POSTED BY 北 秀昭掲載日 JUL 7TH, 2021

自転車・電動アシスト・バイクの1台3役!話題の「COSWHEEL SMART EV」とは

1台で電動バイク・電動アシスト付き自転車・自転車の3機能を備えた、公道仕様の3WAYシティコミューター『COSWHEEL(コスウエル) SMART EV』。同車はクラウドファンディングサイト「Makuake」にて、2021年6月25日より一般販売を開始。短期で爆発的な人気を獲得し、話題となっている1台です。都市部の街並みに映える、スタイリッシュなデザインも大きな特徴。22万9000円(消費税税10%込)のお手頃価格も、幅広い層に支持される理由の1つです。

目次

電動バイク・電動アシスト付き自転車・自転車の3機能

構想から1年。図面を十数回引き直し、これまでにない乗り心地とデザイン性に優れる、新しいスマートEバイクの姿を確立
「人・社会・地球に役に立つものを形にしたい」という夢を商品化した1台
電動バイクのデザインと製造を手がける「株式会社Acalie」は、整備や修理などを行えるメンテナンス店を全国に拡大中。アフターサービスもしっかりと対応
街にも馴染む、都会的でオシャレな外観が特徴

『COSWHEEL(コスウエル) SMART EV』は、次世代の乗り物をはじめ、さまざまな商品の企画・開発・生産・販売までをワンストップで行っている「株式会社Acalie(アカリエ/本社:愛知県名古屋市)」が発売した乗り物です。

COSWHEEL(コスウエル) SMART EV の特徴は、1台で電動バイク+電動アシスト付き自転車+自転車の3機能を備えた「3WAY」であること。3WAYを備えたモデルはコロナ禍以降、電車やバスなど、公共交通での通勤や移動を避ける、都市部の若者を中心に人気を獲得しています。

ガソリンエンジンを搭載したバイクに比べ、次のような利点があります。

  • 軽量コンパクトな車体(車両重量は約35kg)により、取り回しも非常にラク
  • 駐車場所に困らない
  • バッテリーは家庭で手軽に充電可能

電動アシスト付き自転車並の手軽さと、ガソリンエンジン車に匹敵する速さや利便性を兼ね備えているのが大きなポイントです。

↑↑ COSWHEEL(コスウエル) SMART EVを動画でチェック ↑↑
電動バイク+電動アシスト自転車+自転車の3機能を装備した「3WAY」
スポーティな形状のサドル。高さ調整も可能

35kgの軽量コンパクトな車体に極太タイヤ+極太フレームの組み合わせ

車体重量は約35kg。外観も非常にコンパクト

COSWHEEL SMART EVは、そのオシャレな外観も大きな魅力。抜群の剛性力&存在感を誇る極太のメインフレームに、ストリートで人気の自転車にも多用されることの多い、ボリュームあるワイドな極太タイヤをコーディネイト。

タイヤサイズは太めの4インチとし、コントロール性と安定感の両方を獲得。ホイール径は小振りの20インチに設定し、取り回し性能や小回りの効きやすさも抜群です。

発進は非常にスムーズ。走行中の動きも驚くほど滑らか

衝撃吸収に優れた独自のサスペンション機能を備えたフロントフォークは、路面からの衝撃や振動を確実に吸収。起伏の激しい路面でも、乗り心地の良さや、確実な操縦安定性を確保しています。

また、リアサスペンションは、車体中央部にショートストローク型のリアショック1本を備えた、高機能なモノショック型を採用し、スッキリとしたリア周りを演出。 前後ブレーキは優れた制動力を誇るディスク式を採用。ディスク式は雨天時でも安定した制動力を発揮できるのも特徴です。

フロントのディスクブレーキ
リアのディスクブレーキ

大容量リチウムイオンバッテリーで50km最長航続距離を実現

取り外しできる大容量のリチウムイオンバッテリーと充電器。予備用バッテリーも別途購入可能
リチウムイオンバッテリーはメインフレームに設置

モーターは排気量50ccクラス(原付一種)に該当する、定格出力0.5kWを発揮(※注1)。モーターを作動させるリチウムイオンバッテリーは、大容量の48V/15AHを搭載し、最高速度45km/h・最長航続距離50kmが実現されています(乗り方や道路状況により、航続距離は異なります)。

また、バッテリーは着脱可能。車体に搭載したまま充電もできますが、取り外して室内に持ち帰り、充電することも可能です(充電時間は約5~6時間)。

※注1:電動バイクの場合、モーターの定格出力~0.6kWは原付一種の原付免許(排気量50cc以下)、0.6kW超~1.0kW以下は原付二種の普通自動二輪・小型限定免許(排気量50cc超~125cc以下)、10kW超~20kW以下は普通自動二輪免許(排気量125cc超~400cc以下)、20kW超は大型自動二輪免許(排気量400cc超)に該当します。

原付免許」で手軽に公道走行OK

大容量リチウムイオンバッテリーを搭載。坂道もスイスイと登るパワフルな走りを実現

COSWHEEL SMART EVで一般公道を走行するには、原付免許が必要(原付免許が付帯する普通自動車免許でもOK)。また、原付バイクと同様、ナンバー登録も必要ですが、住民票のある市区町村役場で簡単に行えるのもいいところですよね。あとは、自賠責保険へ加入し、ヘルメットを着用すればOKです。

道路交通法と保安基準に適合するヘッドライト、テールランプ、クラクション、バックミラー、前後ウインカー、スピードメーターなどの保安部品も標準装備されているので、条件をそろえればそのまま一般公道を走ることができるのです。

夜間走行も安心のLEDヘッドライトや、オシャレなLEDウインカーを装備
液晶ディスプレイは走行スピード表示、走行総距離表示などの機能を集約。 バッテリー電量表示もあり、タイムリーに充電タイミングの確認も
自転車使用時は6段変速。電動バイク使用時はエンジンバイクと同じく、右スロットル操作方式を採用。左右にバックミラーも装着されている

道交法により自転車専用レーンなどは走行NGだが…

道交法上、現況は「自転車時」も原付一種扱い。しかし使い将来は…

3WAYモデルであるCOSWHEEL SMART EVは、電動バイク機能に加え、ペダルを漕いで走行する電動アシスト自転車や自転車としての機能も備えています。しかし現況の道路交通法においては原付一種(50ccクラス)扱いとなるため、「ペダルを漕いで走行する電動アシスト自転車時」や「自転車時」でも、自転車専用レーンの走行はNG。仮に走行した場合、道路交通法違反に問われます。

現在、一部の関係各社(下記のマーベリックテクノロジー株式会社など)では、3WAYモデルが電動アシスト自転車や自転車として走行する場合、「普通の自転車と同様に、自転車専用道路なども走れるようにして欲しい」と関係各所に折衝するなど、積極的に活動中です。

近い将来、道交法改正により、ペダル付きの3WAYモデルは、庶民にとってもっともっと便利で身近な存在になるかもしれません。

COSWHEEL SMART EVの製品概要

写真はグレー。ブラックもあり

製品名:COSWHEEL SMART EV
定格出力:0.5kW
バッテリー:48V/15AH(リチウムイオンバッテリー)
充電時間:約5~6時間
車両重量:約35kg
ブレーキ:前後ディスク式
積載量:約150kg
電動走行距離:満充電で約50km ※テスト環境による推定値
走行スピード:45km/hまで
カラー(全2色):グレー、マットブラック
価格:22万9,000円(消費税10%込)
発売元:株式会社Acalie
クラウドファンディングサイト「Makuake」
URL:https://www.makuake.com/project/coswheel/

関連記事
【新世代の電動バイク】2人乗りもOK!自転車機能付「マーベリックS1」とは?
限定100台が即完売!カワサキのバイク技術投入の「電動三輪車・ノスリス」

関連するタグ

北秀昭
編集者/ライター

神戸~東京築地~横浜~兵庫姫路~大阪京橋育ち。瓦敷き職人助手、空手師範代助手、ダスキ〇のお掃除部隊等に従事しながら高校・大学を卒業後、旅行グルメの編プロを経て、車やバイクに特化した出版社に勤務。バイク専門サイト「4ミニ.net」運営。 https://4-mini.net/

著者のプロフィールを詳しく見る

RANKINGランキング

  1. JUL 30TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    ワークマン「アーバンハイク」撥水力検証!街で履けるアウトドア靴の実力は?ジャスパーとの比較も

  2. MAR 24TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    ワークマン2021年人気アイテム「マリンシューズ」徹底検証【購入レビュー】

  3. AUG 1ST, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    【売り切れ必至】ワークマン初の「超こだわりリュック」が8月上旬登場!本格アウトドア&旅モデルも

  4. MAR 8TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    ワークマン「真空ハイブリッドコンテナ」保冷力リアル検証【キャンプ好き編集者がレビュー】

  5. JUL 30TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    スノーピーク×JINSのコラボモデル登場!全4シリーズは偏光レンズ&サコッシュも付属

  6. AUG 2ND, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    ワークマンのアウトドアシューズ第3弾「フロストハイク」が8月発売決定!

  7. MAR 12TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【ワークマン人気キャンプ用品10選】おすすめギアをエディターが厳選&徹底レビュー|6月29日更新

  8. APR 1ST, 2021BY ひつじ

    ファッション > 小物

    ワークマン「2021年おすすめサンダル3選」編集部がサイズ&使用感も徹底検証

  9. JUN 19TH, 2021BY ひつじ

    ライフスタイル > 暮らし/生き方

    「コロナワクチン接種」で受けられる特典&お得な割引25選!ホテルやグルメも|7月30日更新

  10. JUL 31ST, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    ワークマン「空調ウエア」を徹底検証!ファンが隠れるアーバンアウトドアシリーズの実力とは?

関連するカテゴリー