POSTED BY わたなべ  たい掲載日 AUG 12TH, 2021

【泊まれるゴルフ場】まるでハワイ!?「マウナヴィレッジ」グランピング体験レポ

あのハワイの(!?)ゴルフ場でグランピングが楽しめるという情報をキャッチ! 飛行機には乗ることなく(?)東京からたった3時間の常夏の楽園「スパリゾートハワイアンズ」。日本のハワイといえばココですよね! 2021年7月にオープンしたゴルフ場の中にあるハワイアンズグランピング「マウナヴィレッジ」で、ラグジュアリーなグランピング体験!

目次

緑まぶしいゴルフコースの中にあるパオのような真白なテント

泊まれるゴルフ場ハワイアンズグランピングマウナヴィレッジ

ゴルフ場に泊まるといったら、クラブハウスやホテルをイメージしますが、2021年7月26日に誕生したハワイアンズグランピング「マウナヴィレッジ」は、まさしくゴルフコースの中にあるグランピング施設。

水遊びをたっぷり楽しめる「スパリゾートハワイアンズ」とは打って変わり、山遊びをのんびり楽しめそうな雰囲気。それにしても、どこまでも広がる緑の芝生が気持ちいいこと! いつも以上に空が大きく感じられ、パオのような白いテントが点在する景観は、焚火やBBQなどアウトドアを楽しむには絶好のロケーション。

テントの目の前には、打ち下ろしの西コース1番ホールが広がっています。遠くには山々の稜線が連なり、ゴルフ場ということもあり緑と空のコントラストが美しいこと。ヌケ感も最高ですッ!

BBQなどのアウトドアもいいけれど、やっぱりプールや温泉も楽しみたぁ~い! そんな人もご安心を。「スパリゾートハワイアンズ」までは車で5分ほど。宿泊プランには、2日分の「スパリゾートハワイアンズ」の入場券が付いているので、プールもアウトドアもどちらも楽しめます!

トロピカルな雰囲気を散りばめたリゾートグランピング

受付はクラブハウス内にある、「マウナヴィレッジ」専用フロントで。

宿泊するのは真白な「グランテント」。ウッドデッキ上に、ワンポールテントとアウトドアリビングともなるBBQスペースからなっています。

テーブルや椅子が配されたアウトドアリビングからの眺めも最高なのですが、テント内が気になりますよね!

こちらが客室。ツインベッドが2台配された室内は板張りになっていて、エアコンなども備わり快適そのもの。レイが飾られていたり、フラガールの衣装と同じ生地のファブリックで彩られていたりとトロピカルな雰囲気も。

円形状の室内は約12畳。高さも4mほどあり窮屈さを感じることなく、リゾートグランピングには最高の環境。

エアコンに加えて、電源やWi-Fi、コーヒー、紅茶などのアメニティもそろい、ホテルの客室で過ごしているような感覚。タオルなどはクラブハウスにある大浴場に備えられているので安心。ルームウェアの用意はないので、持参するとよりリラックスできますよ。ランタンなどがグランピング雰囲気を盛り上げます!

温泉を楽しんでのんびり気分

テントから歩いてすぐのクラブハウスには大浴場を完備。もちろん、グランピング宿泊者は自由に利用でき(13~21時)、バスタオルやフェイスタオルなども用意されています。

洗い場は設けられていませんが、「スパリゾートハワイアンズ」の江戸の湯屋をモチーフにした「江戸情話 与市」なども利用することが可能。ギネス世界記録にも認定されたこともあり、泳げるほど広い露天風呂は圧巻。

「グランテント」には、トイレが付いてないのでエリア内の専用トイレを利用。

こちらは、トレーラーハウスを使った「ウッドキャビン」で、客室内にトイレ・シャワーが完備されています。

自然の中で食べるBBQのおいしさ&ボリューム満点の料理

「マウナヴィレッジ」にあかりが灯り始め、いい雰囲気に! 

頬を渡る風が心地好く、何を考えることなく、どこまでも続く緑の芝と茜色に染まっていく空を眺めていたい気分に。そんな夕暮れときに運ばれてくるのが、本日の夕食が詰まったクーラーボックス。

中を開けてみると食べきれないほどの量。早速、専用のBBQグリルを使って調理を開始! といっても、下処理されているのでほとんどの具材は焼くだけでOK。この手軽にアウトドア料理を楽しめるのがグランピングのいいところ。

香ばしい香りが漂います! 福島県産の食材をたくさん使ったこだわりBBQは、福島牛・麓山高原豚・川俣軍鶏とお肉だけでも3種類。これだけでもお腹いっぱいになりそうですが、ロブスター・ホンビノス貝・柳カレイの一夜干し・夏野菜・肉巻きご飯チーズスティック・チーズフォンデュ・サラダなどと、食べきれないほどのボリューム。デザートのパンケーキに辿り着けるか心配・・・。

風の音や自然の匂いなどを感じながら、ゆっくりといただくのが正解! だって、レストランと違って時間制限などはないのですから。自分たちのペースで休憩を挟みながら、時のおもむくままにゆったり味わう夕食は格別のおいしさ。

後片付けの心配もナシ! 後でスタッフがきれいにしっかり整えてくれます。焚火などを楽しむこともできますよ。

みずみずしい朝の景色に包まれてバゲットを!

テントで眠ったことが嘘のようにぐっすり。清々しい朝は爽快!

朝食はBBQグリルでバゲットを! ソーセージ・ベーコン・ゆで卵・サラダ・フルーツ・・・。夕食に引けを取らない大充実の内容。

朝の冷たい風が吹抜ける中、小鳥のさえずりをBGMに豊かなひとときがゆっくりと流れていきました。

◆ハワイアンズグランピング マウナヴィレッジ(スパリゾートハワイアンズ)
・住所:福島県いわき市渡辺町上釜戸橋ノ上216(スパリゾートハワイアンズゴルフコース内)
・料金:グランテント/1泊2食付き1名2万1,450円~ ウッドキャビン/1泊2食付き1名3万2,450円~(各スパリゾートハワイアンズ入場券2日分付き)
・CHECK IN/OUT:13:00/10:00
・客室数:8棟
・アクセス:電車/東京・横浜・さいたま・西船橋・松戸などから宿泊者専用無(料送迎バスあり 車/常磐道「いわき湯本IC」より約5分)
URL:https://www.hawaiians.co.jp/tomaru/maunavillage/

※2021年8月現在、新型コロナウイルス感染症対策のためサービス体制や料理提供方法などが通常と異なることがあります

[All Photos by ©tawawa]

関連するタグ

わたなべ たい
ライター/エディター/ディレクター

10代のころ、自転車でメキシコ・グアテマラを縦断し多くのことを学ぶ。それをきっかけに情報誌・旅行誌などで豊富な取材を経験。読者やユーザーの案内役・ナビゲーター的な距離感を大切に、ライフスタイルにヒントやうるおいを与える情報を発信。

著者のプロフィールを詳しく見る

RANKINGランキング

  1. SEP 17TH, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    【最速レビュー】『UNIQLO×Theory』のデザイン・サイズ感を試着検証

  2. SEP 15TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【ワークマン人気キャンプ用品12選】おすすめギアをエディターが厳選&徹底レビュー|9月15日更新

  3. [Photo by Hideyuki Tatebayashi] Do not use images without permission.

    SEP 7TH, 2021BY 青山沙羅

    ライフスタイル > ビジネス

    小室圭さんが卒業した全米24位の「フォーダム大学 ロースクール」とは?

  4. JUL 13TH, 2021BY minacono

    ライフスタイル

    【お米のおいしさそのまま糖質最大45%カット】「マクアケ」おすすめ品徹底紹介 | 炊飯器LOCABO(ロカボ)

  5. SEP 23RD, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    【ワークマンの革新アイテム】空気で温める「ポンプウェア」が9月下旬発売

  6. JUN 29TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    ワークマン「アルミテーブル」をキャンプで検証レビュー【キャプテンスタッグとの違いも徹底比較】

  7. SEP 11TH, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    ワークマン初!秋冬新作ダウン「高機能モンスターパーカー」を徹底検証

  8. MAR 8TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    ワークマン「真空ハイブリッドコンテナ」保冷力リアル検証【キャンプ好き編集者がレビュー】

  9. SEP 22ND, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    【ワークマンの秋新作】200万着売れた「レインスーツ」が進化&9月下旬発売

  10. JUN 25TH, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    【#ワークマン女子店舗一覧7選】場所・時間・駐車場情報を網羅!横浜や大阪店も

関連するカテゴリー