POSTED BY ノーヴィス編集部掲載日 JUL 8TH, 2021

ダイソーのキャンプ用品おすすめ5選!ランタンやストーブも実践レビュー付き

ダイソーでは本格的なキャンプ用品が多くそろえられていることで人気を集めていますよね。メスティンやミニ鉄板などの調理器具をはじめ、コンパクトストーブ(ミニストーブ)やランタンなどの、キャンプ場で欠かせないグッズまでカバーしています。しかも、いずれもアウトドアメーカーの品に引けを取らない性能ながら、100均ならではのロープライス。ということで、今回はキャンプ好きの筆者が実際に使用して納得したアイテムを5品厳選して紹介します。

目次

ダイソーはキャンプ用品の宝庫!

店舗によっても少し異なる場合もありますが、多くのダイソーでは、種類豊富なキャンプ用品を陳列するコーナーが設けられていますよね。家庭でも活用できそうな調理用具をはじめ、焚火回りのアイテムや炊飯にも便利なメスティンが話題になったのも記憶に新しいところ。

ダイソーのメスティンとアルコールバーナー五徳

いずれも100均ならではのお得な価格設定ながらも、満足できる機能を備えていることもあって、キャンプ好きのギア選びには定番になっているのではないでしょうか。ダイソーの店舗でいろいろ探すのも楽しいですよね!

炎の揺らぎも楽しめる「調光ランタン BIG[炎・白切替タイプ]」

アウトドアの夜に欠かせない「ランタン」もなんと550円(税込)の超破格で手に入れられます。こちらは、LEDを使用したタイプですが、さまざまなスタイルのテントサイトにマッチしそうなクラシックなデザインが特徴の「調光ランタン BIG[炎・白切替タイプ]」。

重量283g(電池込)、高さ約18cm(※どちらも筆者による実測値)と、扱いやすいサイズ感なのもうれしいところではないでしょうか。

なんと言っても2種類の灯りが楽しめるのが最大の特徴です。通常の白色に加えて、炎の揺らぎのような雰囲気満点な灯りも楽しめちゃうのです。切り替えもツマミの操作だけと簡単なのもうれしいところ!

  • 白点灯350mA(MAX時)
  • 炎点灯20mA(MAX時)

と、シーンに応じて使い分けることができますよ。

パワフル点灯でオールマイティに使える「36COB ランタン BIG[白色]」

こちらも550円(税込)と、他ではなかなかないリーズナブルな価格のランタンです。とはいえ、クラシックなデザインと使い勝手の良さはなかなかなもの。グローブがガラスではくタフに扱えるのもうれしいところですよね。

重量296g(電池込)、高さ約18cm(※どちらも筆者による実測値)とコンパクトなので、キャンプの道具入れに仲間入りさせても邪魔になりにくいのもポイントです。

「調光ランタン BIG[炎・白切替タイプ]」(写真奥)とほぼ同じデザインですが、こちらは12個のLEDが直線に配置された3面のCOBが確認できます。中央のツマミを回すことで灯りの強さを簡単に調整でき、シェード裏にもリフレクターが備えられているので、手元を照らすのにも十分なパフォーマンスを発揮してくれましたよ。

  • 250ルーメン・350mA(MAX時)

ソロキャンプの調理にもぴったり「ポケットストーブ(ミニストーブ)」

特にソロキャンパーはULハイカーに大定番の「ポケットストーブ(ミニストーブ)」も、ダイソーの手にかかれば330円(税込)と手に取りやすい価格に! もちろん、人気の「エスビット社製」と遜色のないパフォーマンスなので、店頭で見つけしだい即購入しおきたい逸品です。

もちろん、メスティンやシェラカップなどと、使用する調理器具のサイズ・形状に合わせて、90度と45度の2種類の角度で固定できる機能も装備。写真のように固形燃料を乗せるだけであっという間に簡易コンロとして活躍してくれます。

折り畳むと写真のようにコンパクトになるので、荷物を増やしたくないキャンパーにもぴったり。サイズ・重量は下の通り。

  • 幅:100mm
  • 厚み:20mm
  • 奥行:77mm
  • 重量:103g(筆者実測値)

底面に6つの通気口が設けられているので、炎の立ち方も文句なしですよ。

キャンプ飯の調理や手洗いに活躍する「ウォータージャグ」

キャンプに欠かせないアイテムの一つが「ウォータージャグ」ですよね。筆者がダイソーの店舗で見つけたのが、左の「プラスチックコンテナ」(330円 税込)と、右の「折りたたみポリタンク」(440円 税込)です。どちらもハンドルが設けられているので、キャンプ場での持ち運びも楽々でした。筆者としては、ハンドル断面に丸みを帯びている折りたたみポリタンクの方が使いやすい感触でした。

気になる容量やサイズはそれぞれ下の通り(いずれも筆者による実測値)。

【プラスチックコンテナ】

  • 容量:3.8L
  • 直径:約150mm
  • 高さ:約270mm
  • 重量:214g

【折りたたみポリタンク】

  • 容量:3.5L
  • 直径:約170mm
  • 高さ:約100mm(折りたたみ時)/約220mm(使用時)
  • 重量:241g

いずれも、コックを起して水を排出するタイプ。プラスチックコンテナ(奥)はやや前方に排出されるので、コップなどを構える場所を予測するのが難しいかもしれません。また排出を続けた際、水の残量が少なくなるまで使い続けられたのは、折りたたみポリタンクの方でした。

ギア感あふれるデザイン&使い勝手が魅力「伸縮ランタン」

こちらは、コンパクトなサイズでテーブル上での使用にもおすすめのLEDランタンです。「6SMD 伸縮ランタン[白色]」(330円 税込)と「5SMD 伸縮ランタン[白色]」(220円 税込)の2種を試してみましたが、まずはその低価格ぶりに驚きです。

気になるサイズ・光量は下の通り(いずれも筆者による実測値)。

【6SMD 伸縮ランタン[白色]】

  • 高さ:約18cm(約12cm折り畳み時)
  • 直径:約8.5cm
  • 重量:295g(電池込)
  • 光量:100ルーメン 920mA

【5SMD 伸縮ランタン[白色]】

  • 高さ:約14cm(約9.5cm折り畳み時)
  • 直径:約6.8cm
  • 重量:148g(電池込)
  • 光量:70ルーメン 560mA

使用しない時はシャコっと上から押させると、スライドして写真のようにコンパクトに収納することができます。筆者はバックパックに入れていましたが、缶コーヒーほどのサイズなので、まったく邪魔に感じませんでした。また、シェード側・ボトム側どちらにも内側にリフレクターが備えられているので、想像以上に広い範囲を照らしてくれました。

ダイソーのキャンプ用品は低価格なのに実力派ぞろい

今回は、ダイソーのキャンプ用品のおすすめアイテムを紹介しました。いずれも筆者がキャンプ場で実際に使用したレビューをもとにしているので、「これからキャンプ用品をそろえたい」と考えている人も参考にしてみてくださいね!

関連記事
>>>【ワークマン人気キャンプ用品10選】おすすめギアをエディターが厳選&徹底レビュー

関連するタグ

ノーヴィス編集部
編集者/ライター

noviceは「ニューノーマルと⾃由」をテーマにした情報メディア。何も知らない初⼼者の気持ちを忘れずに、この時代を「体験」しながら、モノやコトの新しい「選び⽅」や「使い⽅」を発信していきます。

著者のプロフィールを詳しく見る

RANKINGランキング

  1. JUL 30TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    ワークマン「アーバンハイク」撥水力検証!街で履けるアウトドア靴の実力は?ジャスパーとの比較も

  2. MAR 24TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    ワークマン2021年人気アイテム「マリンシューズ」徹底検証【購入レビュー】

  3. AUG 1ST, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    【売り切れ必至】ワークマン初の「超こだわりリュック」が8月上旬登場!本格アウトドア&旅モデルも

  4. MAR 8TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    ワークマン「真空ハイブリッドコンテナ」保冷力リアル検証【キャンプ好き編集者がレビュー】

  5. JUL 30TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    スノーピーク×JINSのコラボモデル登場!全4シリーズは偏光レンズ&サコッシュも付属

  6. AUG 2ND, 2021BY ノーヴィス編集部

    ファッション

    ワークマンのアウトドアシューズ第3弾「フロストハイク」が8月発売決定!

  7. MAR 12TH, 2021BY ノーヴィス編集部

    ライフスタイル

    【ワークマン人気キャンプ用品10選】おすすめギアをエディターが厳選&徹底レビュー|6月29日更新

  8. APR 1ST, 2021BY ひつじ

    ファッション > 小物

    ワークマン「2021年おすすめサンダル3選」編集部がサイズ&使用感も徹底検証

  9. JUN 19TH, 2021BY ひつじ

    ライフスタイル > 暮らし/生き方

    「コロナワクチン接種」で受けられる特典&お得な割引25選!ホテルやグルメも|7月30日更新

  10. JUL 31ST, 2021BY ひつじ

    ファッション > ウエア

    ワークマン「空調ウエア」を徹底検証!ファンが隠れるアーバンアウトドアシリーズの実力とは?

関連するカテゴリー