューあり】「Mame Kurogouchi×ユニクロ」のインナーがコスパ最強!

  2. MAR 14TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    ワークマン「真空保冷ペットボトルホルダー」フィッティング検証【キャンプ好き編集者がレビュー】

  3. MAR 8TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    ワークマン「真空ハイブリッドコンテナ」保冷力リアル検証【キャンプ好き編集者がレビュー】

  4. APR 1ST, 2021BY ひつじ

    ファッション > 小物

    ワークマン「2021年おすすめサンダル3選」編集部がサイズ&使用感も徹底検証

  5. APR 24TH, 2021BY ターキー

    ファッション > ウエア

    【ワークマン2021年春夏新作】キャンプで使える防虫加工ウエアおすすめ厳選5着

  6. JUN 14TH, 2021BY ひつじ

    エンターテインメント > 動画/TV

    【2021最新版・厳選】Netflix<ネットフリックス>おすすめ49作品〜話題の韓国ドラマから海外最新作まで〜

  7. APR 17TH, 2021BY ターキー

    ファッション > ウエア

    【ワークマンのおすすめバッグ7選】キャンプ&アウトドアで重宝!2021年春夏

  8. MAR 12TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【ワークマン人気キャンプ用品8選】おすすめギアをエディターが厳選&徹底レビュー|3月23日更新

  9. MAY 1ST, 2021BY ターキー

    ファッション > ウエア

    【ワークマンのスタッフが厳選】2021年春夏おすすめ「ストレッチパンツ」ベスト4

  10. FEB 6TH, 2021BY ターキー

    ファッション > ウエア

    【ワークマン人気パンツランキング】防水・撥水パンツ編(2021年2月5日)

関連するカテゴリー