POSTED BY 北 秀昭掲載日 MAY 26TH, 2021

限定100台が即完売!カワサキのバイク技術投入の「電動三輪車・ノスリス」

国内のバイクメーカー・カワサキ(川崎重工株式会社)が提案するNEWスタイルの3輪電動コミューター「Noslisu(ノスリス)」は、応援支援型クラウドファンディングサイト「Makuake」で販売開始され、限定100台が即完売となるなど話題となりました。ノスリスは電動アシストタイプとフル電動(EV)タイプの2種類があり、購入者からは「新たな試みとデザインが気に入った」「これからの時代に必要な乗り物」、「自動車免許を返納した母のために購入を決めた」などのコメントが寄せられました。

目次

社内公募制度「ビジネスアイディアチャレンジ」の第1号

日本のバイクメーカー・カワサキの若きエンジニアチーム(20~40代)が手掛けた三輪コミューター「ノスリス」

「Noslisu(ノスリス)」は、日本のバイクメーカー・カワサキが提案する、実用性をとことん重視した、新しい機能とスタイルを持つ3輪電動ビークル。「毎日の移動をもっと快適に!」をコンセプトに開発されたノスリスは、独自のフロント2輪+リア1輪構造による高い積載能力と安定性を実現するとともに、高性能な電動モーター+バッテリーも搭載。「ちょっとそこまで」の移動・運搬から、風や景色を楽しみながらのレジャー走行まで、幅広くこなすコミューターに仕上がっています。

Noslisu(ノスリス)の語源は、「Nos liberi sumus(ラテン語:私たちは自由だ)」から。同車はカワサキが2020年9月に実施した、社内公募制度「ビジネスアイディアチャレンジ」の第1号案件として選定されました。

フロント2輪+リア1輪を採用したノスリスは、一般的な2輪車とは異なり、荒れた路面や滑りやすい路面、急な横風などでも、極めて高い安定性を確保。

また、赤信号などでの停止時も3輪なので足付きは不要。なお、駐車時も面倒なセンタースタンドやサウドスタンド掛けの必要もありません。降りてロックを掛ければ車体は簡単に直立するので、大きな荷物の積み下ろしにも非常にスムーズなのです。

発売価格は「電動アシスト自転車」が27万円、「フル電動(EV)モデル」が32万円(ともに消費税10%込)。“応援支援型”のクラウドファンディングサイト「Makuake」で限定販売されましたが、プロジェクトリリース直後に完売となりました。

開発のきっかけは「街で出会ったお年寄りの声

車両重量は電動アシストタイプが28kg、フル電動(EV)タイプが31kgと軽量

ノスリスを製作したのは、バイクを始め、さまざまなモビリティや産業用機器を手掛けるカワサキの若きエンジニアチーム(年齢は20~40代)。市販車製作でこれまで培った豊富な知識と経験、デザイン力を活かし、安全性とスタイリッシュな外観を確立しました。

「バイクだけでは、限られた人しか幸せにできない。自分たちの技術はもっとたくさんの人を幸せにできるはずだ」と語るのは、ノスノリの発案者であり、プロジェクトリーダーでもある、カワサキのエンジニア・石井宏志さん。

街で出会ったお年寄りから、「家族のところに駆け付けたい時に、一人で気軽に乗れる乗り物がない」という話を聞き、「誰でも手軽に安全に乗れるモビリティがあれば」と考え、ノスノリの構想が生まれたそう。

写真はアクセルレバーを指で操作するだけで力強く走行してくれる「フル電動(EV)タイプ」

これまで主に高齢者が愛用していた既存のフロント二輪仕様の三輪自転車は、ハンドルで曲がる=車体が傾かない、車体が固定されたタイプが定番でした。

一方、ノスリスはユニークなデザインの核となる「ティルト機構」を採用。同機構は車体を傾けた際、車体とともにフロント側の2輪も傾く、バイクの開発から生まれた新しい技術。通常の自転車やバイクに乗る感覚を確保しつつ、三輪ならではの安定感を獲得しているのが特徴です。

バイクのように車体をバンク(傾けること)させつつも、三輪ならではの高い安定感を確保しているのがポイント
凹凸のある路面でも安定した走りを実現する、独自設計のフロント周り

「電動アシスト」と「フル電動(EV)」の2種類

女性や高齢者でも扱いやすく、押し歩きなどの取り回し性もとことん重視されている

ノスリスには左右のペダルを漕ぐ通常の自転車機能に補助モーターを備えた「電動アシストタイプ」と、アクセルレバーを指で操作するだけで力強く走行してくれる「フル電動(EV)タイプ」の2種類がラインナップされています。

両車ともヘルメットなしで気軽に乗ることができ、全身に風を感じて爽快に走ることができます(フル電動(EV)タイプは安全のため、ヘルメットの着用をおすすめします)。

公道を走る場合、「電動アシストタイプ」は軽車両=自転車、「フル電動タイプ」はミニカー登録(道交法では自動車扱い、道路運送車両法では原付一種扱い)となります

ノスリスは最大20kgまでの荷物を積載可能。大きな前カゴは、電動アシストタイプが前輪の上部、フル電動(EV)タイプは前輪の間にレイアウト。両タイプとも、カゴはフレーム固定なので、重い荷物を積んでもハンドルや車体がふらつくことのない、安定した走りが実現されています。

また、車両重量は電動アシストタイプが28kg、フル電動(EV)タイプが31kgと軽量仕上げられているのもポイント。押し歩きなどの取り回し性も重視され、女性や高齢者でも扱いやすくされているのです。

電動アシストタイプ
フル電動(EV)タイプ
最大20kgまでの荷物を積載可能。写真はフル電動(EV)タイプ

「Makuake」での販売の理由は?

ノスリスのもう一つのポイントが、“応援支援型”のクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で販売されたことです。Makuakeとは、通常のショッピングサイトとは異なり、まだ世の中に出ていないものや、ストーリー性に溢れたチャレンジャーたちが、応援者(購入者)の力を借りて自身のアイデアを具現化する応援購入型のサイトです。

Makuakeはこれまで、数々のヒット商品を生み出してきました。なかでも有名なのが、日本アカデミー賞・最優秀アニメーション作品賞を受賞した、広島の原爆投下や太平洋戦争をテーマにした映画「この世界の片隅に(監督:片渕須直/ 主演(声):のん」です。

©こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会

今回、Makuakeで販売されたノスリスは、本格的に市場導入する前のテスト販売仕様。「サポーター(購入者)とプロジェクト実行者(カワサキ)が、一緒に新しいコンセプト&構造の乗り物を創り上げるプロジェクト!」という新しい試みとしてリリースされたのです。

サポーター(購入者)の声は?

写真はイメージです(フル電動(EV)タイプ)

サポーター(購入者)からは、

「新たな試みとデザインが気に入りました」

「これからの時代に必要な乗り物」

「自動車免許を返納した母のために購入を決めました」

「病気の後遺症で杖歩行になった父のために購入を決めました」

「病気で足が不自由になりましたが、これなら乗れそうです」

 等々のコメントが寄せられています(一部抜粋)。

ノスリスは電動アシストタイプが限定50台、フル電動(EV)タイプが限定50台で発売されましたが、Makuakeでのプロジェクト発表後すぐに完売しました。

カワサキによれば、2021年5月現在、今回の仕様での追加販売の予定はなし。なお、カワサキでは使用後のアンケートも実施するなど、マーケットインの発想でニーズを検証しながら、2022年度の一般販売に向けて製品・サービスをよりよいものにしていく予定だそうです。

ノスリスの今後の発売計画については、下記の公式WEBや公式SNSをチェックしてください!

WEB:https://noslisu.jp/
twitter:https://twitter.com/noslisu
Instagram:https://www.instagram.com/noslisu_official
Line公式アカウント:https://lin.ee/mf3xtxQ

Noslisu(ノスリス)の仕様

●電動アシスト自転車
・販売台数:50台
・価格:27万円(消費税10%込)
・運転免許:不要
・車検:不要
・道路交通法上区分:駆動補助機付自転車
・道路運送車両法上区分:軽車両

●フル電動(EV)モデル
・販売台数:50台
・価格:32万円(消費税10%込)
・運転免許:普通自動車運転免許(原付免許不可)
・車検:不要
・道路交通法上区分:普通自動車
・道路運送車両法上区分:原動機付き自転車

関連記事
>>>注目電動スクーター「キムコF9」の実力解剖!最高110km/h&航続距離120km
>>>マクドナルドも導入!注目電動3輪バイク「AAカーゴ」は課題解決の有効手段に
>>>【新世代の電動バイク】2人乗りもOK!自転車機能付「マーベリックS1」とは?

関連するタグ

北秀昭
編集者/ライター

神戸~東京築地~横浜~兵庫姫路~大阪京橋育ち。瓦敷き職人助手、空手師範代助手、ダスキ〇のお掃除部隊等に従事しながら高校・大学を卒業後、旅行グルメの編プロを経て、車やバイクに特化した出版社に勤務。バイク専門サイト「4ミニ.net」運営。 https://4-mini.net/

著者のプロフィールを詳しく見る

RANKINGランキング

  1. JUN 18TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション > ウエア

    【着用レビューあり】「Mame Kurogouchi×ユニクロ」のインナーがコスパ最強!

  2. JUN 14TH, 2021BY ひつじ

    エンターテインメント > 動画/TV

    【2021最新版・厳選】Netflix<ネットフリックス>おすすめ49作品〜話題の韓国ドラマから海外最新作まで〜

  3. MAR 14TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    ワークマン「真空保冷ペットボトルホルダー」フィッティング検証【キャンプ好き編集者がレビュー】

  4. MAR 8TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    ワークマン「真空ハイブリッドコンテナ」保冷力リアル検証【キャンプ好き編集者がレビュー】

  5. APR 1ST, 2021BY ひつじ

    ファッション > 小物

    ワークマン「2021年おすすめサンダル3選」編集部がサイズ&使用感も徹底検証

  6. APR 24TH, 2021BY ターキー

    ファッション > ウエア

    【ワークマン2021年春夏新作】キャンプで使える防虫加工ウエアおすすめ厳選5着

  7. APR 17TH, 2021BY ターキー

    ファッション > ウエア

    【ワークマンのおすすめバッグ7選】キャンプ&アウトドアで重宝!2021年春夏

  8. FEB 15TH, 2021BY ターキー

    美容 > ボディケア/ヘアケア

    【ソロサウナtune】東京・神楽坂の話題スポット徹底レポート!料金も掲載

  9. FEB 6TH, 2021BY ターキー

    ファッション > ウエア

    【ワークマン人気パンツランキング】防水・撥水パンツ編(2021年2月5日)

  10. MAR 12TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【ワークマン人気キャンプ用品8選】おすすめギアをエディターが厳選&徹底レビュー|3月23日更新

関連するカテゴリー