POSTED BY ノーヴィス編集部掲載日 JUN 30TH, 2021

スノーピーク「Snow Peak TAKIBI LOUNGE」体験レポート!日帰りグランピング的焚火遊びが最高に楽しいワケ

密を避けられるレジャーとして人気が高まるキャンプ。そのなかでも、手ぶらで訪れて豪華体験が満喫できるグランピングもブームになっていますよね。そんななか、東京都昭島市にある「スノーピーク 昭島アウトドアヴィレジ」に、なんとも新鮮なスポット『Snow Peak TAKIBI LOUNGE(スノーピーク 焚火ラウンジ)』が2021年7月1日(木)にオープンします。そこで今回は、同スポットの遊び方を探るべく、オープン前に行われたメディア向け体験会にお邪魔してきました。キャンプ場ではない場所で焚火を囲む・・・。いったいどんな体験が待っているのでしょうか。

目次

東京・昭島に「Snow Peak TAKIBI LOUNGE」が 7月1日にオープン

今回novice編集部が訪れたのは、2021年7月1日(木)にオープンを控えた『Snow Peak TAKIBI LOUNGE』です。新宿駅から電車に乗ること約40分。到着した昭島駅北口から徒歩で約5分のところに見えてきたのが、アウトドアの名店が軒を連ねる「モリパーク アウトドアヴィレッジ」です。

この人気ショッピングモールのなかに「スノーピーク 昭島アウトドアヴィレッジ」も店舗を構えているわけです。とはいえ、キャンプ好きの筆者も何度も訪れたことがありますが、これまでは同店には焚火が楽しめるようなるような場所はありませんでしたよね。

新宿から約40分の泊まらないグランピング

ということで、現地で案内されたのは、店舗敷地のウッドチップが敷かれたアウトドアスペースでした。どうやら、ここが今回の目的地『Snow Peak TAKIBI LOUNGE』のよう。タープが張られ、焚き火台の周りを囲むようにチェアやテーブルがレイアウトされています。よく観察すると、グリルやキッチン用品なども。

なるほど。「手ぶらで来られるように、必要なものはすべてレンタル可能」という言葉通り、用意されているスノーピークのギアを使って焚火が楽しめる場所だというわけなのですね。

準備も片付けも不要。仕事終わりにふらっと訪れたとしても、豪華なアウトドア体験が手軽に楽しめるスポットなのです。タープの下で過ごせるので、雨の日だって焚火OK。そんな、泊まらない日帰りグランピング的な遊びが満喫できるスポットが誕生するのです。

2時間の焚火からデイキャンプ体験まで

Snow Peak TAKIBI LOUNGEで体験できるのは、人数分のチェアと焚火台などがセットの「TAKIBIプラン(2時間)」、BBQギアも加わる「手ぶらBBQプラン」(3時間)、さらに幕体(テント)もプラスされる「デイキャッププラン」(訪店~19時まで)の3種類。いずれも、スノーピークのギアを使ったアウトドア体験が気軽に満喫できるものです。

TAKIBIプランでは、おつまみセットやスモアセットなどの同店の軽食メニューをオーダーしたり、手ぶらBBQプランやデイキャンププランでは、持ち込んだ食材でバーベキューを味わうことも。デイキャンププランではテントで一休みするのも楽しいはずですよね。

■TAKIBI プラン(2時間)
・セット内容:薪1束、焚火台L、ベースプレート、炭床、火ばさみ、チェア、Myテーブル
・価格:5,500円(税込)/ 1組4名まで(追加大人1名 1,650円(税込)、高校生以下 880円(税込)、小学生以下無料 最大6名まで)

■手ぶらBBQプラン(3時間)
・セット内容:薪1束、TAKIBIプラン、ガーデンユニット、リフトアップBBQ、ピッツ、カトラリー、シェラカップ
・価格:11,000(税込)/1組4名まで(追加大人1名1,650円(税込)、高校生以下880円(税込)、小学生以下無料 最大10名まで)
・食材:持ち込み

■デイキャンププラン(訪店~19時)
・セット内容:薪1束、TAKIBIプラン、BBQギアセット、ギア各種
・価格:16,500円/1組6名まで(追加大人1名1,650円(税込)、高校生以下880円(税込)、小学生以下無料 最大10名まで)
・食材:持ち込み

と、プラン表を眺めていて気が付いたことがもう一つ。ここまで至れり尽くせりであるのにもかかわらず、とても良心的なプライス! 一番高額になるデイキャンププランを選んだとしても、6名で利用すれば1名あたり3,000円以下。1日たっぷり遊んでこの価格なら、何度でも利用したくなるのは間違いありません。

都心から約1時間の焚火の新名所に

都内では焚火が楽しめる場所が少なく、感染拡大予防の観点から都立公園などのバーベキュー広場も軒並み閉鎖中。Snow Peak TAKIBI LOUNGEは、そんな行き場を失った焚火ラバーたちの新名所になるかもしれません。

また、スノーピークのギアを使って楽しめるので、キャンプビギナーさんのお試し体験の場として活用するのもよさそうですよね。都心から1時間程で訪れられるので、初めての人をキャンプ場に誘うのよりもずっとハードルが低くなるのもうれしいところではないでしょうか。

こんな新感覚な焚火スポットですが、オープン前にしてすでに多くの予約が入っているのだとか。さすがアウトドア好きの皆さんはお目が高い! ということで、まだの人は早めにチェックするのがおすすめですよ~。

■Snow Peak TAKIBI LOUNGE(スノーピーク 焚火ラウンジ)
【所在地】東京都昭島市田中町610-4「スノーピーク 昭島アウトドアヴィレッジ」屋外スペース
【営業時間】TAKIBI LOUNGE:12:00~19:30(17:00最終受付)/物販:平日11:00~20:00、土日祝10:00~20:00
【定休日】水曜日
【オープン日】2021年7月1日(木)
特設サイトはこちら
店舗公式サイトはこちら

関連するタグ

ノーヴィス編集部
編集者/ライター

noviceは「ニューノーマルと⾃由」をテーマにした情報メディア。何も知らない初⼼者の気持ちを忘れずに、この時代を「体験」しながら、モノやコトの新しい「選び⽅」や「使い⽅」を発信していきます。

著者のプロフィールを詳しく見る

RANKINGランキング

  1. JUL 30TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    ワークマン「アーバンハイク」撥水力検証!街で履けるアウトドア靴の実力は?ジャスパーとの比較も

  2. MAR 24TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    ワークマン2021年人気アイテム「マリンシューズ」徹底検証【購入レビュー】

  3. AUG 1ST, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    【売り切れ必至】ワークマン初の「超こだわりリュック」が8月上旬登場!本格アウトドア&旅モデルも

  4. MAR 8TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    ワークマン「真空ハイブリッドコンテナ」保冷力リアル検証【キャンプ好き編集者がレビュー】

  5. JUL 30TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    スノーピーク×JINSのコラボモデル登場!全4シリーズは偏光レンズ&サコッシュも付属

  6. AUG 2ND, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    ワークマンのアウトドアシューズ第3弾「フロストハイク」が8月発売決定!

  7. MAR 12TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【ワークマン人気キャンプ用品10選】おすすめギアをエディターが厳選&徹底レビュー|6月29日更新

  8. APR 1ST, 2021BY ひつじ

    ファッション > 小物

    ワークマン「2021年おすすめサンダル3選」編集部がサイズ&使用感も徹底検証

  9. JUN 19TH, 2021BY ひつじ

    ライフスタイル > 暮らし/生き方

    「コロナワクチン接種」で受けられる特典&お得な割引25選!ホテルやグルメも|7月30日更新

  10. JUL 31ST, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    ワークマン「空調ウエア」を徹底検証!ファンが隠れるアーバンアウトドアシリーズの実力とは?

関連するカテゴリー