POSTED BY さやか掲載日 AUG 6TH, 2021

【関東・関西・東海】秘境グランピング施設おすすめ16選!無人島や球体テントも

グランピングブームが到来していますが、「施設がたくさんあって選ぶのが大変」と感じている人も少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、全国にあるグランピング施設のなかから、無人島や山奥など、「秘境感」たっぷりの特別で豪華なグランピングスポットを厳選して紹介します。関東・関西・東海エリアを中心にお届けするので、普段のキャンプでは体験できない感動があなたを待っていますよ!

目次

「グランピング」と「キャンプ」の違いとは?

近年人気が高まる「グランピング」ですが、一般的なキャンプとは何が異なるのでしょうか。

「グラマラス」と「キャンピング」を掛け合わせた言葉として「グランピング」が誕生しましたが、その言葉の通り「華やかなキャンプ」のことを意味しています。

キャンプではテントや寝具、調理器具を自分で準備する必要がありますが、グランピングでは、それら必要キャンプ用品ほとんどを施設が用意してくれていることが多いのが最大の特徴です。しかも、冷暖房完備のドームテントや、ハイクラスのベッドなど、ホテル並みの設備が整えられていることがほとんどで、アウトドア体験に慣れていない人もストレスなく過ごすことができるのも大きなポイントです。

【用意されている設備の例】

  • 冷暖房付きテント
  • テーブルやイス
  • 家具やカトラリー
  • 寝具
  • 調理器具
  • 食材
  • アメニティ類
  • 冷蔵庫などの電化製品

それでは、ここからは主に関東・関西・東海にあるグランピング施設のなかからおすすめを厳選して紹介します。いずれも「秘境」を満喫できるスポットばかりなので、いつもとは違うキャンプ体験を求めている人はぜひ!

モグラ駅に登場「DOAI VILLAGE」(群馬県)

「日本一のモグラ駅」としても広く知られるJR上越線の無人駅「土合駅」に、2020年11月にオープンした「DOAI VILLAGE」。谷川岳や湯檜曽川(ゆびそがわ)の壮大な大自然を、駅直結の好アクセスで満喫できる秘境グランピングスポットです。

駅の周りにはドーム型テントが4棟。宿泊プランはスタンダードプランのほか、大人4名以上(最大10名)の利用なら、DOAI VILLAGEをまるごと貸切できる「貸切プラン」も選べます。お風呂の代わりにフィンランド式サウナが用意されているので、冬季は温まった身体で雪の中にダイブする、ここでしかできない楽しみ方も。

宿泊プランには朝夕の食事も付いてきます。夕食は地元のキノコを使った鍋料理、朝食には自分たちで作るホットサンドを! 食事が提供されるのは、かつての駅務室をほぼ当時のまま活用した、どこかなつかしい雰囲気が漂う喫茶店「駅茶(えきっさ)」。実際に使用されていたきっぷ売り場をカウンター席として利用するなど、趣のある空間も楽しめます。
※駅茶は宿泊者以外も利用可能です 

>>>https://villageinc.jp/doaivillage/

>>>DOAI VILLAGEにもっと詳しくなれる記事はこちら

北尾根高原の絶景を独り占め!「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN」(長野県)

アウトドアブランド・スノーピークがプロデュースする最高峰のグランピングフィールド「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN」。世界有数のスキーリゾートとしても名高い白馬・八方尾根の北尾根高原のダイナミックな絶景とともにグランピングを楽しめます。

客室は、スノーピークが同スポットのために開発した特別仕様のテント7棟に加え、建築家・隈研吾氏デザインの1室限定のモバイルハウス「住箱−JYUBAKO−」も。広々としたウッドデッキや、室内に設置されたスノーピーク製のアイテムの数々が、上質な空間を演出しています。
※宿泊は6~10月のグリーンシーズンのみ
※1~3月は、スキーなどで白馬村に滞在する人を対象に「グランピングディナーツアー」を開催(要予約。開催時期は変更になる可能性もあります)

森のトレイルやご来光、カヌーランチ(オプション)、八方池トレッキング、高原マッサージ(オプション)など、魅力的なアクティビティも目白押し。現地を知り尽くしたコンシェルジュが、予約時からサポートをしてくれるので、初めての滞在も安心です。
※体験可能なアクティビティは季節・天候によって異なります

ディナーは、新進気鋭のシェフが手掛けるこだわりの創作コース料理。自然のダイニングで、信州・長野産の食材を活かした料理を希少な長野ワインとのペアリングで堪能できます。ディナー後に焚き火を囲んで語らえる「焚き火バー」も楽しみのひとつ。長野県白馬村の雄大な大自然に包まれて、感動のグランピング体験をしてみてはいかがでしょうか。

>>>https://fieldsuite-hakuba.com/

>>>Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGENにもっと詳しくなれる記事はこちら

サーカス団気分が味わえる「Circus Outdoor TOKYO」(東京都)

旅するグランピング集団「Circus Outdoor」が、奥多摩の森に提供する初の常設型フィールドです。コンセプトは『なにもしないことをする』。随所に散りばめられたファンタジックな仕掛けが、非日常の世界へ誘います。

客室は、コンセプトの異なる個性的な5つのテント。サーカスクルーの控室や、衣装部屋など、いずれもサーカス団にまつわるそれぞれのコンセプトに合わせた、こだわりの家具や小道具がそろえられています。

食事は、旅や一流ホテルで修行を積んだシェフによる、世界中の食材を使った料理を。『Circus Restaurant OTTO』の幻想的な雰囲気の中、一皿ずつ込められたストーリーを聞きながら味わう料理は格別です。

また、ここで綴った手紙に、オリジナル切手を貼ってポストへ投函してくれる「森で綴る時間」という人気のコンテンツも。静かな森の中、想いを手紙にしたためる穏やかで特別な時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。
※15:30までにチェックインしたゲストが対象です

>>>http://circusoutdoor.com/

>>>今行きたい!「Circus Outdoor TOKYO」の徹底紹介記事

登山を満喫して辿り着く「WOODLAND BOTHY」(東京都)

東京都あきるの市の山中に位置する、東京に残された秘境。1日1組限定のプライベート空間で自分たちだけの特別なひとときが過ごせます。大型のテント内には、広々としたリビングスペースとキングサイズのベッドを2台完備。展望ウッドデッキからは絶景が広がります。

施設までは、山道を登ること約30分。本格的な登山道を歩く道のりは、まるで秘密基地を目指す冒険のようです。自らの足で森林の中を歩くワクワク感は、WOODLAND BOTHYならでは。

食事は、1組のために仕入れた食材を専属シェフが調理。木々に囲まれたテラスで味わえます。希少価値の高い東京都産の高級ブランド黒毛和牛「秋川牛」や地元の野菜を、薪と炭で焼き上げるグリル料理は、素材の旨みが堪能できると好評です。

>>>http://woodlandbothy.jp/

>>>「WOODLAND BOTHY」の徹底紹介記事はこちら

鹿の音グランピングリゾート-HANASANSUI-(千葉県)

養老渓谷の奥地にある旅館「鹿の音がこだまする御宿 離れ 花山水」が運営する、県立養老渓谷奥清澄自然公園内の施設です。川のせせらぎが聞こえるやすらぎに満ちた空間で、ゆったりとした時間が流れています。

客室は、シンプル、ラグジュアリー、スイートの3プランのほか、2021年初夏に新たにデザイナーズコテージもオープンしました。コテージにはエアコンが完備されているので、いつでも快適に過ごすことができるのもうれしいところ。シンプル以外の客室にはシャワーとトイレも設置されています。

食事は、開放的なテラスで楽しむバーベキューを。すぐ庭先まで遊びにくる野鳥や鹿などの訪問者に癒されるかも。大自然に囲まれながら、非日常の豊かな休日を過ごしてみませんか?

養老渓谷は「養老八景」などの名所があり、見どころが豊富なエリア。グランピングと一緒に秘境の観光も楽しみたい人には、特におすすめのスポットですよ。

>>>http://sikanone.sakura.ne.jp/

>>>「鹿の音グランピングリゾート‐HANASANSUI-」の徹底紹介記事はこちら

素敵な手作りサイトで過ごせる「立杭てらす」(兵庫県)

三田西ICを降りて車で約15分。多紀連山の主峰・御嶽や西ヶ嶽などの自然に囲まれる兵庫県丹波篠山市に位置する、「ワタシグランピング」をコンセプトに掲げた手づくりサイトが特徴のグランピング施設です。

写真は、タマネギのような大型テント「オニオン」。ベッドが4台置ける広々とした空間で、3人掛けのソファや1人掛けソファ、テーブル、エアコン、冷蔵庫なども完備しているので、ホテルに滞在しているかのような快適な時間を過ごすことができます。

他にも、立杭焼きで使われるのぼり窯のような形をした縦型の「のぼり窯」や、大きな窓から自然や夜空が見渡せる「マロン」といった個性豊かな客室で、秘境グランピングを満喫できますよ。

テント外にはガスレンジやタープ、ハンモックなども備えられているので、バーベキューなどを楽しみながら大自然の中でくつろぐことも。焚火を囲みながら星空をもと、日常を忘れる夜もたまにはいいですよね。

また、丹波焼や名産の豆や栗、オーナーの田んぼで収穫された米などが販売されている売店も見逃せません。無料レンタルの調理道具もあるので、購入した名産を味わうのもおすすめです。

他にも、日本六古窯にも数えられる本場「立杭焼」の陶芸体験(要予約)や、カラオケ設備(要予約)など、思い出に残るアクティビティも豊富に用意されていますよ。

>>>https://tachikui-terrace.com/

>>>「立杭てらす」の徹底紹介記事はこちら

本州最南端の絶景を!「南紀串本リゾート大島」(和歌山県)

すさみ南IC・熊野大泊ICから南下して車で約40分。紀伊山地を背にする、本州最南端の地・和歌山県串本町の南紀串本リゾート大島内にあるグランピング施設です。

同スポットでは、最大4名でワンポールテントでのキャンプ体験が楽しめます。屋根付きのウッドデッキにテントが張られているので、雨の日でもOK。ハンモックも備えられているので、風を感じながらのアウトドアならではの楽しみも満喫できます。22時の消灯後には美しい星空が一面にひろがりますよ。

テント内には、ダブルベッド2台のほか、テーブルやクッション、AC電源、エアコンなど、快適に過ごすことができる設備が整えられています。

本州最南端の海を眺められる絶景露天風呂も見逃せません。アウトドアでの心地よい疲れを癒すのにぴったり。貸し切り露天風呂も4部屋限定で利用可能ですよ。

>>>https://resortohshima.com/

清流で川遊びも楽しめる「RIVERSIDE GLAMPING Nuts」(滋賀県)

鈴鹿山脈や東近江市を流れる一級河川・神崎川の景観を望む、滋賀県東近江市にある人気の秘境グランピング施設です。

川辺5mテント、川辺4mテント、山側5mテント、山側6mテント、山側6m×4mテントといった、自然を満喫できるロケーションでグランピングを楽しめます。クッションや絨毯が敷かれたコットン素材のワンポールテントには、ミニ冷蔵庫や電気ケトルなどの電化製品も完備。屋根付きのウッドデッキも備えられているので、雨の日でも快適にバーベキューを楽しめます。

場内には透明度抜群な一級河川・神崎川も流れています。暑い日には川遊びするのもおすすめ(12~3月は閉鎖)! 同地では、キャニオニングなどのアクティビティも案内してもらえるので、なかなかできない体験に心が躍るはずです。川面が見渡せる絶景ブランコも人気ですよ。

車で約20分のところには、「永源寺温泉 八風の湯」もあります。グランピング施設の受付棟にて割引券(300円オフ)がもらえるのでお得に楽しむことができますよ。愛知川が一望できる露天風呂で癒してみてはいかがでしょうか。

>>>https://nuts-camp.com/

日本一気軽な無人島キャンプ「地ノ島」(和歌山県)

和歌山県有田市に浮かぶ「地ノ島」。本州から渡し船でアクセスする秘境感たっぷりなロケーションにアウトドアファンも首ったけ! とはいえ、関空から約1時間・大阪市から約1時間半でアクセスできるので、「日本一気軽に無人島キャンプが楽しめる場所」として愛されているスポットでもあるのです。

東京ドーム約10個分の広さの同地では、和歌山県トップともいわれる透き通った海が待っています。「日帰りバーベキュー」や、定期船が往来しない場所での1日1組限定&ビーチを独り占めできる「サバイバルキャンプ」など、無人島の大自然の中でさまざまな体験を満喫できますよ。

また、注目したいのが2021年春に新設された「プライベートエリアプラン」です。開拓された内陸部のエリアを1日1組限定で貸切ることができる贅沢なもの。グランピングテントのほか寝袋やバーベキューセットなどを無料で使用できるので、キャンプ用品を準備する必要はなし。トイレも完備されていてキャンプビギナーも安心して無人島キャンプが楽しめるというわけです。

>>>https://jinoshima.mujinto.jp/

>>>「地ノ島」の徹底紹介記事はこちら

大人のグランピングを楽しむならここ!「EARTH SHIP Camp&Field」(岐阜県)

名古屋市内から車で約1時間の岐阜県郡上市美並町に位置するグランピング施設です。1日4組・18歳以上限定とされた、落ち着いた環境のなかで自然を満喫できるのも魅力です。

合計4張り(定員4名×2張り・定員6名×2張り)のワンポールテントは、ベッドやローテーブル、椅子、ハンガーラック、Bluetoothスピーカーなどが設置された快適に寛げる空間に。センターハウスには、トイレや洗面所、シャワールームも完備されているので、清潔で快適なアウトドア体験を満喫することが可能です。

各テントサイトでは、備え付け・無料貸し出しの竈や飯盒、ダッチオーブンなどでキャンプ飯を楽しめます。牛ステーキや厚切りオーストラリアンステーキ、サムギョプサルなど、豪華食材のBBQセット(要事前予約)も用意されていますよ。

また、長良川でのラフティングツアーがセットになった宿泊プランも。サービス精神にあふれるスタッフが案内してくれるので、思い切り楽しめるはずです。

>>>https://camp.earth-ship.co.jp/

2段ベッドのテントも楽しい「ひるがの高原 コテージパーク 四季の郷」(岐阜県)

ひるがの高原SA・ETCスマートICから車で約7分。白山連峰を望むひるがの高原にあるグランピング施設です。

同スポットでは、3名向けドーム4棟、4名向けテント3張り、4名向けVIPテント1張りと、おしゃれで個性的な客室で宿泊することができます。プライベートウッドデッキや専用ベンチ、ハンモック、バーベキュー機材も完備されているので、ストレスなく優雅なひと時を過ごせますよ。

こちらは2段ベッド完備のドームタイプの客室内。テーブルや電気カーペット、ヒーターなども備えられているので、季節問わず快適に過ごせる空間とされています。寝袋を借りることができるので、枕やマットを持参して自分好みの寝床を整えるのも楽しいかもしれませんよね。共用の炊事場や洗濯機、トイレ、無料シャワールーム、分別ごみ箱も備えられているので、女性や子ども連れでも安心して楽しめます。

敷地内には、バドミントン&サッカーコートのほかにも釣掘り、水遊び、ドッグランなどのアクティビティも充実しているのもうれしいポイントです。

>>>https://shikinosato.co.jp/

>>>「ひるがの高原コテージパーク四季の郷」の徹底紹介記事はこちら

野生のイルカと泳ぐこともできる「能登島リゾート DolphinSmile&iLuCaf'e」(石川県)

世界農業遺産にも認定されている観光交流の島・能登島にあるグランピング施設です。1日2組限定で美しいビーチを独り占めできる、超贅沢なロケーションはここならでは!

6名まで利用可能なワンポールテントは、ベッドやテーブルはもちろん、おしゃれな暖炉型電気ストーブも設置された素敵な空間! 海岸沿いのテントで一夜を過ごす特別感は、きっと忘れられない思い出になるはずですよね。

絶品能登牛が堪能できる七尾市の名店「焼肉 寿美好」とのコラボBBQも見逃せません。能登牛リブロースステーキや厚切りタンなどが入った贅沢コースに感動すること必至です。

また、同スポットでは、野生のミナミハンドウイルカを船上から観察する「ドルフィンウォッチ」や、イルカと泳ぐ「スイム ウィズ ドルフィン」、SUP・カヤック体験、海ホタルが観察できる「海ホタルんるん♪」などの貴重なアクティビティを体験することもできますよ。

>>>https://www.anri-dolphin-dream.com/

球体テントや住箱-JYUBAKO-で非日常感を!「温泉リゾート風の国」(島根県)

JR山陰本線・江津駅から車で約30分。島根県江津市の人里離れた小高い丘の上に位置する温泉リゾート施設です。

敷地内に広がる森では、宙に浮いているような3張り球体型テント(6.14平方メートル)と、天窓付きドームテント(9.33平方メートル)2張りでグランピング体験を満喫することも。それぞれのテントにはベッド2台やサイドテーブル、冷暖房、無料Wi-Fiのほか、各種アメニティや浴衣なども用意されているので、快適で豪華なひと時を過ごせます。

また、2020年8月10日には、スノーピークの話題のモバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」も設置され話題となっています。新しい物好きのアウトドアファンはぜひチェックしてみてくださいね。

同施設は温泉、レストラン、ホール、地ビールの醸造所などを備えており、グランピング利用者は、温泉「風の国温泉」を利用することも。アルカリ性単純泉のお肌がつるつるになると評判のお湯でリラックスタイムをぜひ!

>>>https://www.kazenokuni.jp/

関連記事
山陰エリア初!人気キャンプ施設にスノーピーク「住箱-JYUBAKO-」が3室新設

話題のテントサウナも楽しめる「瀬戸内 貸切 無人島 KUJIRA-JIMA」(岡山県)

瀬戸内海に浮かぶクジラに見えることで知られている無人島「くじら島」にあるグランピング施設です。無人島に1日1組限定と、秘境感たっぷりのロケーションが魅力的!

宿泊プランは「キャンププラン」や「デイキャンププラン」、「コテージ&グランピングプラン」など多様なプランが用意されていますが、そのなかでも注目したいのが、開放的なコテージやワンポールのキャンバステントを利用できる「コテージ&グランピングプラン」です。

ベッドや家具が配置されたコテージ&テントには、ビーチェアやハンモック、キッチン用品、バーベキューコンロなどが完備。温水シャワールームやウォシュレット付きトイレもあるので、女性やアウトドア初心者も安心して楽しむことができるのではないでしょうか。島内では、1度に4名まで利用できるテントサウナも!

同施設では、通常のキャンププランのテントをオプションでグランピング仕様にすることも可能です。大人数の場合は、コテージ&グランピングプラン(2~14名)がおすすめですよ(詳しくはホームページにて)。

>>>https://www.kujira-jima.jp/

全面網戸で虫嫌いもOK!「蒜山グランピングコテージ森の散歩」(岡山県)

岡山県の人気リゾートエリア・蒜山高原を満喫できるグランピング施設です。極太丸太のログハウスや、屋根付きバーベキューガーデン、クリアテントやタープが備えられたアウトドアリビングなど、自然を満喫できる設備が充実!

グランピングが楽しめるのは、「グランピング・ログコテージ villa」と「グランピング・ログコテージcabin」の2種類。どちらにも全面網戸で覆われた屋根付きバーベキューエリアや、タープテントが設置されたアウトドアリビングが備えられ、焚き火を楽しめるファイヤープレイスも。

また、最大22名まで宿泊できる大型のvillaも5部屋用意されているので、さまざまなスタイルでの宿泊が楽しめるのもうれしいところですよね。

薪割りや焼きマシュマロなどが楽しめたり、渓流で釣った魚をバーベキューで味わえたりと、楽しいアクティビティが用意されているのも魅力です。他にも、岡山県産黒毛和牛が味わえる豪華なグルメプランも! 施設スタッフが炭への着火などの準備もしてくれるので、初めてのバーベキューにもぴったりです。

>>>https://www.morinosanpo.com/

変わり種の宿泊棟も!「CAMP PARK KITO」(徳島県)

標高1,955m・西日本第二峰の「剣山」の麓にある、秘境ならではの大自然をたっぷり満喫できるグランピング施設です。

一級河川・那賀川の支流沿い広がる敷地には、写真のハウスタイプのグランピング棟「ピタゴラン」など、多様な宿泊棟がレイアウト。ピタゴランには、2台のセミダブルベッドやソファが備えられた客室に加えて、専用テラスとバーベキュースペースも備えられているので、優雅なアウトドア体験を満喫することが可能です。

また、半露天の大浴場も利用できるので、遊び疲れたら自然を近くに感じながらの入浴タイムも待っていますよ!

また、キャンプ体験ならではのアクティビティが充実しているのも魅力です。そうめん流し、魚のつかみ取り、ドローン体験など、子どものころに戻ったような気分で楽しめるコンテンツが満載! ピザ焼きやバームクーヘン作り、コタツdeお鍋などのプランも見逃せませんよね。

>>>https://cpkito.com/

今回は、いま話題の「グランピング」が楽しめる全国の施設を厳選して紹介しました。いずれも「秘境」をキーワードとしているので、蜜を避けつつ絶景を楽しんだりプライベートな時間を過ごしたりと、普段のキャンプとは一味違う時間を過ごせるはず。大人のアウトドア体験をぜひ満喫してみてくださいね!


さやか/ライター

カフェでぼーっとすることと、あてもなく散歩することと、おいしいものを探したり食べたりすることが好き。子どもが生まれてからは睡眠も好きになりました。

著者のプロフィールを詳しく見る

RANKINGランキング

  1. SEP 13TH, 2021BY ひつじ

    エンターテインメント > 動画/TV

    【あなたの地元は誰!?】<東京卍リベンジャーズ>の人気キャラが全国のご当地代表に!

  2. JUL 13TH, 2021BY minacono

    ライフスタイル

    【お米のおいしさそのまま糖質最大45%カット】「マクアケ」おすすめ品徹底紹介 | 炊飯器LOCABO(ロカボ)

  3. SEP 11TH, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    ワークマン初!秋冬新作ダウン「高機能モンスターパーカー」を徹底検証

  4. SEP 15TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【ワークマン人気キャンプ用品12選】おすすめギアをエディターが厳選&徹底レビュー|9月15日更新

  5. SEP 7TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション > ウエア

    先着で必ずもらえる品も!ローソン限定「モンスターエナジー」キャンペーン開催

  6. AUG 28TH, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    ワークマンのおすすめ45選!キャンプ用品&レディース&靴もマニアがレビュー付きで徹底紹介

  7. JUN 19TH, 2021BY ひつじ

    ライフスタイル > 暮らし/生き方

    「コロナワクチン接種」で受けられる特典&お得な割引25選!ホテルやグルメも|7月30日更新

  8. SEP 10TH, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    【ワークマン女子向け新作】電熱ヒーター入り「ベスト&ブランケット」が登場

  9. JUL 23RD, 2021BY 北 秀昭

    ライフスタイル

    【最新の電動バイクおすすめ5選】原付二種&自転車モード&GPS付きモデルも!

  10. JUN 29TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    ワークマン「アルミテーブル」をキャンプで検証レビュー【キャプテンスタッグとの違いも徹底比較】

関連するカテゴリー