POSTED BY 北 秀昭掲載日 JUN 23RD, 2021

日本でも電動バイク(EV)が浸透中!「MQiGT」は2人乗り可能な34万9800円

「電動バイク(EVスクーター)は非力」、「電動バイク=充電が面倒」というイメージを抱いていませんか?今どきの電動バイク(EVスクーター)は、日進月歩で進化中。パワフルで2人乗りもでき、しかも家庭用コンセントで手軽に充電できるから非常に便利。バッテリーに充電する電気代は、ガソリン代より安い。しかも車両価格は、ガソリン車並み、もしくはそれ以下に設定されたモデルが続々と登場。電動バイクの先進国、中国のメーカー・NIU(ニウ)の「MQiGT(エムキューアイジーティー)」は、日本では2021年6月上旬に発売されたばかり。最高時速は70km/h、航続距離は80km(DYNAMIC モード時)、価格は34万9800円(消費税10%込)。車両区分は原付二種、普通二輪小型限定免許(AT限定)以上で運転OKです。

目次

電動バイク(EVスクーター)大国・中国の国内事情

中国有数の大都市である上海市内

中国は電動バイク(EVスクーター)の先進国。特に都市部では、電動バイクが驚くほど普及しています。自動車が増え過ぎたため、都市部への自動車やバイク(エンジン車)の乗り入れが規制されているのも大きな理由です。また、中国において、電動バイクは基本的に自転車扱いとなるため、運転免許証や自賠責保険への加入義務がないのも特徴です。これらにより、「都市部への乗り入れが禁止されていない」電動バイクの人気が高まりました。

日本において電動バイクは、エンジン車と同等に扱われており、運転免許証も必要で、自賠責保険の加入も必須。ヘルメット着用の義務もあります。また、運転免許の区分は下記のように定義されています。

日本の電動バイク・運転免許の区分
・最高出力0.6kW以下…原動機付自転車免許
・最高出力1.0kW以下…小型限定普通二輪免許
・最高出力20kW以下…普通二輪免許
・最高出力20kW超…大型二輪免許

このように中国とは扱いが異なるため、日本ではまだまだ「自転車扱い」の電動アシスト付き自転車が人気。それらも影響し、電動バイクが広く普及するまでに至っていませんが・・・。

昨今では、エンジン車の「ガソリン代」よりも「電気代」の方が安く、しかもエンジン車並みにパワフル。加えて車体価格を抑えたモデルも、続々と輸入販売されるようになってきました。これらのモデルが、「都市部の新しいもの好き」の若者を中心に、注目されています。

パワフルな原付二種(125ccクラス)で最高速度は70km/h。2人乗りもOK

可愛いフォルムの電動バイク「MQiGT(エムキューアイジーティー)」

中国の電動バイクメーカー「NIU(ニウ)」の電動バイク「MQiGT(エムキューアイジーティー)」は、2021年6月上旬に発売された便利なシティコミューターです。

パワー・免許証区分は、最高出力1.0kW以下・小型限定普通二輪免許の「原付二種(125ccクラス)」に属し、「原付一種(50ccクラス)」にある30km/h速度制限、二段階右折義務は適用されません。原付二種(125ccクラス)のため、2人乗りできるのもポイントです。

MQiGTは国内では原付二種(125ccクラス)に属すため、2人乗りも可能

最高速度は70km/h。交通量の多い幹線道路でも流れ、安全に走行できるのもうれしいところ。航続距離は約80km(DYNAMICモード時)で、近場の移動や普段使いにも最適です。

MQiGTは「回生ブレーキ」を活用する事で、減速時にモーターが発電し、バッテリーに充電。これにより航続距離を伸ばしているのです。また、「クルーズコントロール」で速度維持もできるため、長時間走行時などの疲労軽減にも繋がります。

ホワイト
シルバー
ブラック

着脱式バッテリーは家庭で充電可能

2個のバッテリーがシート下に搭載されています。着脱可能なので、家庭用コンセントで簡単に充電OK。マンションやアパート居住者でも、手軽に部屋へ持ち帰ることができます。0%から100%までの充電は約4.5時間と、NIUシリーズのなかでも比較的短時間でフル充電が可能です。

家庭用コンセントで充電できる、着脱可能なバッテリーを採用。フル充電時間は4.5時間

盗難防止にも役立つ!スマートフォンのアプリでバイクを管理

スマホ専用アプリとも連携

NIU専用アプリ「NIU E-Scooter」と連携することで、走行距離や車両状態、バッテリー残量などを確認可能。また、バイクにはGPS追跡機能が内蔵されているので、停車場所などを確認できるのも特徴です。

また、車両に不審な動きがあった際にアプリにアラートが届き、位置情報が更新がされるので、盗難防止効果も期待できます。このようにスマートフォンと連動させられる点も、若者から注目を集めている大きなポイントです。

デイタイムランニングライト(昼間走行灯)の採用で被視認性を向上

外部からの視認性を高めたMQiGTのヘッドライト

MQiGTのNIUシリーズでは、日本初機能となる「デイタイムランニングライト(昼間走行灯)」を採用。これは暗闇を照らすヘッドライト機能に加え、“昼間走行灯”を備えた画期的なシステム。走行時の安全性をさらに意識し、アップしているのが特徴です。

デイタイムランニングライトのオートライトモードを使用すると、日中は昼間走行灯=デイライト、夜間はヘッドライトへ自動で切り替わります。昼夜問わずにライトを点灯することで、対向車や歩行者からの視認性も高まり、事故を未然に防止することに繋げられるということです。

「NIU MQiGT」の主要スペック

クラス:原付二種
バッテリー種類:リチウムイオン電池
定格出力:1,000W
最高速度:70km/h
航続距離:80km(DYNAMICモード時)
バッテリー定格容量:1,488Wh(48V/31Ah)×2
バッテリー重量:11㎏×2
充電時間:4.5h
車体重量:115㎏
サイズ(L×W×H):1,949×700×1,171mm
シート高:816mm
最低地上高:165mm
ブレーキ(前・後):CBS(ディスク・ディスク)
タイヤサイズ(前・後):前(90/90-14)・後(110/80-14)
アプリ対応:〇
乗車定員:2名
灯火類:LED
カラー:グレー、ホワイト、ブラック
製造国:中国
発売時期:2021年6月上旬
免許区分:AT小型免許
車両区分:原付二種
販売価格:34万9800円 (10%消費税込)

NIU MQiGTについての問い合わせ
株式会社MSソリューションズ
URL:https://www.xeam.jp/

関連記事
>>>注目電動スクーター「キムコF9」の実力解剖!最高110km/h&航続距離120km
>>>マクドナルドも導入!注目電動3輪バイク「AAカーゴ」は課題解決の有効手段に
>>>【新世代の電動バイク】2人乗りもOK!自転車機能付「マーベリックS1」とは?

関連するタグ

北秀昭
編集者/ライター

神戸~東京築地~横浜~兵庫姫路~大阪京橋育ち。瓦敷き職人助手、空手師範代助手、ダスキ〇のお掃除部隊等に従事しながら高校・大学を卒業後、旅行グルメの編プロを経て、車やバイクに特化した出版社に勤務。バイク専門サイト「4ミニ.net」運営。 https://4-mini.net/

著者のプロフィールを詳しく見る

RANKINGランキング

  1. MAR 24TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    ワークマン2021年人気アイテム「マリンシューズ」徹底検証【購入レビュー】

  2. MAR 8TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    ワークマン「真空ハイブリッドコンテナ」保冷力リアル検証【キャンプ好き編集者がレビュー】

  3. APR 1ST, 2021BY ひつじ

    ファッション > 小物

    ワークマン「2021年おすすめサンダル3選」編集部がサイズ&使用感も徹底検証

  4. APR 24TH, 2021BY ターキー

    ファッション > ウエア

    【ワークマン2021年春夏新作】キャンプで使える防虫加工ウエアおすすめ厳選5着

  5. MAY 22ND, 2021BY ターキー

    ファッション > ウエア

    【ワークマンのスタッフが厳選】2021年春夏おすすめ「ショートパンツ」ベスト4

  6. JUL 22ND, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【全室オーシャンビュー】淡路島初の客室温泉付きグランピング「GLAMP MARE-グランマーレ-淡路」開業

  7. MAR 12TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【ワークマン人気キャンプ用品10選】おすすめギアをエディターが厳選&徹底レビュー|6月29日更新

  8. JUN 19TH, 2021BY ひつじ

    ライフスタイル > 暮らし/生き方

    「コロナワクチン接種」で受けられる特典&お得な割引21選!ホテルやグルメも|7月13日更新

  9. MAY 23RD, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション > ウエア

    ワークマン「水陸両用撥水パッカブルショートパンツ」徹底検証&ライバル比較

  10. JUL 13TH, 2021BY minacono

    ライフスタイル

    【お米のおいしさそのまま糖質最大45%カット】「マクアケ」おすすめ品徹底紹介 | 炊飯器LOCABO(ロカボ)

関連するカテゴリー