POSTED BY 北 秀昭掲載日 APR 13TH, 2022

【原付EVが16万円台】話題の「ゴッチア GEV600」に注目|東京モーターサイクルショー潜入レポート

コロナ禍により2年連続で中止となっていた東京モーターサイクルショーが、2022年3月25日~27日の3日間、東京ビッグサイトにて3年ぶりに開催。同イベントでは最新の電動バイクも豊富に展示され、バイク用パーツ&アイテムを展開する「プロト」のブースには、軽量でリーズナブルな話題の原付EV「ゴッチア GEV600」も登場。多くのギャラリーから注目を浴びていた同車の魅力を東京ビッグサイト2022の会場よりレポートします!

目次

プロト「ゴッチア GEV600」…16万9,400円(税込)

GEV600は50ccと同カテゴリーの第一種原動機付自転車。最高速度は50km/h(原付の制限速度は30km/h)で余裕のある走りを実現

写真は国内の大手バイクパーツ&アイテムメーカー「プロト」のブースに展示された、可愛いフォルムの電動バイク「ゴッチア GEV600」。<あなたの生活にスマートに寄り添う新モビリティー>をスローガンとした、誰でも手軽に乗車できるEVモビリティです。

プロトは「PLOT e-vision」の旗印のもと、2017年よりE-BIKE(電動バイク)事業を開始。2020年に「E-スクーター事業」を立ち上げ、中国のゴッチア社が生産するGEV600を日本向けに改良し、販売するに至りました。

GEV600は「エコ」と「パワー」の2つの走行モードに切り替え可能。メーターはスピード表示、バッテリー残量、各種インジケーターを見やすく、分かりやすくレイアウトされています。

また、スマートフォン等の充電に使えるUSBソケット(1A)や夜間走行も安心の明るいLEDライトを採用。アラームとタイヤロックを併用した盗難防止機能を導入するなど、セキュリティも万全です。

1日往復8km・1週間40kmの走行が目安のチョイ乗り仕様

ボディは全長1720mm×全幅690mm×全高1030mmのコンパクトサイズ。原付並みの車体サイズながら、車体重量は軽量な56kg

GEV600は通勤・通学などの近距離移動を目的に開発。航続距離は1回のフル充電で約70km(30km/h定地走行)。

走行距離は「1日往復8km、1週間40kmの走行」を目安とし、充電頻度を週2回と仮定。毎日利用する実用車として、ストレスなく使用できる機能を備えているのが特徴です。

シート下に設置した着脱式リチウムイオンバッテリーの重さは約7.4kg。自宅や会社にある家庭用100Vで手軽に充電できるのがうれしいところですね。バッテリーは車載状態でも充電可能で、フル充電時間は6~8時間とされています。

写真右がGEV600に搭載のリチウムイオンバッテリー。車体から取り外し、1000Whの大型ポータブルバッテリー(写真左)から充電しているところ

車体重量はエンジン車の半分程度!だから取り回しも楽々

前ブレーキは制動性に優れたディスク式。前後ホイール径は14インチで取り回し性も良好

原付免許で運転できるGEV600は、定格600wのゆとりあるパワーを発揮。最大1300wで坂道も楽に走行できるというわけですね。

電動モーターはホイールに直付けした「リアハブモーター型」を採用。このタイプは構造がシンプルなので、メンテナンスにかかる費用を抑制できるのがポイントです。

車体重量は一般的な原付エンジン車の半分程度である56kg。前後のホイールは軽量なアルミ製で、ホイール径は走行安定性と取り回し性の両方を兼ね備えた14インチに設定済み。これらにより、街中での押し歩きや駐輪場などでの取り回しも、たとえ小柄な人や力に自信のない人でも苦労することはなさそうです。

全国約1万店のネットワークでアフターサービスも万全

また、故障や不具合が起きても心配ご無用。販売元であるプロトでは、ユーザーにとって安心のサービス体制が確立されています。

GEV600の販売窓口は、プロトがネットワークする全国約1万店のオートバイ販売店。日常のメンテナンスから万が一のトラブルにも対応しています。また、搬送距離15km、2回まで利用できるロードサービス付き。

大型のリアの荷台にはヘルメット等が収納できる大容量のトップケースもオプション販売

同車には、フロントバスケットやミドルバスケット、大型トップケース、スペアバッテリーなど、利便性に優れたアクセサリーも豊富にスタンバイされています。

排気ガスや騒音を気にすることなく、目的地へスマートにアクセスできるのが電動バイクの大きなメリット。また、自転車駐輪場に駐車可能な原付一種なので、都市部への乗り入れもスイスイ行えますね。

プロト ゴッチア GEV600 主要諸元

製品名GEV600
車両区分第一種原動機付自転車
車両寸法全長1720mm×全幅690mm×全高1030mm
車両重量56kg
出力(定格/最大)600W×1300W
最高速度50km/h
積載重量150kg(乗員含む)
1充電走行距離70km ※
乗車定員1名
モーター48V×600W
バッテリー種類/重量リチウムイオンバッテリー/7.4kg
バッテリー電圧/容量48V/20Ah
充電時間6〜8時間
ホイールアルミ合金
タイヤサイズ2.25-14
ブレーキ前:ディスクブレーキ
後:ドラムブレーキ
カラーラインナップ全6色
ディープブルー×アイボリー
メタルグレー×ピンク
ブラック×グレー
ホワイト×ホワイト
レッド×ホワイト
ライトブルー×グレー
製造国中国
※一充電走行距離は30km/h定地走行、乗員50kg、バッテリー新品、気温15℃、無風の条件下、ECOモードでの同社テスト数値。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なる

■プロト ゴッチア GEV600 問い合わせ先
https://www.benelliemobility.jp/goccia/gev600.html

[Photos by 北 秀昭]

関連するタグ

北秀昭
編集者/ライター

神戸~東京築地~横浜~兵庫姫路~大阪京橋育ち。瓦敷き職人助手、空手師範代助手、ダスキ〇のお掃除部隊等に従事しながら高校・大学を卒業後、旅行グルメの編プロを経て、車やバイクに特化した出版社に勤務。バイク専門サイト「4ミニ.net」運営。 https://4-mini.net/

著者のプロフィールを詳しく見る

RANKINGランキング

  1. APR 22ND, 2022BY Re ◡̈

    エンターテインメント

    【2022年4月〜8月に来日予定のK-POPアイドル】最新LIVE・ファンミ情報をチェック

  2. APR 28TH, 2022BY ターキー

    ファッション > ウエア

    【2022年版】ワークマンおすすめレインシューズ6選<着用レビュー付き>

  3. MAY 5TH, 2022BY 北 秀昭

    ライフスタイル

    【2022年最新の電動バイクおすすめ8選】原付二種&自転車モード&GPS付きモデルも!

  4. MAY 1ST, 2022BY ノーヴィス編集部

    グルメ > おでかけグルメ

    【2022年5月最新】ガストの新作メニュー&キャンペーンまとめ

  5. MAY 2ND, 2022BY ノーヴィス編集部

    グルメ > おでかけグルメ

    【2022年5月最新版】はま寿司の新作メニュー&キャンペーン情報まとめ

  6. MAR 26TH, 2022BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【2022年版】ワークマン人気キャンプ用品25選!おすすめギアを徹底レビュー

  7. APR 21ST, 2022BY minacono

    グルメ > おでかけグルメ

    【2022年5月最新】くら寿司の新作メニュー&キャンペーンまとめ

  8. APR 7TH, 2022BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【最新モデル】ワークマン「真空保冷ペットボトルホルダー」を検証レビュー

  9. APR 25TH, 2022BY ノーヴィス編集部

    グルメ

    【2022年5月最新】スシローの新作メニュー&キャンペーンまとめ

  10. MAR 24TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    ワークマンの人気アイテム「マリンシューズ」徹底検証【購入レビュー】

関連するカテゴリー