POSTED BY ひつじ掲載日 JUL 11TH, 2021

【スノーピーク人気アイテム10選】キャンプにおすすめテーブルやチェアも!|7月5日最新版

空前のキャンプブームに伴い、キャンパーを中心にますます注目を集めているアウトドアメーカー「スノーピーク」。テントや焚火台、タープなど、スノーピークのアイテムは確かな品質と使いやすさ、そしてスタイリッシュなデザインの製品が多く、キャンプデビューにもぴったりです!noviceでは、そんなスノーピークで特に人気の高いアイテムランキングを、製品の特徴や購入者レビューも添えてご紹介。今回は、2021年7月5日のスノーピークECサイトの情報をもとにお届けします!(取材協力:スノーピーク)

目次

Snow Peak(スノーピーク)について

『Snow Peak(スノーピーク)』は、1958年に新潟県三条市にて創業したアウトドアメーカー。キャンプ用品やアパレルの開発を通じた地方創生、ビジネスソリューション等、幅広い事業を展開していることでも知られていますよね。近年のキャンプなどのアウトドア需要の高まりも手伝って、テントや焚火台をはじめとした「高品質・スタイリッシュなデザイン」の同社製品の人気もうなぎ登り!

また、壊れた際も修理を受けられる「永久保証」制度を導入しているのも特徴の一つです。ベテランキャンパーはもちろん、エントリーユーザーも安心して長くキャンプギア類を愛用できるのもうれしいところではないでしょうか。

そんなスノーピークの商品のなかで、みんなは一体どんなアイテムを手にしているのでしょうか。早速ランキングを見ていきましょう!

【第10位】スノーピークロゴステッカーアスタリスク S

215×47mmとちょうど良いサイズのロゴステッカー。スノーピークのロゴが映えるスタイリッシュなデザインは、車のリアやクォーターガラスに貼っても楽しめそう!

色あせや変色しにくい仕様なので、長く愛車を彩ってくれますよ。

スノーピークロゴステッカーアスタリスク S
968円(税込)
https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

【レビュー】
現在の車両購入時にガラス面に貼り付け、既に9年経過しましたが、ほとんど色あせ変色なく、鮮やかな白色を保っています。キャンプに行けないときも気分が高まります。

【第9位】スノーピークアンブレラUL グレー

重量わずか150gの、小型折り畳み傘。圧倒的な軽さながら、8本の親骨と受骨で雨風の衝撃をしっかり受け止めてくれます。

収納時の全長は22cmと、コンパクトに折り畳めるのもうれしいところ。カバンに入れてもかさばりにくいので、気軽に持ち運びができるというわけですね。

シンプルながら上品な雰囲気のデザインにも注目!

スノーピークアンブレラUL グレー
5,280円(税込)
https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

【レビュー】
ビジネスバックに入れていますが、軽いので持ち運びの負担になりません。
これから天気が不安定な日が多くなるので、突然の雨にも備えられそうです。

【第8位】ジカロテーブル

焚火台やコンロなどの火を囲んで団らんできるよう設計されたテーブル。高さ400mm、奥行260mmのサイズで、キャンプの食事シーンをより楽しく、快適にサポートしてくれます。

4つのテーブルユニットを組み合わせることで、2種類のセッティングバリエーションを実現。別売りの『マルチファンクションテーブル』や『ジカロテーブル』同士の連結にも対応しており、幅広い使い方が楽しめますよ。

収納サイズは745×170×400mm。このようにコンパクトに折り畳むことができるので、車のトランクにも積載できますね。専用の収納ケースが付いているので、持ち運びもスムーズ!

複数でのキャンプにはもってこいなアイテムです。

ジカロテーブル
32,780円(税込)
https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

【レビュー】
予想よりも接続部などの作りがしっかりしていて驚きました。さすがだなと思いました。手入れはあまりちゃんとしない方なので、これから保存期間も含めてサビにどれくらい強いのかが今後気になります。

【第7位】ステンレスキッチンテーブル

好みやシチュエーションに応じて自由にカスタマイズができる『ステンレスキッチンテーブル』。1,175×545×1,100(h)mmの広々としたサイズで、食材の下ごしらえから火を使った調理まで、あらゆる作業をスムーズに行えます。

別売りのパーツを用いてIGTフレームロングをセットすることで、天板として使用することも可能。メッシュラックスタンドやガビングスタンドにもマッチし、快適なキッチンスペースを作ることができますよ。

また、トップバーを起こすことでハンガーラックとしても機能も発揮。幅広いシーンで活躍してくれそうですね。

ステンレスキッチンテーブル
32,780円(税込)
https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

【レビュー】
キッチンテーブルとしてはもちろん、荷物をまとめておいておくにも便利!
今後はバーナーも設置して自分好みにしていきます!

【第6位】リトルランプ ノクターン

サイズ42mm×40mm×105mm、重量102gのリトルランプ。キャンドルのような柔らかい灯りで、テーブル上を優しく照らしてくれます。

本体下部よりライター等で着火。煙突効果によりスムーズに着火できるので、初心者でも簡単に使えますよ。また、熱効率が良いのもうれしいところ。ガスの消費量は1時間にわずか7g程度なので、残量の少ないガス缶でも長時間利用できるんです。

テーブルの上を充分に照らすのにはちょうど良い小ささですね。ロウソクのような炎の揺らぎで、ゆったりした雰囲気を演出してくれますよ。

リトルランプ ノクターン
4,950円(税込)
https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak

【レビュー】
部屋で試してみたけどめっちゃ映える!
早くキャンプで使用したくてたまらない!

【第5位】TAKIBI Myテーブル

ソロキャンプにもおすすめのタフなサイドテーブル。496×332×400(h)mmと使い勝手の良いサイズで、焚火シーンをより安全・快適に演出してくれます。

天板は、圧倒的な熱耐性を備えたオールステンレス。頑丈で、アツアツの料理が入ったダッチオーブンも気兼ねなく置けちゃいますね。

さらに、サイドのハンギングバーには、シェラカップなどを引っかけてもOK。こういう細やかな気遣いも助かるポイントですよね~。

また、別売りのステンレストレー1ユニットを下段にセットすれば、飛散した火の粉の侵入を避けたい飲み物などを置く棚板としても活用できますよ!

TAKIBI Myテーブル
16,280円(税込)
https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

【レビュー】
良い、先々週のキャンプで使いました。
小傷がつくのが前提で使っていたので、壊れない程度にハードに使ったり、焚き火眺めながら使用ができ、満足のいく商品でした。耐久性はわかりませんが大事に使っていきたいアイテムです。

【第4位】スノーピークコット ハイテンション

200×65×32(h)cmと、大人1人が横になるのに最適なサイズに仕上げられたコット。荷重がかかることでシートが引っ張られ、使う人の体重にあわせて常に保たれたテンションが快適な寝心地を提供してくれます。

上高32cmと、腰かけるにも、寝ている状態から靴を履くにもスムーズな高さ。キャンプや、庭、ベランダでの眠りが、ぐっと贅沢になりますよ。体を預ける瞬間の浮遊感を、ぜひ体感してみてください。

スノーピークコット ハイテンション
43,450円(税込)
https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

【レビュー】
頑丈で安定感あり張りが抜群に良い。使ったら分かると思いますが、もう他社のコットに不安を感じます。安定感ある分重いので、オートキャンプ用か自宅用です。

【第3位】ローチェア30 カーキ

サイズ58cm×65cm×86cm、重量3.6kgのシンプルなローチェア。

一度座ると立ち上がりたくなくなるような、絶妙なリラックス感が人気の秘密! 食事も作業もしやすい安定感で、自宅用としてもおすすめのチェアなんです。

肘掛けには竹集成材を採用。温かみのあるデザインが視覚的にも美しく、快適な座り心地をサポートしてくれます。

また、16cm×18cm×101cmとコンパクトに収納できるのもポイント。中央収束なので、畳んだ状態でそのまま楽に持ち運びができますよ。専用の収納ケースも付いています。

ローチェア30 カーキ
17,600円(税込)
https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak

【レビュー】
休日、キャンプ気分を感じたく購入
座ったら動けなくなり…ゆったりとした時間を過ごす事が出来ました。

【第2位】サーモタンブラー470 オリーブグリーン

抜群の保温保冷機能を備えた、スノーピークのアイテムのなかでも特に人気の高いタンブラー。350ml缶にピッタリの容量でスタッキングも可能です。

エールビールやラガービールといったビールの特徴に併せて設計されており、エールの温度変化による香りが楽しめるよう開口部は広めに作られ、香りが一層感じやすくなっています。

飲み口はドリンクのおいしさを少しずつ味わえるよう、0.8mmの薄口の逆テーパーに。舌全体に味や香りが広がり、苦味が特徴のエール系のビールをよりおいしく楽しめるというわけなんです。

サーモタンブラー470 オリーブグリーン
4,378円(税込)
https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

【レビュー】
BBQ等のアウトドアでの利用を想定して購入しましたが、持ちやすさ、飲み口が薄いことによる飲みやすさ、そして見た目の良さによって、インドアでも使いたくなる優れた商品でした。4色のアソートでテーブルが華やぐ点も気に入っています。

【第1位】アメニティドームM

265cm×265cmの居室サイズを確保した、スノーピークのベストセラーテント『アメニティドームM』。1,800mmミニマムの高い耐水性などの高いスペックを備えつつも、リーズナブルな価格で展開され、ソロキャンプからファミリーキャンプまで幅広く使えると、高い人気を誇っています。

スノーピークのドームテントは背を低く抑え、高い耐久性を生む設計に作られているのが特徴。さらにシルエットの丸みを持つ部分を多くすることで風がテントの上を通り、風によるダメージを軽減しているんです。

これだけの機能がありながら、設営が簡単なのもうれしいところ。

また、こちらには出入りがしやすい大きなサイドドアパネル付き。出入りが窮屈にならないので、快適さもグッと増しますね。

アメニティドームM
43,780円(税込)
https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

【レビュー】
4人サイズの大きいテント、初めて立てましたが、ガイドが分かりやすく、スムーズに立てられました。3人で使用しました。前室は荷物置き場にちょうど良いサイズでした。就寝も広々として、窮屈感なくゆっくり休めました。これからも良い商品を期待しています。ありがとうございました。

※2021年7月5日時点における「アウトドア用品のランキング」をもとに紹介
https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

※2021年7月5日時点の情報から、完売品をのぞいた商品を掲載しています。記事公開後に完売する商品もございますことをご了承くださいませ。
※商品名、価格、仕様、発売時期、品揃え等は変更される可能性があります。

関連記事
>>>スノーピーク「Snow Peak TAKIBI LOUNGE」体験レポート!日帰りグランピング的焚火遊びが最高に楽しいワケ

関連するタグ

ひつじ
ヒツジ/ライター

韓国ドラマにハマったことがきっかけで、韓国文化全般に興味津々。推しドラマは「太陽の末裔」、「星からきたあなた」。絶賛おすすめ募集中です。あと、ほどよく辛くておいしいものが好きです。

著者のプロフィールを詳しく見る

RANKINGランキング

  1. JUL 30TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    ワークマン「アーバンハイク」撥水力検証!街で履けるアウトドア靴の実力は?ジャスパーとの比較も

  2. MAR 24TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    ワークマン2021年人気アイテム「マリンシューズ」徹底検証【購入レビュー】

  3. AUG 1ST, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    【売り切れ必至】ワークマン初の「超こだわりリュック」が8月上旬登場!本格アウトドア&旅モデルも

  4. MAR 8TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    ワークマン「真空ハイブリッドコンテナ」保冷力リアル検証【キャンプ好き編集者がレビュー】

  5. JUL 30TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    スノーピーク×JINSのコラボモデル登場!全4シリーズは偏光レンズ&サコッシュも付属

  6. AUG 2ND, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    ワークマンのアウトドアシューズ第3弾「フロストハイク」が8月発売決定!

  7. MAR 12TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【ワークマン人気キャンプ用品10選】おすすめギアをエディターが厳選&徹底レビュー|6月29日更新

  8. APR 1ST, 2021BY ひつじ

    ファッション > 小物

    ワークマン「2021年おすすめサンダル3選」編集部がサイズ&使用感も徹底検証

  9. JUN 19TH, 2021BY ひつじ

    ライフスタイル > 暮らし/生き方

    「コロナワクチン接種」で受けられる特典&お得な割引25選!ホテルやグルメも|7月30日更新

  10. JUL 31ST, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    ワークマン「空調ウエア」を徹底検証!ファンが隠れるアーバンアウトドアシリーズの実力とは?

関連するカテゴリー