POSTED BY ノーヴィス編集部掲載日 AUG 18TH, 2021

日産・新型「Z」をNYで初公開!2022年春に北米市場向けモデルを発売予定

累計180万台の売り上げを記録し、世界で最も売れているスポーツカーの一つとしても愛され続けている、日産自動車の「Z」。同シリーズの新型が、遂に2021年8月18日にニューヨークで開催された特別イベントにて公開となりました。同社の走りへの情熱を象徴する新型「Z」は、まずは2022年春に米国での発売予定とされています。

目次

新型「Z」の北米市場モデルが2022年春発売に

世界中のファンに愛されている、日産自動車の「Z」シリーズ。同社の新型が、2021年8月18日にニューヨークで開催された特別イベントで初公開されました。1969年登場の初代フェアレディZ(S30型)から第7世代となる同車。2020年に生産が終了されたZ34型からさらに進化を遂げて、2022年春に米国で発売される予定とアナウンスされました。

「Sport」「Performance」「Proto Spec」の3グレードの設定

2023 新型「Z」(米国市場)「Performance」グレード

新型「Z」には、「Sport」、「Performance」、「Proto Spec」の3種類のグレードが設定されます。いずれも、最高出力400馬力(405PS)、最大トルク350lb-ft(475Nm)/5,600rpmを発生する新開発3LV6ツインターボエンジン(VR30DDTT)を搭載。クラッチディスクとギヤトレインを強化した6速MTまたは、幅広いギアレンジを採用した新開発の9速ATを選択することが可能とされます。

2023 新型「Z」(米国市場)特別限定仕様車「Proto Spec」

また、240台限定となる「Proto Spec」には、専用の黄色いブレーキキャリパー(Zロゴ付)やブロンズカラーのアルミホイールに加え、インテリアには黄色がアクセントの本革シートなどの、黄色のステッチが随所に施されます。

歴史と最新技術が融合されたエクステリア

2023 新型「Z」(米国市場)「Performance」グレード

新型「Z」は、最新技術を用いつつ歴代のZへのオマージュを感じさせるエクステリアデザインとされているのも見逃せないところです。伝統的な後輪駆動のスポーツカーのデザインを踏襲し、ロングフードや低重心のリアスタンスなどのシルエットは、Zファンならずとも目を惹かれるところではないでしょうか。S30型を彷彿とさせる半円イメージのヘッドライトや、Z32型を連想させるリアコンビネーションランプなども見逃せないところです。

2023 新型「Z」(米国市場)特別限定仕様車「Proto Spec」

ボディーカラーはモノトーン3色と、新色のセイランブルーとイカズチイエローを含む2トーン6色(いずれもスーパーブラックルーフ)がラインナップ。また、Performanceにはリアスポイラーが追加装備されています。

インテリアには先進技術とヴィンテージ感をプラス

2023 新型「Z」(米国市場)「Performance」グレード

12.3インチ・フルデジタルメーターディスプレイを一新し、エンジン回転計の針が真上を指すと同時に、シフトアップインジケーターが点滅してシフトアップを促すなど、重要な情報を一度に表示されるようにされています。また、インストルメントパネル上の3連メーター(ブースト、ターボスピード、電圧)は、ドライバーが見やすい位置へのレイアウトに。さらに、ステアリングホイールは、深いスポークを採用しつつ伝統的な美しさを損なうことなく素早く操作できるようにデザインされているのもポイントです。

米国仕様車主要諸元

【エンジン】VR30DDTT 3.0L V-6 ツインターボ

【最高出力 (hp)】400

【最大トルク(lb-ft)】350 @ 5,600 rpm

【トランスミッション】6速マニュアルトランスミッション・パドルシフト付き9速オートマチック

【主ブレーキ】前:ベンチレーテッドディスク/4輪アルミキャリパー対向ピストンブレーキ・
後:ベンチレーテッドディスク/4輪アルミキャリパー対向ピストンブレーキ

【全長(インチ)】172.4

【幅(インチ)】72.6

【高さ (インチ)】51.8

【ホイールベース (インチ)】100.4

【タイヤサイズ(Sport)】前:245/45R18 9J・後:245/45R18 9J

【タイヤサイズ(Performance)】前:255/40R19 9.5J・後:275/35R19 10J

【タイヤサイズ(Proto Spec)】前:255/40R19 9.5J・後:275/35R19 10J

世界中のファンに愛されている日産自動車のZ。日本仕様車「フェアレディZ」は、2021年冬の発表が予定されているとのことです。

関連するタグ

ノーヴィス編集部
編集者/ライター

noviceは「ニューノーマルと⾃由」をテーマにした情報メディア。何も知らない初⼼者の気持ちを忘れずに、この時代を「体験」しながら、モノやコトの新しい「選び⽅」や「使い⽅」を発信していきます。

著者のプロフィールを詳しく見る

RANKINGランキング

  1. SEP 13TH, 2021BY ひつじ

    エンターテインメント > 動画/TV

    【あなたの地元は誰!?】<東京卍リベンジャーズ>の人気キャラが全国のご当地代表に!

  2. JUL 13TH, 2021BY minacono

    ライフスタイル

    【お米のおいしさそのまま糖質最大45%カット】「マクアケ」おすすめ品徹底紹介 | 炊飯器LOCABO(ロカボ)

  3. SEP 11TH, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    ワークマン初!秋冬新作ダウン「高機能モンスターパーカー」を徹底検証

  4. SEP 15TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【ワークマン人気キャンプ用品12選】おすすめギアをエディターが厳選&徹底レビュー|9月15日更新

  5. SEP 7TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション > ウエア

    先着で必ずもらえる品も!ローソン限定「モンスターエナジー」キャンペーン開催

  6. AUG 28TH, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    ワークマンのおすすめ45選!キャンプ用品&レディース&靴もマニアがレビュー付きで徹底紹介

  7. JUN 19TH, 2021BY ひつじ

    ライフスタイル > 暮らし/生き方

    「コロナワクチン接種」で受けられる特典&お得な割引25選!ホテルやグルメも|7月30日更新

  8. SEP 10TH, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    【ワークマン女子向け新作】電熱ヒーター入り「ベスト&ブランケット」が登場

  9. JUL 23RD, 2021BY 北 秀昭

    ライフスタイル

    【最新の電動バイクおすすめ5選】原付二種&自転車モード&GPS付きモデルも!

  10. JUN 29TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    ワークマン「アルミテーブル」をキャンプで検証レビュー【キャプテンスタッグとの違いも徹底比較】

関連するカテゴリー