POSTED BY ノーヴィス編集部掲載日 OCT 17TH, 2021

【スノーピークおすすめ寝袋4選】人気の「オフトン」や「バク」を徹底解説

スノーピークの寝袋(シュラフ)といえば、布団のような快適さを実現した「オフトン」シリーズが有名ですよね。寝袋の常識を180度変えたスノーピークでは、他にもさまざまな種類の寝袋が展開されています。そこで今回は、数あるシェラフのなかでも特におすすめしたい商品4点をピックアップ。エントリーシェラフとして人気の「SSシングル」や布団のような心地良さが味わえる「セパレートシュラフ」などの注目商品を、機能やデザインも交えて紹介します!

目次

関連記事
【スノーピーク焚火台】S・M・L・LLはどう違う?サイズ4種類を徹底比較

【SSシングル】キャンプデビューするならまずこれ!

  • 価格:5,478円(税込)
  • サイズ:78×196cm
  • 重量:1.8kg
  • 収納サイズ:49×38×20cm
  • 快適温度:13℃
  • 下限温度:5℃
  • 材質:表地/68Dポリエステル、裏地/68Dポリエステル、中綿/ポリエステル

サイズ:78×196cmのちょうど良い大きさで、キャンプデビューしたい人にぴったりなエントリータイプ。快適温度は13℃、下限温度は5℃と、主に春から夏(4〜9月頃)のキャンプに適しています。

大人でもゆったりできる幅に設計され、テント内での居住を一層快適に。ソロからファミリーキャンプまで、あらゆるシーンに対応してくれますよ。

ファスナーを開いて使えば2人サイズの掛け布団に、2つ繋げればさらに大きな寝袋に変身します。用途に応じて使い分けてみてくださいね。

内側には、スマホなど小物の収納に便利なポケット付き。

専用の収納ケースに入れればコンパクトにまとまり、そのままクッションとして使うことも可能。キャンプの行き帰りの車内でも十分活躍してくれそうですよね。

SSシングル
5,478円(税込)
https://ec.snowpeak.co.jp

【レビュー】
価格から想像する以上に温かさを感じました!ふわふわな触り心地も気持ちがいい!キャンプだけでなく、家のソファ回りに置いたり、冬の追加布団としても使っています。色がシックなのも◎

【セパレートシュラフ オフトンワイド LX】布団のように寝られる定番シェラフ

  • 価格:23,430円(税込)
  • サイズ:掛け布団/110×200cm、敷き布団/105×210cm
  • 重量:3.6kg
  • 収納サイズ:φ34×56cm
  • 快適温度:8℃
  • 下限温度:3℃
  • 材質:表地・収納ケース/40Dナイロンリップストップ、裏地/TCコットン、中綿/アモノフォロファイバー

「日本の布団のような寝袋」をコンセプトに、1996年に誕生した「オフトン」シリーズ。「掛け・敷き」にセパレートするというそれまでの寝袋の常識を覆した、スノーピークのロングセラー商品です。

掛け布団と敷き布団に分かれていることにより、季節や気温に合わせた使い分けが可能。暖かく眠りたい時は両サイドのファスナーを完全に閉めて封筒状の寝袋として、涼しく眠りたい時は完全に分離させてお布団のように。オールシーズンのキャンプに対応してくれそうですよね。

このように、足元だけを開放することも!

収納サイズφ34×56cmで持ち運びもコンパクトに。ウォッシャブル仕様&抗菌・消臭加工でイージーケアが叶うのも推しポイントですよ。

セパレートシュラフ オフトンワイド LX
23,430円(税込)
https://ec.snowpeak.co.jp

【レビュー】
肌触りも良く、とても寝心地が良かったです。
掛け布団と敷布団に分けることもでき、とても便利でした。

【グランドオフトン シングル】マットに直接寝るタイプの「オフトン」シリーズ

  • 価格:58,080円(税込)
  • サイズ:掛け布団/110×180cm、マット/77×198cm
  • 重量:掛け布団/2.6kg、マット/2kg(収納ケース含む)
  • 収納サイズ:掛け布団/φ31×50cm、マット/φ21×88cm
  • 快適温度:-8℃
  • 下限温度:-15℃
  • 材質:掛け布団 表地・収納ケース/高密度ナイロンタフタ、掛け布団 裏地/ネル生地、掛け布団 中綿/ウォッシャブルダウン1,000g(ダックダウン80%・フェザー20%)、マット 表地/75Dポリエステル、マット 裏地/75Dポリエステルノンスリップ加工、マット インナー/TPUフォーム、マット バルブ/ABS樹脂

スノーピークの名作ともいえる「オフトン」シリーズの『グランドオフトン シングル』。マットを敷くことで敷き布団の羽毛をかけ布団に採用し、キャンプシーンでも布団のような感覚で寝られるよう設計された、「キャンプ=寝袋」という既成概念を覆した逸品です。

両サイドや上部はアジャスターで折り返しができる仕様に。

暑い時には隙間を作って外気を入れたり、反対に寒い時は隙間を塞いで冷気をブロックしたりなど、季節やシーンに合わせて使い分けられるようになっています。

快適温度は-8℃、下限温度は-15℃と、オールシーズンで活躍してくれるのもうれしいところですよね。

マットに付属する収納ケースは、そのままポンプとしても使用可能。マットやかけ布団はウォッシャブル仕様で抗菌・消臭加工も施されており、清潔な状態を長くキープしてくれますよ。

グランドオフトン シングル1000
58,080円(税込)
https://ec.snowpeak.co.jp

【レビュー】
冬キャンプ用に購入。高地でのキャンプが多く-1~-10℃程度の環境がで使用しておりますが、寒くて起きるということが一度もありませんでした。
マット自体の質感が少々ひんやりするので、ド○キで買った500円の敷き毛布と併用しておりますが、はっきり言って家の布団より快適です。

【バク 350】優れた防水透湿機能で安眠へと誘う

  • 価格:38,280円(税込)
  • サイズ:約210×85cm
  • 重量:830g(本体のみ)
  • 収納サイズ:φ160×250mm
  • 快適温度:5℃
  • 下限温度:1℃
  • 材質:表生地・収納ケース/20Dナイロンリップストップ防水透湿PU、20Dナイロンリップストップ、裏生地/20Dナイロンタフタ、中綿/ダックダウン350g(ダウン90%・フェザー10%/800FP)

サイズ約210×85cmで成人男性でもすっぽり包み込まれる高機能シェラフ。防水透湿ハイブリッド素材が結露からダウンを守り、シュラフカバーなしでも快適に過ごせる仕様に。コンパクトかつハイテクなシェラフを求めている人におすすめです。

ジッパーは上部に設けられているので、横になったままの開閉が可能。底や側部には防水透湿素材が採用され、テントやツェルトに発生した結露からダウンを守ります。

快適温度5℃、下限温度1℃と、寒さが増す秋冬でもしっかり防寒。首元までしっかり包み込んでくれるデザインがうれしいですよね。

胸元には小さなポケットが配備。ヘッドランプを入れておけば、低温下での電池のパワーダウン軽減にも役立ちそう!

バク 350
38,280円(税込)
https://ec.snowpeak.co.jp

【レビュー】
冬用の寝袋は持っていたが、そのほかのシーズン用に購入。
収納も楽で、温かさのわりにサイズがコンパクトで良い。

【おまけ】睡眠を一層快適にしてくれるアイテムも!

ストレッチピロー/4,048円(税込)
  • 価格:4,048円(税込)
  • サイズ:41×30×18(h)cm
  • 重量:220g(収納ケースを含む)
  • 収納サイズ:φ9×28cm(収納ケース)
  • 材質:表地/50Dポリエステルストレッチファブリック、裏地/75Dポリエステルノンスリップ加工、インナー/TPUフォーム、バルブ/ABS樹脂

ポケッタブル仕様で楽に携帯できる『ストレッチピロー』。空気量を調節することで、頭の形にぴったりフィットするようアレンジできます。キャンプにはもちろん、長距離のドライブや飛行機、電車などでも重宝しそうですよね。

ストレッチピロー
4,048円(税込)
https://ec.snowpeak.co.jp

【レビュー】
お昼寝にもちょうど良いです。笑
子どもも気に入ってるみたいで、取り合いです。

マット&ピロー/3,718円(税込)
  • 価格:3,718円(税込)
  • サイズ:38×40×3.8cm
  • 重量:140g
  • 収納サイズ:φ9×19cm
  • 材質:表地/75Dポリエステル、裏/75Dポリエステルノンスリップ加工、インナー/TPUフォーム、バルブ/ABS樹脂

チェアやテント内でクッションとしても、折り畳んで枕としても使える『マット&ピロー』。キャンプシーンを快適にサポートしてくれるアイテムの1つです。スポーツ観戦などのイベントでも使えそう!

マット&ピロー
3,718円(税込)
https://ec.snowpeak.co.jp

【レビュー】
広げて椅子に敷いたりデコボコした地面に敷けばしっかりお尻を守ってくれます^_^また普段車通勤なので半分に折って腰に当てれば楽チン!お昼寝はそのまま枕になるので重宝しています。

ということで、今回はスノーピークでおすすめの「シェラフ」を紹介しました。キャンプデビューを検討している人や、新たにシェラフを買い換えようとしている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※2021年10月15日時点における情報をもとに紹介
https://ec.snowpeak.co.jp

※記事公開後に完売する商品もございますことをご了承くださいませ。
※商品名、価格、仕様、発売時期、品揃え等は変更される可能性があります。

関連記事
【スノーピーク焚火台】S・M・L・LLはどう違う?サイズ4種類を徹底比較
スノーピーク「焚火台」のおすすめオプション5選!話題のフローガLも
スノーピークのおすすめ「焚火ウエア」5選【2021年最新アパレルから厳選】

関連するタグ

ノーヴィス編集部
編集者/ライター

noviceは「ニューノーマルと⾃由」をテーマにした情報メディア。何も知らない初⼼者の気持ちを忘れずに、この時代を「体験」しながら、モノやコトの新しい「選び⽅」や「使い⽅」を発信していきます。

著者のプロフィールを詳しく見る

RANKINGランキング

  1. MAY 1ST, 2022BY ノーヴィス編集部

    グルメ > おでかけグルメ

    【2022年5月最新】ガストの新作メニュー&キャンペーンまとめ

  2. MAY 5TH, 2022BY 北 秀昭

    ライフスタイル

    【2022年最新の電動バイクおすすめ8選】原付二種&自転車モード&GPS付きモデルも!

  3. APR 28TH, 2022BY ターキー

    ファッション > ウエア

    【2022年版】ワークマンおすすめレインシューズ6選<着用レビュー付き>

  4. APR 7TH, 2022BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【最新モデル】ワークマン「真空保冷ペットボトルホルダー」を検証レビュー

  5. MAR 17TH, 2022BY Re ◡̈

    エンターテインメント

    【総勢31組】2022年注目の「第4世代」男性K-POPアイドル特集

  6. DEC 15TH, 2021BY ひつじ

    エンターテインメント

    【ASMRおすすめYouTuber】登録者数が多いランキングTOP5!

  7. MAR 24TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    ワークマンの人気アイテム「マリンシューズ」徹底検証【購入レビュー】

  8. MAR 26TH, 2022BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【2022年版】ワークマン人気キャンプ用品25選!おすすめギアを徹底レビュー

  9. MAY 23RD, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション > ウエア

    ワークマン「水陸両用撥水パッカブルショートパンツ」徹底検証&ライバル比較

  10. APR 22ND, 2022BY Re ◡̈

    エンターテインメント

    【2022年4月〜8月に来日予定のK-POPアイドル】最新LIVE・ファンミ情報をチェック

関連するカテゴリー