POSTED BY 佐藤 恭央掲載日 APR 16TH, 2021

日産自動車の開発者に聞いた「新たなワーケーションの提案」とは?【NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT】

コロナ過というフレーズも聞き慣れたものになりましたよね。私たちの生活様式も大きく変化したなかで、ワーケーションやリモートワークなどといった、これまでとは違う働き方を取り入れている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、日産自動車がコロナ禍で中止となった東京オートサロン2021に出展予定であった「ワーケーション仕様の車(日産NV350キャラバンがベース)」を、開発に携わった日産自動車スタッフ(大野孝宏さん)の想いとともに紹介します。

目次

ワーケーションが楽しくなる「NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT」

東京都の感染症対策本部では、2020年12月から2021年1月では半数以上の社員がテレワーク(リモートワーク)を行ったという報告がなされています(従業員30人以上の企業が対象)。とはいえ、「妻や子どもがいて仕事に集中できない」、「仕事をするスペースや備品がない」などといったストレスを感じている人も多いのではないでしょうか。

そのようななかにあって社会人を中心に注目されているのが「ワーケーション」です。いつもと異なる環境で気分を切り替えたられたり、静かな場所で集中できたりと、憧れの働き方の一つとなりつつあるのではないでしょうか。

そんな「ワーケーション」の手段として日産自動車が提案したのが、2021年4月23日(金)まで日産グローバル本社ギャラリーで展示中のNV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPTだというわけです。

そこで今回は、クルマとオフィスを融合させた新感覚のワーケーション体験ができる同車にスポットを当て、企画デザインを担当した日産自動車の大野孝宏さんにお話を伺うことにしました。

働く環境を自由に選べるのが車のメリット

ご存じの通り、日産のNV350キャラバンは商用車です。荷物をたくさん載せられる大型バンですが、ビジネスシーンだけでなく車中泊やキャンプなどのレジャーでも愛用しているユーザーが多いのも特徴ですよね。

今回紹介する『NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT』は、そんな幅広いシーンで活躍するNV350キャラバンをベースとしたコンセプトモデル。オフィス機能はもちろん、さまざまなギミックや工夫を追加した「ワーケーション仕様」として仕上げられました。

日産自動車株式会社グローバルデザイン本部アドバンスドデザイン部:大野孝宏さん

「車の利点は移動ができることです。デスクワークだけなら自宅でもできますが、せっかくなら環境を変えて気分よく仕事をしてほしい、という想いでこのプロジェクトを進めました」と大野さん。

同車の魅力は、快適にかつ楽しくリモートワークができること。ここからは、そんなNV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPTの詳細を大野さんの解説を交えながら見ていきましょう。

スライドするオフィスポッドで空間を拡大

オフィススペースとなる「オフィスポッド」は車内後方に配置されています。停車してリモートワークを行う際は、バックゲートを跳ね上げて後方にせり出すかたちに。

「キャラバンは荷室が広いのも特徴ですが、さらに広い空間でゆったり仕事ができるようにこのような構造を採用しました。間接照明も効果的に配置し、広さとともに清潔感も演出するためホワイトを基調にしています」

「それに加えて、もう一つ注目してほしいのはココですね」と、大野さんが指さした場所がオフィスポッドの床面。クリアのパネルによって地面が見えるようにされています。

©日産自動車

「これも広さを感じてもらうための演出の一つですが、せっかくロケーションを変えるのなら、全身でその場所の情景も楽しんでもらいたいんです。山中や河原などの自然のなかでのワーケーションを想定し、オールテレーンタイヤも履かせています」と、大野さんは続けてくれました。

なるほど、展示セットの一部に岩が配置されていることに合点がいきました。開放的なワークスぺースで自然を肌で感じながらの仕事は捗りそうですよね。

オフィスポッドは写真のように車両後部に格納することが可能です。秘密基地感覚でこの状態で仕事をしてみるのも楽しそうですよね。

世界的な家具メーカー「ハーマンミラー」との協業も

長時間座る椅子には、座り心地に優れるハーマンミラー社のコズムチェアが取り入れられています。美しいデザインはオフィスポッドとの相性も良く、これも大野さんがこだわったポイントだそう。

「試行錯誤した結果、コズムチェアに辿り着きました。ただ、キャスターがあると動いたり倒れたりして危険ですし、視界確保のためにもオフィスポッドのフレームに固定したかったんです。とはいえ、それでは製品の意匠を崩すことになり断られるかと・・・。しかし、ハーマンミラー社は快諾してくれ、しかもデスクとの高さや距離感などさまざまなデータを基にアドバイスをもらうこともできました」

エクステリアにもオフィスらしさを

都会的なオフィスの外壁をモチーフにしたエクステリアも見どころです。左側のスライドドアには脱着式の引手も加えられ、オフィス感の演出に抜かりはありません。玄関にはアルコールディスペンサーが置かれ、棚にはコーヒーメーカーも配置されています。

「窓は背面と左側の一部を残してラッピングで塞いでいます。格納したオフィスポッドで仕事をする際に集中力を高めるのが狙いです。右側の窓はデスク前方の景観が見えるようにあえて塞いでいません」

羽を伸ばせるリラックス設備も

内外ともにオフィスらしさをアピールするNV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPTですが、車内に一つ気になるものが・・・。あのハシゴは一体何なのでしょうか?

「サンルーフから屋根(バルコニー)へアクセスするためのものです。このハシゴはプール用のラダーを参考にしました」。

©日産自動車

この日は屋根に上ることはできませんでしたが、じつはリラックスして過ごせるビーチチェアが備えられているそう。車内にハシゴを設けたのは、車外に出ることなくバルコニーにアクセスできるようにしたかったからだとか。

「作業はほとんどテレワークでした。このキャラバンがあったらもっとスムーズに仕事ができたと思います」と笑顔で語る大野さん

遊び心がたっぷり詰め込まれた1台ですが、コロナ禍によって在宅勤務が普及してから企画を始めたとのこと。かなりタイトだったのが驚かされるところですよね。

単なる仕事スペース=オフィス(事務所)だけならこれほど凝る必要もないし、そもそもキャラバンはスペースが広いので、自前の机と椅子を持ち込むだけでも十分。しかし、働く人の気持ちに寄り添った「気分を切り替えられる設備」や「リフレッシュできる設備」は、大野さんや日産自動車スタッフの心意気が感じられる部分ではないでしょうか。そんなワーケーションが楽しめる同車は、国外からの反響も大きいそうですよ。

©日産自動車

大野さんによると、「実際に日産自動車のスタッフが使ってみよう。という話が社内で持ち上がっています。自走して自然豊かなロケーションで息抜きを・・・。ではなく、バリバリ仕事をする予定ですよ(笑)」とも。

本当にこの日産NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPTで出かけたら、いつもの仕事もわくわくして取り組めそうですよね。ただし、ワークとバケーションのバランシングに気を付ける必要がありそうですけどね!

取材協力:日産自動車

[All photos by 渡辺昌彦/日産自動車]

関連記事
>>>【新型EV・アリア発売前インタビュー】日産自動車の担当者に聞いた次世代クロスオーバーの魅力とは?
>>>航続距離120kmの電動スクーター「キムコF9」徹底解剖
>>>今やスポーツカーもハイブリッドが常識。ますます電動(EV)化に拍車がかかる!

関連するタグ

佐藤恭央
サトウヤスオ/ライター/編集者

出版社での編集経験を経て2006年からフリーとして独立。雑誌とWEBメディアを中心に撮影を伴う執筆などを行う。バイクや車などのモータースポーツ系をはじめアウトドア、ファッションなどのジャンルで活動。趣味はレトロゲーム集めなど。コーヒーが好きで1日に7杯は飲みます! メガネを買い漁るのが最近のストレス発散法。

著者のプロフィールを詳しく見る

RANKINGランキング

  1. DEC 3RD, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    【#ワークマン女子店舗一覧11選】場所・時間・駐車場情報を網羅!横浜や大阪店も

  2. JUL 23RD, 2021BY 北 秀昭

    ライフスタイル

    【最新の電動バイクおすすめ5選】原付二種&自転車モード&GPS付きモデルも!

  3. OCT 9TH, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    【ワークマン2021秋冬新作まとめ】メンズ&レディース厳選10着を徹底レビュー

  4. SEP 11TH, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    ワークマン初!秋冬新作ダウン「高機能モンスターパーカー」を徹底検証

  5. OCT 30TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【ワークマン人気キャンプ用品13選】おすすめギアをエディターが厳選&徹底レビュー|10月30日更新

  6. JUL 27TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション > ウエア

    人気ハイブランドも驚き価格になる「Luck Rack」とは?【サステナブルな新しい買い物のカタチ】

  7. AUG 11TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    グルメ

    【ダイソーのコーヒーミル】手動の使い方&実力をアウトドアで徹底レビュー

  8. OCT 15TH, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    【最速レビュー】新作「ユニクロ×ホワイトマウンテニアリング」を徹底検証

  9. SEP 25TH, 2021BY ひつじ

    ファッション

    ワークマン「防寒ブーツ・ケベック」徹底検証!5℃以下で浮き出る柄とは?

  10. NOV 29TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション > ウエア

    【大人気「996」が30%オフ】ニューバランスが7日間の特別セールを開催

関連するカテゴリー