POSTED BY ノーヴィス編集部掲載日 OCT 20TH, 2021

【エリア初の大型温泉グランピング】京丹後市「glamprouge-グランルージュ-夕日ヶ浦」開業

秋も深まり温泉が恋しくなってきた今日この頃。趣味のアウトドアのなかで贅沢なバスタイムも楽しめたら最高ですよね。そんなあなたに注目してもらいたい、新たなグランピング施設が2021年11月にオープン予定とされています。全10棟のドームテントで宿泊できるばかりか、美人の湯と称される天然の名湯「花ゆうみ」も満喫OK。グランピング宿泊者なら、特別に朝風呂も利用できちゃうのです。場所は京丹後市。ユネスコ世界ジオパークに認定された希少な景観も楽しめますよ。

目次

京丹後市発の大型温泉グランピング施設

京都府京丹後市で2021年11月に新たにオープンするのが、グランピング施設「glamprouge-グランルージュ-夕日ヶ浦」です。9,000坪の広大な敷地に10棟のみのドーム型テントが配置された、贅沢なアウトドア空間。360°の見渡す限りの大空とふかふかの緑の芝が広がっているので、日常を忘れて優雅な時間を過ごすことができること間違いなしなのです。

大型ドームテントで快適なキャンプ体験を

同スポットでは、直径7mの1棟貸し切りのドーム型テントで宿泊することが可能です。冷暖房完備で一年中いつでも快適。もちろん、冷蔵庫や電気ケトル、ドライヤーなどの電化製品や、包丁、まな板、BBQガスグリル(素泊まりプランは要レンタル代)などの調理器具、タオルセットやシャンプーなどのアメニティなども備えられているので、手ぶらで訪れてもラグジュアリーな体験を楽しむことができるというわけです。

さらに、各ドーム型テントのデッキスペースには、それぞれ専用の食事スペース、トイレ、シンクが完備されているのもうれしいところ。トイレの音が気になる人も、テント内ではないので、ストレスを感じることがないのも見逃せないポイントですよね。専用のプライベートガーデンとファイヤーピットも備えられていますよ。

【部屋タイプ】

●2ベッド・サンセットドーム(5棟):約38平方メートル・定員2~5名・10,890円~/1人(4名1室時)

●4ベッド・サンセットドーム(5棟):約38平方メートル・定員2~5名・10,890円~/1人(4名1室時)

美人の湯を存分に!特別に朝風呂体験も

同施設は、京丹後市初の温泉施設「夕日ヶ浦温泉 花ゆうみ」に開設されているのも大きな特徴の一つ。広々とした内湯やジャグジー風呂、庭園と滝を眺めつつ浸かれる露天風呂、満天の星空を楽しめる寝湯など、バラエティに富んだお風呂で、美人の湯として親しまれている天然の名湯を楽しむことができるのです。また、グランピング宿泊者なら、特別に翌朝7時~9時の朝風呂に入浴することができるのも魅力です。

海のリゾートならではのこだわりBBQも

京都府指折りの海のリゾート地「夕日ヶ浦」に位置するスポットだけあって、鰆や鯖、イカ、牡蠣、カニなど京丹後産のご当地食材が使用されたBBQを味わうことが可能です。食材持ち込みでオリジナルBBQを楽しむこともできるので、好みに合わせたプランを選ぶのも楽しそうですよね。

【メニュー 夕食】
シュラスコ&ご当地ソース、フリフリチキン、ウインナースキュアー、ナチョスサラダ、牡蠣のクリーム煮、玉ねぎボロネーゼ、カニと海鮮のブイヤベースポット&〆パスタ、バケット、本日のデザート

【メニュー 朝食】
まるパンサンド、フレッシュ野菜サラダ、ご当地ヨーグルト、ジュース

京都府最北端となる同地は、ユネスコ世界ジオパークに認定された景観をはじめ、日本の夕日百選に選ばれた美しい夕日の情景を楽しめるのもポイント。車で約5分の場所にある夕日ヶ浦海岸には、SUPやイージーセイル、サーフィン、ナイトサップなど、さまざまな海のアクティビティが体験できる施設「京丹後135°EAST」もありますよ。

キャンプ好きもアクティビティ好きも、きっと大満足できるglamprouge-グランルージュ-夕日ヶ浦。この秋は同地でグランピングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

■glamprouge-グランルージュ-夕日ヶ浦

住所:京都府京丹後市網野町浜詰256-1

敷地面積:約29,752㎡

宿泊棟数:10棟

詳細・予約はこちら>>>https://www.kyoto-glamping.com/

関連するタグ

ノーヴィス編集部
編集者/ライター

noviceは「ニューノーマルと⾃由」をテーマにした情報メディア。何も知らない初⼼者の気持ちを忘れずに、この時代を「体験」しながら、モノやコトの新しい「選び⽅」や「使い⽅」を発信していきます。

著者のプロフィールを詳しく見る

RANKINGランキング

  1. MAY 1ST, 2022BY ノーヴィス編集部

    グルメ > おでかけグルメ

    【2022年5月最新】ガストの新作メニュー&キャンペーンまとめ

  2. MAY 5TH, 2022BY 北 秀昭

    ライフスタイル

    【2022年最新の電動バイクおすすめ8選】原付二種&自転車モード&GPS付きモデルも!

  3. APR 28TH, 2022BY ターキー

    ファッション > ウエア

    【2022年版】ワークマンおすすめレインシューズ6選<着用レビュー付き>

  4. APR 7TH, 2022BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【最新モデル】ワークマン「真空保冷ペットボトルホルダー」を検証レビュー

  5. MAR 17TH, 2022BY Re ◡̈

    エンターテインメント

    【総勢31組】2022年注目の「第4世代」男性K-POPアイドル特集

  6. DEC 15TH, 2021BY ひつじ

    エンターテインメント

    【ASMRおすすめYouTuber】登録者数が多いランキングTOP5!

  7. MAR 24TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    ワークマンの人気アイテム「マリンシューズ」徹底検証【購入レビュー】

  8. MAR 26TH, 2022BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【2022年版】ワークマン人気キャンプ用品25選!おすすめギアを徹底レビュー

  9. MAY 23RD, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション > ウエア

    ワークマン「水陸両用撥水パッカブルショートパンツ」徹底検証&ライバル比較

  10. APR 22ND, 2022BY Re ◡̈

    エンターテインメント

    【2022年4月〜8月に来日予定のK-POPアイドル】最新LIVE・ファンミ情報をチェック

関連するカテゴリー